【男目線のデブ女判定基準】自分のことをグラマーと表現する女はデブ

Pretty fat female takes travel selfie at the park

勘違いグラマー女はイタい!自分の体型に甘すぎる女性たち

グラマーな女性というのは胸が大きく、ウエストがくびれヒップがきゅっと上がった女性のことです。足はすらっと長く、二の腕もほっそりしています。

胸が大きくて、お尻が大きいからグラマーというのは間違った認識です。出るところは出ているけれど、引っ込むべきとことは引っ込んでいる。それでなければグラマーとは言えないのです。

ガリガリで胸にだけ脂肪がつくというのは不自然ですから胸に脂肪がしっかりついている人は、腹部にも少しはお肉がつきます。二の腕もガリガリの人に比べれば太くなるでしょう。しかし全体に肉がついている人をグラマーとは言わないのです。

グラマーな女性の体重は標準以下に収まっていますし、ウエストも64㎝表記のスカートは余裕で入るはずでしょう。

あなたはマリリン・モンローですか?

あなたはマリリン・モンローのような体型ですか?
彼女くらいのスタイルの良さですか?

自分ではグラマーな体型のつもりでも男性から見ると単なるデブ。これは本当によくあることです。グラマーという言葉はデブをごまかせる言葉ではありません。

「自分はちょっと太めだけど、グラマーだから大丈夫」そんなことはありえないのです。太めでグラマーというのは成立しません。

もしも、BMI22以上あるにも関わらずグラマーを自称しているなら、かなり図々しい話です。マリリン・モンローレベルのスタイルとクビレを手に入れて初めて私はグラマーだと言うことができるでしょう。

ネットなどでグラマーを自称しており、実際に合ってみたらデブだった、なんて男性もがっかりですからね。

自分でややぽちゃと思っている女は男から見ると100%デブ

あなたは自分の体型をどのくらいのものだと思っていますか?

去年流行った臍出しファッションが出来るレベル?
ミニスカートを自信満々で出来るレベル?

それとも、ややぽっちゃりしているレベルですか?

足が太いからパンツスタイルは避けて、フレアスカートでごまかしていますか?
足が太いからミニスカートは着れませんか?
二の腕が太いからキャミソール姿は見せられませんか?

自分で、自分をややぽっちゃりしているなと思っている女性は100%男性から見るとデブであることを自覚しましょう。

普段、大きな全身鏡で姿を見る機会というのは、あまりありません。家にある鏡といえば、全身が映るものでも細長いものが多いです。そんな全身鏡では自分のスタイルを把握するのは難しいです。自分でぽちゃってるかな、と思ったら男性から見るとデブなのです。

男から見たデブの基準を具体的に言うと…

洋服のサイズで言えば、9号以上ならデブですね。男性の言う、痩せている女性というのは5号7号を着られる女性です。9号なら普通だと思うでしょう。11号を着ているなら、かなりマズイです。男性から見てデブに映っています。

勿論身長がとても高い女性の場合には、11号でも問題ないかもしれませんが平均身長の方は9号以上になったらダイエットを考えたほうが良いでしょう。

テレビではぽっちゃりしている印象のアナウンサーやアイドルも彼女たちですら9号サイズです。11号サイズの人がテレビに出ていれば、かなりの巨体に見えています。

自分ではややぽっちゃりしているくらいかなと思っていても現実の男性の目は厳しいです。太っている女性でも恋愛対象にするという男性はいますが、太っている女性じゃなきゃダメ!!という男性は少ないです。結局、男性は妥協しているのです。

【男目線のデブ女判定基準】Lサイズ以上は全員デブ

男性から見て、Lサイズを着ているという女性は残念ながらデブだと思われてしまうでしょう。勿論よほど背が高くMサイズだと丈が合わないと言う場合は別ですが、標準的な身長にも関わらずMサイズが入らないというのは問題です。

現在Lサイズを着ているという場合には、Mサイズを着こなせるだけの体型を手に入れなくては男性からデブだと思われるのは避けられないでしょう。

太っている女性が男性の恋愛対象になれないわけではありません。中にはふくよかな女性が好きという男性もいるからです。

しかし、あなた自身はどうでしょうか?
ふくよかな女性もでも良いと思ってくれる男性と妥協しての交際を望みますか?
それとも素敵な人から、「君がいい」と思われて交際したいですか?

「君がいい」と思われたいのであれば、そう思わせるだけの自分にならなくてはいけませんね。

Mサイズだってスリムなわけではない

Mサイズが入るからと言ってスリムなわけではありません。Mサイズは標準サイズですから、これがちょうどいいというのであれば「普通」体型なだけなのです。

「普通」な体型を見て、男性が思うことは「普通だな」という感想です。マイナスにはならないけれど、プラスの印象もないでしょう。

男性から見て華奢だな、細いな、スタイルがいいなと思われたいなら、更にシェイプアップして体に凹凸を付けていく必要があります。

体型を維持するためには努力が必要です。短期的な努力ではなく、努力を習慣化し、日常に取り入れることができれば努力は努力でなくなります。体型を維持するのも難しいことではなくなるのです。

そして若いうちに体型を維持するための習慣を作り上げておくと、年をとっても若々しさを維持するのにも役立ちますから早い段階でしっかりと習慣化作りをしておきたいものですね。

【男目線のデブ女判定基準】流行の服が着られない女はデブ

洋服を選ぶ時に大事なのは、自分を綺麗に見せてくれることです。あなたを綺麗に見せるためにあるのが洋服ですから、おしゃれな洋服を着ることよりも、おしゃれに見える洋服を着るのがベストです。綺麗な色の洋服を着るのが仕事というのはモデルさんで一般人は自分を綺麗に見せる洋服を着るのが良いのです。

二の腕が気になる人は、二の腕がほっそり見えるデザインの服を。
ヒップ周りが気になる人は、Aラインのスカートを。
足の短さが気になる人は、ハイウエストのワンピースを。

こうやって洋服を選ぶのが大事です。

しかし体型が理由で流行りのデザインが全く着られないというのは問題です。人間には似合うデザイン、似合わないデザインがありますから、流行だからと言って着なければいけないというものではありません。しかし体型が理由で着れないという状態は良くありませんね。体型を引き締めていかなくてはいけないでしょう。

流行をすべて取り入れる必要はない

頭の上からつま先まですべて流行を抑える必要はありません。流行のファッションだからあなたに似合って綺麗に見せてくれるわけではないからです。しかし、ある程度は流行を取り入れなければ、ただ洋服で体を覆っているだけになってしまいます。おしゃれな印象を与えたいなら、ほどよく流行を取り入れる必要があります。

例えば夏に必ず流行る肌見せファッション。お腹がチラリと見えるのが可愛い洋服が多いですよね。今年の春夏も変わらず露出が流行すると考えられます。

お腹を丸出しにする必要はありませんが、ちょっと丈の短いアイテムをファッションに取り入れるなら引き締まった腹部というのは最も必要なものになります。

痩せているということは、何よりもオシャレに見せる秘訣ですから、トレンドのアイテムを必死に取り入れるよりも10㎏落としたほうがよほどセンス良く見えるのです。

【男目線のデブ女判定基準】ニッセン通販で服買ってる女はデブ

太ってる女子に人気の通販サイトがニッセンです。スマイルランドという大きいサイズの商品を多く扱っており、ぽっちゃりとした女性が等身大モデルとして着用画像が見れるので、自分が実際に着用したときの雰囲気が把握しやすいと評判です。

しかし、男性から見ると……残念ながら「ぽっちゃり」というのは無理がありますね。確かにモデルさんは愛らしい表情なのですが、これを「ぽっちゃり」と呼ぶのは、どうやっても無理があるでしょう。男性からすると単なるデブにしか見えません。

勿論、世の中には「デブ専」というマニアックな趣味を持つ男性もいますが、やはりそれはかなりの少数派。大半の男性は華奢で守ってあげたくなるような女性を好みます。少なくとも自分が前に立って盾になったとき、自分よりも横幅が太くてはみ出してしまうようなお姫様を守ろうと思う騎士はいないということです。

可愛い洋服を買うよりも…

おしゃれがしないなら、可愛い洋服を買うよりも10㎏痩せましょう。今の体重が70㎏あるなら、10㎏痩せれば60㎏です。これなら決して痩せているという体型ではないものの【そこそこ普通】に収まる体型になれます。そうすれば今よりずっとオシャレな印象を手に入れられます。

可愛い服は大事です。
服装のセンスは大事です。
でもスタイルはもっと大事なんです。

例えば大人気の女優である新垣結衣さんや石原さとみさん。彼女たちだって70㎏まで太ってしまえば見る影もなくなります。どんなにオシャレをしたってムダです。

男性からしたら「おしゃれに気を使って通販サイトを漁る」よりも少しでも体重を落とそうとエクササイズしているほうが好印象でしょう。洋服にお金を使うのは少し待ちましょう。頑張って理想の体型を手に入れた時、本当にあなたに似合う服を選んでみてください。

ぽちゃ体型に悩むあなたのための記事