【食欲を抑える方法】太りたくないのに食べてしまう。助けて!

syokuyoku

そもそも食欲とは何か?

食欲があるから食べてしまう、だから太ってしまうのは食欲のせいだ!という考え方は間違っていません。では食欲とはそもそも何なのでしょうか?お腹が空いたから食べたいという言葉がありますが、実際には脳が食欲を促すような命令を出しているから空腹を感じて食欲が出るのです。

健康な人であれば食欲は当然のように起こります、人間の3大欲求の一つが食欲なのは生きていく上で食べることは絶対に必要だからです。食べなければ栄養素が不足してしまい、命が途絶えてしまいます。だから1日3食をしっかりと食べるようにという命令が脳から出るのです。もしこれが本当の意味でお腹が空いたから自発的に食べる、という意味の食欲であれば餓死する人が出てくるでしょう。

食欲が増進するのは何故か?

こんな経験はありませんか、いつも以上に食欲が出てしまい食べ過ぎた。どうして今日はこんなにお腹が空いていたんだろ?いつも同じなのに…この時、実は脳の中はいつもと違う状態に陥っています、それはストレス。過剰なストレスがかかった場合に、脳はそれを解消させるために食欲という欲求を過剰に出すことで達成しようとします。

なので急にストレスを受けた場合に食欲が増進することがあるのです。この食欲ですが、ダイエットをしている人にとっては最も厄介な欲求です。食欲さえなければダイエットなど簡単にできるのに!と誰でも思うものですが、ダイエットを健康的に成功させるためには、上手く食欲をコントロールする必要があります、それこそが脳を騙すことに他なりません。

食欲を抑える方法

食欲は脳が食事を摂りなさいという命令を出すことで起こる欲求で、人間の3大欲求の1つになっています。この欲求を止めることは簡単ではありません、何せ生きていくために必要な欲求として脳が命令しているわけですから相当なものです。

しかしやり方次第では脳を騙すことで食欲を抑えることが出来ます。一番簡単なのは欲求を満たしてしまうことです。○○が食べたい!という欲求はあると思いますが、そうではなく空腹を感じているなら満腹中枢を刺激すればいいのです。つまり太らない食材を食べることで脳は満腹になったと認識し、食欲はそれ以上増進することはありません。太らない食材を使った料理を食べることで、食欲を満たせば解決します。

適度なところで好きなものを適量食べると効果的

そうはいっても毎日毎日サラダばっかり食べてお腹を満たすわけにはいきません。同じものを食べ続けることは栄養バランスという観点からみれば良くないですし、何より食事が楽しいものでなければ逆にストレスになってしまいます。それでは逆効果になってしまいますから、無理しないことが大事です。

食欲を満たしてやることで抑えているというのは無理やりな感じがしますから、他のやり方についても見てみましょう。まず、無理しないということは我慢してはいけませんから、適度なところで好きなものを食べるようにします、腹八分目以下がイイでしょう。あとはカロリーの少ない水分などを摂取することで満腹中枢は満たされます。全く食べない、食べ過ぎるという両極端なことはやってはいけません。