【30歳処女の出会いの場はココ】とにかく彼氏をつくらなきゃ!

dokodedetatta

【30歳処女です】誰かに悩みを相談したいがいったい誰に?

30歳、独身で処女。これって恥ずかしいことでしょうか?いえ、決して恥ずかしいことではありません。例えば高校、短大と女性ばかりの社会で暮らし就職先での出会いもない。こうしたケースでは自分が焦りを感じて出会いを求めなければ男性経験がないのも不思議ではありませんよね。

  • 貞操観念が強い人
  • 男性が少し怖いと思ってしまう人
  • 今まで仕事に夢中で恋愛に興味が全くなかった人
  • 趣味に没頭しすぎていた人
  • 恥ずかしがり屋で人見知りで男性と打ち解けられない人
  • 親が厳しくて恋愛に奥手だった人

率先して何が何でも処女を守るぞ!と来たわけでもないのになんとなく、ずるずると来てしまった、という人が多いのではないでしょうか?

女性の場合、男性と違って性欲がそれほど強い生き物ではありません。特に早くに性体験があった人とはちがい、性体験がない暮らしを長年当たり前として暮らしていると、その状態になれてしまい性欲もそれほど感じなくなってしまうのです。

そろそろ男性との交際を...と考えているなら、まずは友人に相談してみてはいかがでしょうか?旦那さんの同僚、彼氏の友人などを紹介してもらえるように大人数でバーベキューやお花見などで集まる機会を作ってもらってはいかがでしょうか?合コンや飲み会っていうと緊張してしまうかもしれませんがわいわい楽しみながら知り合いを増やしていければ素敵な男性と巡り合えるかもしれませんよ。30歳を過ぎて処女であることは、恋愛でプラスにはなるかもしれませんがマイナスに働くことはないでしょう。

 

一般的に、アラサー処女の方は男性との出会いが圧倒的に少なすぎます。積極的に男友達を作ることに注力すれば、そのうちイイ人が現われますヨ。例え容姿に自信がなくても恋愛から逃げないことです。容姿に自身がない男性だってたくさんいるのです。同じような境遇のパートナーに出会えればお互いの気持ちが通じ合うのではないでしょうか?

 

確実に言えることは、1日早く行動すれば、1日早くロストバージンできるということです。

とにかく彼氏をつくらなきゃ!「友達からの紹介」のメリット、デメリット

「友達からの紹介」のメリット

1-syoukai信頼のできる友人から紹介されたのであれば、あまり条件の悪い男性を紹介されることはないでしょう。30歳の女性に紹介するのですから仕事がある程度安定していて、性格的にも大きな問題がない人を紹介するはずです。少なくともギャンブル好き、女癖が悪いという人は紹介相手の対象にもなりません。将来的に家族ぐるみの付き合いにもなる可能性もあるわけですからあまりおかしな人は紹介されないと思います。特に親しい友人から紹介されたのなら、なおのことスペックの高さは期待できます。

あらかじめ男性経験がないことも友人を通して知らせてもらえるので真剣な交際相手を探していることや未経験なことを伝えてもらい誠実で堅実な関係を気付いていけるでしょう。

とにかく彼氏をつくらなきゃ!「友達からの紹介」のデメリット

友達から紹介されたときのデメリットは、人間関係のしがらみがあるという点です。相手のことがどうしても気に入らないという場合でも、せっかく紹介してくれたのに...と思うと断りにくいですね。また、もし「ためしに付き合ってみよう」となったときにもやっぱり合わなかった!と別れてしまうと、友達と気不味くなることがあります。友達の友達(知り合い)を否定することになるので、断りにくいです。

友達の彼氏の親友、だったりする場合には友達ぐるみでグループ交際のような形になりやすくなるので交際成立後にも何かと大人数で出かけることも多くなるかもしれません。また交際後にもああしたほうがいい、こうしたほうがいいと言われたりどこまで関係が進んだのか干渉されるかもしれないデメリットがあります。

とにかく彼氏をつくらなきゃ!「趣味友や習い事から彼氏へ発展」のメリット、デメリット

「趣味友や習い事から彼氏へ発展」のメリット

syumitomo趣味や習い事を通して知り合った男性の場合、価値観が近い人と出会えるメリットがあります。例えば映画ファンで知り合えば、交際後も一緒に映画を楽しむことができます。登山愛好家なら、一緒に山登りやアウトドアを楽しめるでしょう。30歳ともなれば、交際相手に結婚というヴィジョンを求めるのも当然のこと。趣味が合うというのは長い人生を共にするうえで、とても重要なことです。

セックスを楽しめるのは30歳ならあと15年...頑張って20年というところでしょうか。週に何度か、数時間のことを楽しむよりも老後にわたって、お互いに理解しあって、共に楽しむことができるというのは大きいです。結婚後にも続けたい趣味がある人。どうしても譲れない趣味があるという人は、趣味や習い事を中心として理解ある男性を探すのが良いと思います。

「趣味友や習い事から彼氏へ発展」のデメリット

趣味や習い事を通じて知り合った場合、相手と趣味に対する熱意が違いすぎるとトラブルになりがちです。たとえば旅行が趣味の場合、国内旅行が好きな人もいれば海外旅行が好きな人もいます。海外旅行と言っても、有名どころの観光地に行きたい人もいれば名前も聞いたことのないような地方へ行きたがる人もいます。趣味が近い分、お互いに妥協しなければいけないことも出てくるでしょう。趣味や習い事を通じて進展した場合、そこをどのくらい譲り合えるかが重要になります。

映画好き、読書好きも一緒です。趣味といえども幅広いので、逆に好きなものが一緒なだけあって譲り合いにくいということがあるのです。逆に旅行が趣味でも、相手が特に旅行にこだわりがなけれこちらの要求を呑んでくれやすいということもあります。趣味や習い事で相手を探す場合にあまりにもハマりこんでいない趣味で探した方がいいかもしれませんね。

趣味友を探すのに最適な定番サイト2つ!

エキサイトフレンズ

エキサイトフレンズ

エキサイトフレンズは20年ほど前に始まった歴史のあるサイトです。趣味の相手や相談相手を探すことができるコミュニティで登録は無料です。(登録は18歳以上限定)。自己PRページの作成、名刺の作成や閲覧、検索などができます。ミニメールの受信は無料ですが、送信は有料で月額315円が必要です。

エキサイトという大手が運営しているということもあり、架空請求や個人情報の流出などの心配が限りなく少なく使えるというメリットがあります。

信頼性のおけないサイトを使うよりは、大手が運営するサイトのほうが安心して使えるかと思います。趣味の合う人と出会えるので、まずはお友達感覚で関係をスタートして仲良くなったらオフ会などで会うのがおすすめです。

⇒エキサイトフレンズで趣味友を探してみる(無料)

ケイコとマナブ

1-keikotomanabu

習い事を探すなら「ケイコとマナブ」が便利です。転職に役立つようなビジネス系の資格スクールから、医療、福祉系のようなガチ資格などのスクールも充実していますが...

出会いを求めるなら、料理系なんかはおすすめです。最近は男性も多く参加していますし、家事能力もアップするのでやっておいて損はないですよね。男性も多く習っているのは楽器系、スポーツ系ですね。カメラ系も男性が多い習い事です。一緒に趣味を習っているうちに親しくなって、恋に発展するかも!語学系も役にも立つし、出会いの幅も海外まで広がるかもしれません。

習い事を探すときには、本気で自分が楽しめるものを選ぶのがポイントです。男性目当てだけで習うと続かないですし、周囲からみても浮ついている様子が分かります。自分が興味を持てる分野で探すといいですね。

⇒ケイコとマナブで習い事を探してみる(無料)

とにかく彼氏をつくらなきゃ!合コンのメリット、デメリット

合コンのメリット

1-goukonn合コンは3対3とか、5対5とか、比較的少人数で集まります。20対20なんて合コンはまずめったにないですよね。でも人数が少ないので、相手を絞りやすいです。この人素敵だな~と思った人と、ゆっくりじっくり話すことができます。一緒に参加しているのは友達だから気心が知れていて安心できます。

大人がする合コンは、若い人がやるような「10円玉ゲーム」とか「王様ゲーム」とかそういう雰囲気ではありません。どちらかというと少人数でお食事会をするといった雰囲気で小規模な異業種交流会に近いです。相手の男性も少なくとも知り合いの知り合いですから薄いつながりがあり、1:1ではないので緊張せずに話ができるというのは大きなメリットですね。

合コンのデメリット

合コンは男女が複数で行うものです。知り合いに声を掛けてもらうか、合コン会社を使うかということになりますが1人で参加するのは難しいです。お友達がみんな結婚してしまっていたり、独身でも乗り気の友人がいないと合コンに参加することができません。

1人でも参加できる合コンもありますよ!って言っても、見ず知らずの女性グループ合流して見ず知らずの男性と合コン(飲み会)ってハードルが高いですよね。コミュニケーションに相当自信がある人でもないかぎりただただ居心地の悪い時間が続くと思います。また女の子に若い子がいれば、どうしてもそちらがチヤホヤされてしまいますし、同年代の友達を数人集めて...という点をクリアできるかどうかが問題になるでしょう。

1人参加型の合コンを探すならこの大手2つ!

ラッシュ合コン

ラッシュ合コン

ラッシュは1997年からサービスを開始している合コン・街コンサービスです。業界唯一の上場企業で、ブライダルネットなどの婚活サイトも運営しています。特徴としては、最短3時間後に合コンが開催できるということ。居酒屋さんで2時間飲み放題食べ放題しながらワイワイおしゃべりして...友達同士で行う合コンとほとんど一緒です。

参加費用は安いところで2000円~となっていますが、30歳の場合には相手の年齢も高めになるので、4000円くらいを予定しておきましょう。開催場所や時間が決められているので、気に入ったものがあれば申し込みます。当日まで何人規模になるかは分かりませんが、男女比はほぼ一緒。友人同士の合コンと違うのは、全員初対面の他人です。1人参加が基本なので、最初は緊張するかもしれませんがぜひチャレンジしてみて下さい。

⇒rush合コンのお相手の男性はこんな感じ

コンパde恋ぷらん

コンパde恋ぷらん

コンパde恋ぷらんは全国47都道府県で、毎月1500回を超える合コンを開催しています。使い方は簡単で、無料の会員登録をしたら、気になる相手を探して合コンを申し込みます。プランナーさんが合コンの成立から手配をサポートしてくれるので安心です。

友人と一緒に参加できるグループ合コンは参加費用が1000円+食事代。お1人様参加合コンは参加費用+飲食代で4800円~。大人数の合コンパーティーは参加費用+飲食代で3200円~です。もちろん、合コンに参加するまでは一切費用が掛からないんです。

合コンしたいけど、相手が見つからない!と言う時にはスタッフが開催までサポートしてくれるのがラクチンですね。お店選びなども任せることができます。最短1日でセッティングしてくれるので、カップル率がかなり高いです。

⇒恋プラン合コンのお相手の男性はこんな感じ

とにかく彼氏をつくらなきゃ!街コンのメリット、デメリット

街コンのメリット

1-matikonn街コンは地方自治体が開催しています。一度に多くの異性と知り合えるチャンスがあるのが魅力です。美味しい食事を食べて、美味しいお酒を飲んで数件の飲食店を移動しながら盛り上がって、気になる人がいたら連絡先を交換します。街の数十店舗が貸切られて開催されるので美味しい食事を食べながら、色々な人と交流できるのがメリットですね。

街コンには一人参加限定のものもあります。友達と一緒に参加すると、つい友達ばかりと喋ってしまいます。相手のグループと数が合わないと、仲良くなりにくかったり。一人参加のものだったら、自由に動き回れますし男性も声をかけやすいので、一人参加はハードルが高い...と思わずにどんどん参加してみると良いでしょう。

街コンのデメリット

街コンのデメリットは、真剣に出会いを考えていない参加者も多いということです。単純に食べ歩きする友達が欲しい、異性と食事をするだけで満足なんとなく出会いがあったらいいな~くらいの気持ちで参加している人が多いです。美味しい物を食べるついでに、出会いもあったらラッキーくらいな感じなのであまり期待していくと、さっぱり出会いがなかったということになりがちです。

また街コンはスタッフがサポートしてくれるわけではありません。自分で話しかけなければ、いつまでたっても誰からも話しかけられないということもあります。人見知りの人にとっては、婚活パーティ以上にハードルが高い可能性があります。また実際に会話できる人数はそう多くありません。何分交代と決まっているわけではないので、気に入られてしまったけど他の人と話したい...というときは自分からタイミングを見つける必要があります。

日本全国の街コンに参加申込ができる人気のサイト2つ!

えくる

1-ekuru

えくるは開催地やタイプ別に街コンが検索できるサイトです。街コンは全国で月100回以上開催されているのをご存じでしょうか?タイプ別では、1人参加OK、20代向け、30代向け、年上彼氏などから街コンを検索することができますし住んでいる自治体から探すこともできます。

街コンは現在、かなり一般的なイベントになりました。仕事ばかりでは、なかなか出会いって限られていますが、街コンなら美味しいものを食べながら気軽に交流ができます。えくるなら「結婚歴ありの方&理解の方」、「女性を大切にするハイステータス男性」、「アニメ・漫画好き男女」などの街コンを探せます。希望の男性の条件に合わせて、街コンを調べて参加しちゃいましょう。

⇒えくるの1人参加型街コンが大人気!

街コンジャパン

1-matikonjyapann

街コンジャパンは街コンを探せる総合ポータルサイトです。今までに参加した人数は約150万人。街コンの掲載数は5万件を超えています。開催地やキーワードから街コンの開催を調べることができます。また、会員登録をしておくと街コンのお知らせメールも受け取ることができます。ジャンルで探す場合には、初心者向けのもの、1人参加OKのもの、婚活パーティ、30代中心、アラサー向けなど色々選ぶことができます。

街コンの中でも婚活色が強いものが多いのも良い点ですね。初めて街コンに参加してみたいけど、まずはどんなのから参加すればいいの~?1人で参加するのは不安なんだけど!って人でも安心して街コンに参加することができるので利用してみて下さい。

とにかく彼氏をつくらなきゃ!相席居酒屋のメリット、デメリット

相席居酒屋のメリット

相席居酒屋の料金表相席居酒屋は見ず知らずの男女が相席するというシステムの居酒屋です。たとえば、男性は30分飲み放題1500円、女性と相席になった時点で飲み放題がスタートします。女性は時間無制限で無料、といった感じ。

男性は飲み代が必要ですが、女性は相席居酒屋に何時間いても無料です。ただで飲めて、しかも男性と出会えるってかなりお得なシステムですよね。おつまみなどをつまむときには、女性にも料金は発生します。合コンみたいに誰かと予定を合わせたり婚活パーティーみたいに、条件を気にしたりすることなく参加できて合わないなーと思ったり、素敵な人がいないなーと思ったら席をチェンジしたり、帰宅してもOK。物凄く気楽に参加できるのが良い点ですね。

相席居酒屋のデメリット

相席居酒屋のデメリットは一夜限りの相手を求めている男性も多いという点です。お酒の場ですから、やっぱり気軽な関係を求めてる男性やキャバクラ気分で来る男性もいます。また無料に惹かれて若い女性も多く集まっています。ギャル!と言う感じの派手な女の子たちも多いです。20代前半の若い女の子と比べられると、30歳というのは結構厳しいものがありますよね。

また相席は相手がいなければ始めることができません。タイミングが合わないと、せっかく行ったのに相席する相手がいないなんてこともあります。また相席居酒屋は都心部にしかまだありません。徐々に増えつつありますが、地方都市にお住いの方の場合には行ってみたいけど、近場にない!ということも多いですね。

全国展開もあります!相席居酒屋の有名チェーン店2つ

相席屋

相席屋

相席居酒屋で最も有名なのが「相席屋ー婚活応援酒場」です。東京に20店舗、全国に40店舗あり、現在も増えています。男性は30分1500円、10分延長が500円で食べ飲み放題。女性は無料で食べ飲み放題です。無料で飲めるということで、女性が多く集まりそれにつられて男性も多く集まっています。若い子も多いのですが、30代の人も多いです。

色々なタイプの男性が集まっています。若い男性、チャラい男性、真剣に出会いを求めている男性、年配の男性。男性に慣れていない、という時には、こういうところでコミュニケーションを取ってまずは男性に慣れてみるというのも良いかもしれません。相席はスタッフの方が最初に案内してくれるので男性から声をかけられないということはないので安心してください。

相席ダイニング

相席ダイニング

相席ダイニングは大阪にある相席居酒屋です。道頓堀とお初天神店の2店舗があります。関西では相席居酒屋はあまり数が多くないので、必然的に男女が結構な数集まっているようです。女性は平日でも週末でも時間無制限で0円!相席の相手はスタッフがヒアリングをしたうえでコーディネートしてくれるので、あまりにタイプが違う!話が合わなさそう!という人と相席にされる心配はありません。

相席ダイニングの利用は男性も女性も2名以上のグループが基本。服装は異性との出会いに相応しいもの、というドレスコードがあります。仕事帰りに行くときにも、カジュアルすぎる服装ではなくちょっとこぎれいなワンピースなどを着ていくといいですね。若い人が多いのですが、30代女性も多く訪れています。大阪在住の方はぜひ、行ってみましょう。

とにかく彼氏をつくらなきゃ!出会いアプリのメリット、デメリット

出会いアプリのメリット

出会いアプリタップル出会いアプリはスマホから使えるので、出先でも簡単に使えます。会社の昼休み、通勤時間、暇だなーって時間を利用して相手を簡単に探せるのです。

例えば「タップル誕生」は相手の顔写真が出てくるのでカッコイイなーとか優しそうだなーとか高評価だった男性に「いいかも」を付けていきます。ダメだなー、この人苦手と思ったら「イマイチ」をします。お互いに「いいかも」がつくとマッチング成立でメッセージがやり取りできます。お互いに「いいなー」と思った相手にしか連絡が取れないというのがポイントです。

「ゼクシィ恋結び」も基本的に一緒です。2列表示で縦長にずらーっと男性の写真が表示されるのでこの人素敵だなーと思ったら「ハートマーク」をおします。お互いにハートがついたら、マッチング成功でメッセージのやり取りができます。「Omiai」や「pairs」なども基本的に同じです。お互いに良いと思った相手からしかメッセージが届かないので、好みのタイプじゃない人ばっかりから連絡が来る!というのを防げます。

⇒趣味で繋がる!タップル誕生アプリの詳細

出会いアプリのデメリット

出会いアプリは基本的に自分の顔写真を掲載します。若い利用者も多いので、見た目がかなり重要視されます。沢山の異性を見て、瞬間的に「あり」「なし」を判断していきます。太っている人、見た目が良くない人はそれだけで弾かれてしまいます。どんなに内面が豊かな人でも見た目だけで判断されてしまうというデメリットがあります。

30歳はまだまだ若い年齢ですが、やはり20代前半の女の子たちも登録しているので男性からの評価は手厳しくなってしまいます。加えて自分が良いなと思った相手が「いいな」と思ってくれなければマッチングしないわけですから、登録したものの相手とまったくマッチングしないというデメリットがあります。また、知り合いが同じ出会いアプリを使っている場合、自分が出会い系に登録しているということが分かってしまうのも心配な点ですね。

最近廃れ気味!?定番出会いアプリ2つ!

ぎゃるる

gyaruru

「ぎゃるる」は日本最大級の出会い系アプリです。累計利用者数は372万というから驚きです。といっても、無料で利用できるアプリなので登録したまま放置している人が多いのです。登録しているのは10代~20代で水商売系の人が多いようです。登録者数が多いのでと登録してみたものの、真剣に相手探しができるアプリではありません。

ホスト系のイケメン男子と遊んでみたい!っていうなら登録してみても良いと思いますが、彼氏を作るためのツールではない感じです。そもそも「出会い禁止」らしいので、いまいち使い勝手が分かりません。LINEのIDを交換しようとしても、禁止事項らしく伏字になってしまいます。出会い系アプリとして、十分なレベルに達していないので、別の物を選んだ方が良いと思います。

スマとも

スマとも

「スマとも」は登録せずに使える掲示板アプリです。LINEやメアド、TwitterのIDなど一切使わずに利用することができます。「スマとも」の特徴は、ご近所さんと仲良くなれるということ。位置情報を探して、近くの人を探してチャットできるので気に入ったらその場ですぐに会うことができます。

例えば「今日は仕事が早く終わったから、飲みに行こうかな~」なんて時に近くの人を検索して、チャットしてみて、雰囲気がよかったら実際に飲みに行くということが可能です。ただ、近くの人と会えるというのは、多少のリスクもあります。沢山の人に自分の居場所を晒すということですから職場や家で使うのは危険です。使う時には外出先の駅や公共施設など、自分が「いる」と知られても問題ないところで使うのが良いでしょう。

とにかく彼氏をつくらなきゃ!「ナイナイのお見合い大作戦」に応募。当たるかな?

ナイナイのお見合い大作戦

ナイナイのお見合い大作戦は未婚なら誰でも参加することができます。参加希望者は「全員」説明会へ行き、後日お見合いイベントが行われます。参加場所への往復交通手段は自費で、集合場所から解散場所、宿泊費用などは番組側負担です。

この番組は不定期で行われており、テレビの企画とは思えないようなかなり本気の婚活となっています。テレビだと視聴率を確保するために、シナリオがありそうですが書類選考やオーディションは一切なし。これは素人と素人がお見合いする様をドキュメントするという番組。

舞台は深刻な嫁不足に悩む地方が多いです。街をあげての合コンですが、結婚後はその地元に住むことになります。地方に引っ越ししてもいい!という方は、検討してみてもいいですね。

「ナイナイのお見合い大作戦」に応募方法・参加資格は?

ナイナイのお見合い大作戦の応募方法はTBSのナイナイのお見合い大作戦、公式Webサイトからできます。不定期放送の番組なので、応募も不定期です。参加したいなら、定期的にWebサイトをチェックしておくと良いでしょう。結婚して地方に住むのもいい!というなら番組が全力サポートしてくれるので心強いですよね。

参加資格は「未婚の女性」であることです。現在未婚であれば、既婚、死別、子持ちは問われません。年齢も何歳以下という規定もありません。必要なものは、集合場所までの交通費くらいです。現地に着いたあとは宿泊費用(女性全員で雑魚寝らしいです)、食事代はかかりません。テレビで映る、というのは勇気がいることかもしれませんが、本気で婚活がしたい、出会いが欲しい!というなら参加を検討してみてもいいですね。

ナイナイのお見合い大作戦応募方法

目次 あなたの処女の悩みを解決