やらみそ30歳女が語る処女を捨てたいのに捨てられない理由【コンプレックス編】

konnpu

貧乳なので裸を見られたくない

女が30歳で交際する相手といえば、大体同年代です。28歳~35歳くらいの男性が最も多いのではないでしょうか?もう少し年齢が上の男性と交際する人もいるでしょう。

よほど若い男の子と交際するというのでなければ大体が同年代の男性ですから、貧乳をそれほど心配する必要はありません。

同年代の男性ということは、それなりに女性経験もあります。過去に付き合った女性の中には巨乳の人もいれば貧乳の人もいたでしょう。胸の大きさで女性を選んできたという男性は、そもそもあなたに近寄ってきませんから今さら胸の大きさを見てがっかりすることはないでしょう。

また、あなたが貧乳なのは見れば分かります。日頃からよほどパッドを入れて盛りまくっているというのでなければあなたを巨乳だと思って口説いてくる男性はいないでしょう。あなたを口説く段階で胸の大きさを気にしていない男性です。安心しましょう。

全ての男性が巨乳が好きなわけではありません。中には貧乳の女性がいい!!という強いニーズもあります。グラマラスで豊満な女性がいいという男性がいればスリムで華奢な体つきの女性がいいという男性もいます。せっかくのチャンスを胸のサイズを言い訳にして逃してしまうのは惜しいです。

コンプレックスが強いというのであれば、スーパー銭湯などへ行ってお風呂に入っている女性たちの体をじっくり観察してみてください。グラビアアイドルのように理想的な体型をしている人は、ほとんどいません。一般的な女性は、裸になればそれほどスタイルが良いものではないのです。日頃目にする女性の体はグラビアアイドルのような綺麗なものですから自分の体と比べると落ち込むのは当然です。彼女たちは特別恵まれたスタイルをしているから、そうした仕事をしているにすぎませんよ。

どうしても貧乳が気になるというのであれば、出会い系サイトなどで貧乳好きの男性を探してみましょう。巨乳はダメ!貧乳こそ最高!という男性と巡り合うことができますよ。

陰部の形がなんか変。男性に見られたくない。

「陰部の形がなんか変」というのは、誰と比較してのことなのでしょうか?あなたは100人の女性の陰部を見たプロフェッショナルですか?自分と友人の女性器を比較して、形の違いにコンプレックスを抱いているのでしょうか?

顔の形が人それぞれ違うように、陰部の形というのも人によって異なります。前付きの人がいれば、大き目の人、控えめの人、色が濃い人、薄い人、色々です。

しかし性的関係を持つにまで至った男性が「コイツの形、変だな」なんてイチイチ思いません。そもそも、明るい部屋でじろじろと観察するわけではないのですから陰部の形を誰と比較するのでしょうか?相手が産婦人科医だというのであれば、形が変だと分かるかもしれません。一般的な男性はそれほど女性器をまじまじと比較した経験はありませんから大丈夫です。

体の成長と共に、女性器の形は変化します。幼少期には隠れていたのが、外に飛び出してくるのは正常なことです。よっぽど気になるというのであれば「恥ずかしいから電気を消して...」と言えば大丈夫な話です。

どうしても気になる。形が気になって仕方ない。という場合には、てっとり早く実際に確認してもらって「こんなの普通だよ」と確認してもらうという荒療治もありますね。

知り合いの男性に頼むわけにはいきませんから出会い系サイトなどで相手を探す方が良いでしょう。女性経験の豊富な男性に確認してもらえば「こんなの別に変じゃないよ」と保証してもらえるでしょう。

ワキガなので、恋愛を避けてきた

ワキガってとても辛い悩みですよね。大体が思春期という多感な時期に汗腺が発達して発覚します。このころに「臭い」「変な臭いがする」「ワキ汗が凄い」「ワキの下が黄色くなってる」なんてアレコレ指摘されると人付き合いすら怖くなってしまうことがあります。

あなたのワキガのレベルはどのくらいのものなのでしょうか?しっかりデオドラントでケアをすれば、臭わないレベルなのか。それともしっかりケアをしてもほんのり臭うレベルなのか。デオドラントでケアをしても、隠し切れないほど強い臭いなのか。またワキガの部分がワキだけなのか、スソワキガもあるのか?

まず、ケアをしっかりしましょう。大前提ですが、これは処女うんぬんの前にきちんとやっておくべきことです。次に臭いが強い場合には手術も検討してみてください。勿論100%改善される保証はありませんが、試してみる価値はあります。一生孤独に過ごすかもしれないと悩むくらいならチャレンジしてみる勇気くらい、大したことないはずです。仮にワキガが改善されなかったとしても、状況は今より悪くなることはないでしょう。最近は医療技術もかなり発達してきているので相談だけしてみても損はありません。

軽度の場合には、ワキガの臭いを嫌がらない男性というのは必ずいます。ワキガというのは要するにフェロモンの名残ですからあなたと遺伝的に相性が良く、ワキガが気にならないと言う人もいるからです。中には臭いフェチと言う人もいますから、諦める必要はないでしょう。出会い系サイトなどで、臭いフェチの男性を探してみてはいかがでしょうか?

お腹に大きな手術跡があるので裸を見られたくない

若い女性にとって、体に傷がつくというのは大きなコンプレックスになります。ただ、お腹に大きな手術痕があるということは重たい病気や怪我をあなたが乗り越えた証拠です。しかし見られたくないという気持ちを消せないのも事実でしょう。

まず、知っておきたいのがこの傷跡をバカにするような男性は、あなたにとってふさわしい相手ではないということです。傷口を見て、萎えてしまうというのであれば、男性の覚悟が足りないのです。交際相手の女性の人生を丸ごと受け止めるだけの度量がないのです。

ただ、初めて彼女の服を脱がせたときに、お腹に大きな傷跡があれば男性も思わずビックリしてしまうでしょう。関係を一歩進めるよりも先に「これ、どうしたの?」となるのは当然です。ですから早い段階でコンプレックスを打ち明けるのが良いと思います。関係が進んで、いざと言う時になって相手を驚かせるよりも早い段階で、お腹に大きな傷跡があってコンプレックスを抱えていることとそれが原因で男性との関係に臆病になっていることを打ち明けてしまいましょう。

男性だって30年以上生きていれば、過去に色々な経験をしています。その傷跡があるから、現在あなたが生きていられるのだということをきちんと理解してくれるでしょう。先に打ち明けていれば、傷口を見て息をのむこともないでしょう。また電気を消して薄暗くするなどの配慮をしてもらえるでしょう。

あなたが生きるために必要な傷を負ったことでそれが原因で幸せに一歩踏み出せないというのは悲しいことです。

男性と知り合う機会がないのであれば、出会い系などを使う方法があります。出会い系というと不誠実な男性が多いという印象が強いかもしれませんが目的が一つだからこそ、細かいことを気にしない男性も多いものです。あなたの傷を気にしないという男性もいるでしょう。

アトピー性皮膚炎なので肌を見られたくない

誰にだって体のコンプレックスはあるものです。特にアトピー性皮膚炎が酷い場合、肌を見られたくないという気持ちは良く分かります。

アトピー性皮膚炎は容姿に影響を与えるものなので、人に指摘されたりすることで対人恐怖症気味になってしまう人は多いです。特に元々神経質な人や感受性の高い人の場合は強く影響を受けがちですしそのストレスが余計にアトピー性皮膚炎を悪化させてしまいます。ストレスを感じるとセロトニンの分泌量が少なくなり、これがアトピーを誘発してしまうのです。

アトピー性皮膚炎が気になって、好きな人がいるのに積極的になれない。良い感じの相手がいるのに一歩踏み出すことができない。とても悲しいことだと思います。

まずは無理をしないことが一番です。30歳だから、処女を捨てなくちゃ、という強迫観念から逃れましょう。スキンケアと治療は毎日続けることは絶対ですが処女は捨てなければいけないものではありません。

30歳で処女。別に珍しくもありません。みんないちいち口外しないだけで、別に人に指を刺されるような行為ではありません。ネガティブな思考こそアトピー性皮膚炎には大敵です。30歳で処女だから何なのよ、と思えるくらい、ドンと構えておきましょう。

ただ、どうしても処女であるということがコンプレックスの場合には、さっさと捨ててしまうのが一番効果のある方法だと思います。コンプレックスが大きい場合には、プロに相談するのが良いでしょう。女性用風俗の出張サービスなどがありますから、場数を踏んだ人、決してあなたにマイナスの言葉を言わないと保証のある男性を選ぶと安心できますね。

赤ちゃんができない体なので、恋愛を避けてきた

女性にとって子供を持つというのは非常に重要な意味を持ちます。子供を産めるけど持たないという選択肢はあっても子供を最初から持てないというのは、恋愛においても大きな足かせになったことでしょう。

特に結婚願望が強い男性や、相手の親御さんがお孫さんを望む気持ちを考えると赤ちゃんができないということに気後れして恋愛を避けるという気持ちは分かります。

しかし結婚してから不妊が分かるカップルは少なくありません。不妊の原因は女性が半分、男性が半分と言われています。中には双方に原因があったというカップルもいます。

交際して結婚すればコウノトリが赤ちゃんを連れてきてくれる......というのが全ての人に当てはまるわけではないのです。そして子供を持てないカップルのすべてが離婚するわけではありません。2人で人生を歩むことを選ぶカップルの方が多いのです。

また、すべての男性が子供を望むとは限りません。男性不妊が分かっている人もいれば、子供が嫌いだから持ちたくないという人もいます。一度結婚して、前妻に子供がいて養育費の支払いがあるので経済的に新たに子供を持つことはできないという男性だっています。奥さんと死別して子供を一人で育てているシングルファザーがいれば、年齢的に男性としての性交渉はできても精子の活動力が落ちている人もいます。

どうしても子供を産めないということを引け目に感じてしまうのであれば婚活などを通して、子供を希望していない男性を探すというのも一つの手です。婚活市場では30歳はまだまだ需要の高い年齢です。子供を持たなくても良い、子供はいらないという男性もいるはずですよ。

セックスだけを体験してみたいというのであれば出会い系サイトを使って、あとくされのない関係を持てる男性を探すのも良いですね。

目次 あなたの処女の悩みを解決