やらみそ30歳女が語る処女を捨てたいのに捨てられない理由【性格編】

1-jy

恋愛に奥手なので彼氏いない歴=年齢。

恋愛に奥手だから、30歳になるまで彼氏がいない。だったら積極的になるしかありません。

男性だって臆病です。振られれば悲しいし、辛いし、恥ずかしいし、苦しいです。それでも告白しようとするのは、よほど相手への気持ちが強いからです。だから勇気を振り絞って告白をするのです。

本気で口説かれたことがない、かといって自分から言い寄ることもない。これなら恋愛に発展しないのは当然です。

男性がそれとなく好意を示したときにあなたも悪くはないよ、展開次第では今後に期待できるよという雰囲気を出さなくてはいけません。

男性が言い寄って来ないなら、あなたほうから私はフリーで、あなたに好意を持っているよと臭わせる必要があります。と、いってもなかなか高度な技というのも分かります。一般的に10代20代と恋愛をする上で、そうした技術は自然に習得できるのですが30歳からいきなりスタートしろといわれても難しいですね。

その場合は、婚活サイトなどに登録していきなり婚活を始めてしまうというのも良いでしょう。恋愛に奥手な人同士が集まるのですから、気が合う人も多いでしょう。

30歳ならまだまだ市場価値は低くありません。子供だって産める年齢ですから、最後のチャンスだと思って色々なことにチャレンジしてみてください。

この数年の頑張りが、残りの人生50年に大きく影響を与えます。生涯誰とも交際しないまま、一人寂しく人生を終わらせるのか、愛する夫に囲まれて、可愛い子供を持ち、二人で共に人生を過ごすのか。子供を持つためには今がギリギリと言ったところです。自分の理想の現実を手に入れるために、頑張ってみてください。

男性に対する理想が高いので彼氏いない歴=年齢。

誰だって理想は高いものです。どんな男性と交際したいか?と聞いたときに「誰でもいい」と答える人はいません。

  • 高学歴で、お金持ちの男性と付き合いたい!
  • 優しくて自分だけを一途に愛してくれる誠実な人!
  • とにかくイケメンで背が高くてソフトマッチョな人がいい!
  • 物静かな文学青年で聡明な男性がいい!

色々理想があるのは当たり前です。

ただ、実際すべての理想が両立できるわけではないですよね。ある程度の妥協は必要になると思います。これができなければ、男性と交際するのは難しくなります。

男性だって理想を言いだせばきりがありません。色白で胸の大きい女性で料理が上手で気が利いて、あまり自己主張をせずに大人しく3歩下がるタイプで......など言い出せばキリがないです。

高望みはしすぎないことが大事です。自分を現実的に客観視して、自分のレベルに合った男性を選びましょう。

少女漫画や恋愛ドラマに出てくるような、素敵な男性は実際には存在しません。どんな男性だって、ダメな部分が多かれ少なかれあるものです。実際に存在しないからこそ、物語になれるのです。

ただ周囲に「まともな男性がいない」という状況もあるでしょう。見渡した時に誰一人として恋をしたいと思える男性がいない。こうしたケースもあると思います。

その場合には出会いの母数を増やすのが有効な手段です。出会い系サイトなどに登録して、男性を探してみましょう。条件で検索することができるサイトも多いので自分好みの男性と巡りあうチャンスが増えますよ。

彼氏はいるけどセックスが怖くて・・・いまだに処女

セックスが怖いという理由に、過去の経験がトラウマになって男性に恐怖心を抱いてしまう。そういった特殊な理由が有る場合には、一人で抱えていても解決するのは難しいです。男性からかつて受けた性暴力が原因で男性に恐怖心を抱いてしまうというのはカウンセリングが必要なケースです。むりやり関係を進めようとしたり、かたくなに性交渉を拒否していてもあなたの気持ちを前進させるのは難しいです。

過去のトラウマは通常、日にち薬で時間の経過と共に軽くなっていくものですが性暴力などの被害に対しては人によって受けるダメージが違います。カウンセリングや自助会などで相談をしましょう。

単純に性交渉が怖いと言う場合には、彼氏と二人でよく話し合うべきです。カップルの中には性交渉をしなくても関係を維持する人達がたくさんいます。夫婦関係な長くなると、自然にレスになったという人たちもいます。性交渉をしなくても良い関係を築くことはできるのですがこれには双方の納得が必要です。

どちらか一方はセックスをしたいと思っているのに片方は頑なに関係を拒否するというのであれば、関係を維持させるのは難しいです。またセックスをしないことに後ろめたさを感じたまま良好な関係を維持するのは、あなたにとっても苦しいはずです。

手をつなぐところからスタートする。恐怖心がなくなるまで抱きしめてもらう。など少しずつクリアしていけば恐怖心も少なくセックスに臨めるかもしれません。よく二人で話し合って下さい。

男性に処女だと告白しづらくて、気がつけば30歳に・・・

処女はそんなに恥ずかしいことでしょうか?確かに30歳の女性と交際するとなれば、男性経験があるものとして想定されるでしょう。処女じゃなきゃいや!!という潔癖気味な男性は30歳になった女性を選びません。相手もそれなりに女性経験があって、だからあなたも当然それなりの男性経験があると思うものです。

しかし、処女じゃなきゃダメ!という男性がいても何が何でも処女は嫌だ!という男性は少数派でしょう。1回でも経験すれば非処女なのですから、実際、大した問題ではありません。

男性経験が豊富で、交際人数よりも経験人数が多いとか、一夜限りの関係を持った相手が何人もいるとか、そちらの方がよほど気にする男性が多いでしょう。

ただ、問題なのは男性経験がないといえば、何か問題があるんじゃないかと思われるのではないか?重たい女だと思われたらどうしよう?といういらぬかんぐりをされてしまうという点ですね。

処女を単純に喪失したいだけなのであれば出会い系サイトに登録して、適当な男性としてしまうのが簡単です。上手くすれば、理想の男性とめぐりあえてそのまま交際に発展するかもしれません。

一番良くないのが、今のままでいることです。30歳まで交際のチャンスがなかったのであれば、この先、男性から言い寄られることは非常に少ないです。何か新しいことを始めなければ、永遠にそのまま変わらない生活が続いてしまいます。せっかく出会い系サイトなどの便利なツールがあるのですから賢く利用したいですね。

目次 あなたの処女の悩みを解決