誰でもいいからとにかく処女を捨てたい!年齢別、今すぐ処女を捨てたい理由。

1-0094

18歳。周りに経験済みの友達がいるから

周りに経験済み友人が増えてくると、彼女たちが一歩も二歩も先に進んでいるように感じますよね。自分より大人で、恋愛事情に詳しく、男性からも求められる素敵な女性に見えるでしょう。

男性から求められるというのは、女性として嬉しいものですよね。自分がそれだけ魅力的な女性であることの証拠のように感じられると思います。その経験がないということは、自分が女性として劣っているんだろうか?自分には性的魅力がないのだろうか?もしかして、このままずっと処女のまま20歳、30歳、40歳と大人になって、おばさんになっていくのだろうか?と不安になるかもしれません。

今すぐ処女を捨てて大人へのステップを進みたい。そうすることで女性として自信を付けて、男女交際に前向きになりたいという気持ちはよく理解できます。まずは周囲に処女喪失できるような相手がいないかどうか探してみましょう。

18歳という若さですから、焦らなくても相手は沢山います。積極的にアピールをしてこなくても、あなたとセックスしたいと考える男性はきっといるでしょう。まずはよく周囲を見渡してみてください。お友達に良さそうな相手を紹介してもらうのもいいですね。やはり知り合いからの紹介であれば、身元がしっかりした人ですからリスクを低く処女を喪失することができるでしょう。

どうしても周囲に良さそうな男性が見つからない。誰にもバレずにこっそり処女を喪失したい。あとくされのない相手が良いというのであれば、出会い系サイトなどを利用する方法もありますよ。

20歳。大人の仲間入りをしたいから

20歳になると、すでに社会人の人もいますが大学へ進学すると2~3回生といったところで、周囲にも経験者がほとんどになってくると思います。

よほど奥手なタイプか周囲に男性がいないという環境でない限り、社会に出て働いていたり、充実した大学生活を送っていればそれなりに男性から声を掛けられる機会も増えます。

必然的に「彼氏持ち」が増えて、友人の間で処女なのは自分だけなんて環境になる人もいるかもしれません。

ですが、世の中「やらはた」な人は珍しくありません。30代40代でセックス未経験な人もたくさんいます。大人になるためには、セックスは必要条件ではありません。20歳なら処女だということを恥じる必要もない年齢です。焦らずに周囲を良く見渡してみてください。きっと素敵な男性がいるはずです。

もし何らかのコンプレックスを抱えていて、恋愛に奥手という状況ならまだまだ挽回ができる年齢です。ダイエット、美容に力を入れてみてください。笑顔であいさつを心がけるだけでも印象は大きく変えることができます。

処女を喪失できる機会は人生でたった1回しかないのですからやっぱり好きな人に、優しく貰ってもらうのが一番です。そのための努力をしましょう。

それでも、周囲に良い男性が見当たらない。どうしても今すぐ処女を捨てたいというのであれば出会い系サイトなどを利用するという方法があります。20歳という若さですから、多少容姿に難があったとしてもあなたとセックスをしたい!と強く希望する男性は沢山いますよ。

25歳。オナニーだけじゃ我慢できない!とにかくSEXしてみたい。

女性として体も成熟してくる25歳というと、性欲が沸くのは当然です。男性と比べて女性は性欲が薄いと世間的では言われますが、ある程度の年齢になれば性欲があるのが当然です。でなければ、子孫繁栄できませんから、人間としての本能とも言えます。おおっぴらに表明することはなくても、決して恥じることではありません。

まず、知っておきたいのが、セックスには肉体的な快感と精神的な快感があるということです。男性は肉体的な快感に重点を置く人が多いのですが、女性は精神的に満たされることが快感につながります。好きな人が自分を見て、キスをして、頭を撫でて、愛してくれる。この行為が快感につながるのです。

嫌悪感はないものの、好きでもない相手と機械的なセックスをしても得られるのは肉体的な快感だけです。精神的な快感を得ることはできません。そして肉体的な快感に関しては、最初から「気持ちいい」と感じるのは難しいです。相手は他人で、あなたの体に初めて触れるわけですから気持ちいいと感じる場所、触って欲しい場所などは当然分かりません。

「一般的に触って気持ちいいと思われる場所」を「単純に触る」だけなら自分で触ったほうが、ツボを押さえているから気持ちよさを感じられるでしょう。これこそがオナニーとセックスの違いだと思います。

肉体的な充足を求めるオナニーと、コミュニケーションでもあり精神的な充足を求めるセックス。オナニーよりも気持ちの良いセックスがしたいなら、恋愛が先です。25歳で処女なのは恥ずかしいことでもありません。もっと男性に対して積極的になり、たった一度しかない最初のセックスを満たされたものにしましょう。

男性と知り合う機会が少ないというのであれば出会い系サイトなどを利用するのも良い方法です。出会い系サイトを通して、恋愛関係になれそうな男性を探してみましょう。

29歳。30で処女はイタイ。30歳までにとにかく処女を捨てたい!

「やらはた(処女・童貞で20歳を迎える)」ならいざ知らず、30歳になったのに処女というのは、なかなか人に言えることではありませんよね。世の中では30歳まで清い体でいると「魔法使いになれる」なんて言うジョークまであるくらいです。

ただ、29歳で処女も30歳で処女も世間的な評価は何も変わらないということは知っておきたいですね。これから好きな人ができて「29歳で処女」なのも「30歳で処女」なのも全く差がないということです。

そりゃ18歳で処女は珍しくないけれど25歳で処女になると、ちょっと母数が減って貴重扱いされる。29歳で交際をスタートすれば、相手は当然あなたを非処女だと思っている可能性が高いです。

そこまで来てしまうと、正直なところ「29歳で処女」なのも「30歳で処女」も差がありませんよ。たった1歳で「痛い」「痛くない」が決まるわけはなく「30歳で処女」なのを「痛い」と思う男性なら「29歳で処女」なのも「痛い」と思うでしょう。何を今さらと言った感じになるだけでしょうから、焦って喪失する必要はないのです。焦るなら25歳くらいの段階で焦るべきでした。

問題なのは29歳になっても処女だということではなく、恋人がいないということです。恋人がいれば必然的に性交渉を求められるでしょうから、処女は自然に喪失する機会がやってきます。男性と知り合う機会がなく、なかなか出会いがないというのであれば積極的に相手を探さなくてはいけません。年齢的にどんどんチャンスは減っていきますから、出会い系サイトなどの利用を検討し始めても良いかもしれませんね。

32歳。月末の婦人科検診までに処女を捨てたい!

処女の人にとって婦人科検診というのは非常にハードルの高いものですよね。でも30歳を超えてくると、乳がんや子宮がんなどのリスクも高まってきますし、健康を維持するためにも定期的に婦人科検診を受けるのが望ましいです。婦人科系の病気は性体験の有無に関わらず起こるものです。恥ずかしいからといって、検診を受けずに手遅れになってしまうのは一番避けなければいけないことです。

かといって、知らない人に局部を見られるのは顔から火が出そうなくらい恥ずかしいし、ましてや処女なのに内診で器具を膣内に入れられるなんて、とても恐ろしいですよね。経験者でも内診は痛みを伴うというのですから、考えただけでもぞっとしてしまうでしょう。問診で「性交渉の有無」を問われること自体が羞恥プレイだと言う人もいるかもしれません。さっさと1回でもいいからセックスを済ませてしまって性交渉の有無を聞かれたときに「ある」と答えたいという気持ちは分かります。

まず不安が大きい人は問診の時に処女であること、また検診に不安があることを伝えましょう。内診をせずにエコーだけで検査が済むこともあります。きちんと配慮してくれますから、正直に自己申告をしてください。看護師さんもお医者さんも仕事で、一日に何十人もの局部を見るのです。あなたのことをいちいち好奇の目で見たりはしません。

ただ、黙っていると32歳という年齢から、一般的な配慮のみで婦人科検診を行われる可能性があります。配慮してほしいということは自分の口で告げなくてはいけないでしょう。

処女を喪失してしまいというのであれば出会い系サイトという方法があります。年齢的にまだまだ需要の高い年齢ですから、相手を選り好みしなければ出会いのチャンスはまだまだあります。日常生活で男性と出会える機会がないひとには、便利なツールですよ。

35歳。このままじゃ一生処女のような気がして・・・

残酷なことを言うようですが、35歳で処女ならば、今のままの暮らしを続けていれば、40歳で処女は確定でしょうし、45歳、50歳...60歳でも処女のままでしょう。

女性として最も輝かしい時期に男性とそういう関係に発展しなかったのであれば35歳以降の人生で、急展開ということはまずありません。

「同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。」という言葉があります。

今までと同じ暮らしを繰り返しながらある日突然、素敵な男性が表れてあなたにひとめぼれ。熱烈なアプローチを受けて処女喪失のチャンス......もはや狂気です。

あなたが10歳若ければ、そんな展開もあったかもしれません。でも35歳、もうそんな妄想が現実になる展開は期待できません。このまま処女でいるのが嫌だというのならこのまま同じことを繰り返していてはいけないのです。

まだ35歳なら人生の軌道修正をするのは難しくない年齢です。婚活をして、恋人を作って、結婚するという道へ進むことだってできます。今は高齢出産だって難しくない時代ですから、望めば出産もできる可能性が残されています。でもさすがに40歳を超えると厳しいです。

ラストスパートかけるなら、今しかないとも言えます。このまま処女で一生終わるのか...と嘆いていないで行動に移しましょう。もし上手くいかなくても「やるだけやったのだから」「足掻けるだけ足掻いた」と思えるはず。結婚願望があるなら婚活サイトの利用へ。結婚願望が全くないなら出会い系サイトの利用を検討してみましょう。

目次 あなたの処女の悩みを解決