【旦那が浮気】浮気調査はプロに頼みたい!探偵選びのポイント

.uwaki

浮気の決定的証拠を掴みたい!探偵選びのポイント

何とか浮気の決定的証拠を掴みたいから探偵に依頼したいけれど、たくさんあり過ぎてどこにすればいいか分からない人が殆どでしょう。
適切な探偵を選ばなければ、道を踏み外してしまうリスクもありますので探偵選びのポイントである3つの明確化を紹介しますので参考にしてください。

届出の明確化

探偵会社は国家公安委員会に届出を提出しなければいけません。
届出した業者には探偵業届出証番号が発行されますから、その番号を確認し、実際に登録されているか確認しましょう。
その番号を明確にできない会社は違法業者ですから、絶対に依頼してはいけません。
費用云々以前に届出がないのは問題外です。

料金の明確化

依頼時に一番気になるのが掛かる費用ですが、この料金が明確になっていないと後から追加で請求されたり言われるがままに高額な料金を払う羽目になります。
着手金、成功報酬、経費など料金体系がはっきりしていることが大事です。
料金表に書かれていない別途費用がある場合も、しっかりとその根拠を依頼時に説明してくれるところを選びましょう。
それをあいまいにする会社に依頼してはいけません。
早く着手しないと大変な事になりますと煽られても、焦って決め手はいけません。

探偵会社情報の明確化

探偵会社の情報を確認しましょう。
住所、電話番号、代表者の名前、名刺に書かれている内容、メールアドレスなど調べられる情報は全て調べてください。
なお、依頼するかどうか相談する場合は必ず事務所を指定してください。
ファミレスなどで済ませたいと言われても、事務所でと言い切りましょう。
それで難癖付けてくる会社であれば、断って大丈夫です。

悪質な探偵社の見分け方

浮気調査をしたいけれど、悪質な探偵につかまりたくない。
無茶苦茶な費用を請求されたとか怖いから、絶対に失敗したくない!
依頼してもちゃんとした結果を得られないなんて嫌だ!と思いますよね。
その考え方は何も間違っていません、悪質な探偵社の見分け方を知りましょう。

料金体系が明確でない

依頼するときにとりあえずこんな感じで料金がかかりますと、簡単な説明だけしてあとから追加料金を請求してくることがあります。
追加費用の根拠もあいまいな説明しかしないケースが多く見られます。

所在が明確でない

探偵社の所在が明確でなく、どこに会社があるのか分からない。
連絡先は携帯電話になっているし、メールアドレスはフリーのアドレス。
こんな探偵社に依頼してはいけません。

探偵業届出証番号が明確でない

国家公安員会に探偵業をする際に届出をしますが、その届出番号が明確でない。
こんな探偵社は論外です。
完全にもぐりの会社で、どんな悪徳な事をされるか分かりません。

依頼者を煽ってくる

早く着手しないと手遅れになる、などと依頼者を煽り不安にさせて契約させようとする会社とは話をする必要もありません。
また、話し合いのすべてをファミレスなどで済まそうとする業者も除外で良いでしょう。

回答内容があいまい

調査期限が来ても回答がないとか、回答があってもその内容があいまいとか結果を出せていないのに適当な事を言う場合は完全に悪質です。
というか、結果を出す段階でこの状態ではもはや手遅れですので、こうなる前に悪徳かどうかを見抜きましょう。

浮気調査の費用はどれくらい?ローンは使えるの?

尾行や写真撮影はプロに頼みたいけど…

  • 費用がどれぐらいかかるのか?
  • ローンで支払うことはできるのか?

…など経済的な問題を心配する人が多くいます。
調査を依頼するのは主に女性ですから、男性からの生活費から少しずつ貯金してそれを調査費用に充てる人が多いからです。

探偵に依頼すると無茶苦茶な金額がかかると言われていますが、最近では料金相場が是正傾向にあると言われています。
それは国家公安委員会への届出制になったことが大きな要因ではないかと思われます。

では一般的な浮気調査でどれだけの費用が掛かるのか見てみましょう

探偵が尾行や写真撮影をする場合は、2人1セットで行うことになります。
これは1人がトイレなどで離席している間も対象を見逃さないためですが、2人1セットなので2人分の時給換算費用が掛かります。

1人あたり1時間1万円とすれば2人で2万円、8時間監視すれば16万円となります。
また、これに加えて諸費用がかかってきます。
尾行に車を使う場合は車両費用などが諸費用となります。

コレだけ考えるとものすごい料金がかかってしまうと思うかもしれません。
確かに調査をすればするほど加算されてしまうイメージがあると思いますが、出来れば定額制の探偵会社に依頼した方が良いでしょう。
定額制でないとどんどん加算されてしまい、払えなくなることもあります。
さらに費用を安くするためには、自宅からできるだけ近い場所にある探偵を選びましょう。

最終的な費用ですがローンで支払うことも可能ですので、探偵事務所にローンが可能かどうかを確認してから依頼した方が良いでしょう。
調査費用をできるだけ安くするためには、事前に出来るだけの情報を収集しておくことです。

浮気調査の料金ってどうしてこんなに高いのか?

浮気調査の料金は安くて20万円、高い場合は100万円を超えることもあります。
どうしてこんなに高いのか?と疑問に思うでしょうし、こんなに高いなら自分で尾行して写真撮った方が良いんじゃないか?と思う人がいてもおかしくありません。

しかし個人で尾行したり写真を撮るのはリスクが高すぎますので、費用が掛かったとしても探偵会社に依頼することをオススメします。
では、どうしてこんなに高いのでしょうか?費用を安く抑えるコツと一緒に説明します。

まず調査は基本的に2人1セットであること、そしてかかった時間の分だけ費用を請求する仕組みであること、調査期間が延びれば延びるほど費用がかさむことがあります。
例えば、時給5000円で2人1セット、10時間の調査を行ったとします。
単純計算すると10万円の費用になり、これに車両を使った場合の車両代が10万円と仮定すれば合計で20万円になります。

浮気調査費用の大部分は人件費です

結果が早く出れば、それだけ費用を安くすることが出来ます。
そのためには事前に調査対象者の情報を洗い出しておくことが重要です。
怪しい曜日、時間帯、場所などを依頼者がしっかりとある程度の時間をかけて調べておけば、浮気調査を依頼したときに結果を得るまでの時間を短縮することに繋がります。

また、積算での費用計算ではなく定額費用の探偵会社であれば時間がかかっても費用の上限が決まっているので安心できることもあります。
出費できる予算と相談しながら、安心して依頼できる探偵会社を選ぶようにしましょう。

探偵が浮気調査に失敗した場合でも料金は払うの?

浮気調査を依頼したけれど、決定的な証拠を揃えることが出来ないことがあります。
いわゆる失敗となるわけですが、その場合でも基本は料金を支払うことになります。

というのも探偵会社も企業ですから利益を上げなければなりません。
証拠が取れなかったとしてもかかった費用を全てチャラにしていては会社を維持していけません。

証拠が取れないということは実は浮気をしていない可能性が高くなるわけで、これはこれで結果だととらえる考え方もあります。
ただ、大半の人は納得がいかないと思いますが、経費として掛かった分は多少の割引があるかもしれませんが払うことになります。

そのあたりについても依頼する前に確認しておきましょう。
探偵会社によっては完全成功報酬制度を取り入れているところや、費用の上限設定、定額制などを打ち出しているところもあって費用面を意識せずに依頼できる探偵会社も出てきています。

注意しないのは完全成功報酬制度の場合で、いつまでも結果が出ないとか、成功したけど膨大な費用になってしまったとか、成功の定義があいまいなままで、結局、離婚出来るだけの証拠がないのに成功だと言われて支払ったというトラブルもあります。

探偵会社に依頼するときには、相手が信頼に足るかどうかを徹底的に調べましょう。
そして料金体系があいまいでないか、回答を明確にしてくれるかなども依頼の判断基準としなければなりません。
泣き寝入りだけは避けたいでしょうし、お金のことで揉めるのは浮気という精神的なダメージを負っている人からすれば絶対に避けたいトラブルなはずです。

浮気調査のキャンセル(クーリングオフ)や途中解約はできるの?

  • 浮気調査を始めたものの、自分で決定的な証拠を押さえることができた場合。
  • 旦那さんが緊急入院で調査の必要がなくなってしまった。
  • 真実を知るのが怖くなってしまった。
  • 浮気をしていないことが明らかになった。

様々な理由で興信所に依頼していた浮気調査がキャンセルになることがあると思います。
もちろんですが、調査というのはあなたの依頼で行われているものですからストップをかければすぐに調査を終了することができます。

ただし、探偵会社のスタッフはあなたの旦那さんを調査するためにすでに人員を割いていますし、予定を確保しているわけですからキャンセル料は発生します。
これは調査が始まる前にキャンセルをしたとしても調査の途中でキャンセルしたとしても、払わなければいけませんし、すでに調査で発生した実費についてはあなたが負担をしなければいけません。

浮気調査のキャンセル料の相場はいくら?

キャンセル料の相場は調査料金総額の10~20%を予定しておきましょう。
またすでに調査に着手している場合には実施分の日割り計算で算出します。
いくらかかるかというのは興信所によって値段が変わるのですが依頼をする際には事前によく確認しておくと良いでしょう。

ただし、延期の場合はキャンセル料が発生しないことが多いです。
というのも浮気調査は常に変化が起こるものです。
調査対象者に急な出張が入ることもあるでしょうし、体調不良で寝込むこともあります。
予定通りに行かないのが普通なのです。

水曜日にいつも浮気相手と会うから、今週の水曜日に張ってもらうつもりだったけれど急な出張でデートしそうにないから、来週にしてほしい。
こういうイレギュラーな対応は興信所は慣れていますからキャンセル料はかからないのが通常です。
念のため、契約するときにこの点も確認しておきましょう。

浮気調査の料金を簡単に調べる方法(探偵探しのタント君)

浮気調査を依頼したくても高額な請求が怖い、どれぐらいのお金を用意すればいいのかもわからない人に救いの手です。

それは実際の浮気調査に掛かった料金を簡単に調べることが出来るサイトがあります。
その名も「探偵探しのタント君」です。

様々な事例でどれぐらいの調査費用が掛かっているかを紹介しているので、このサイトを見れば自分の事例に当てはめることでおおよその費用がわかります。
また、獲得できた慰謝料も記載されているので裁判時の目安としても活用することが出来ます。

探偵探しのタント君の素晴らしいところは、料金の詳細がわかることです。
調査員が何人いて、車を使ったか、調査時間は何時間かで合計いくらの調査費用になったかを記載してくれています。
こういった結果が分かれば、自分が依頼するときにも参考にすることが出来ますよね。

闇雲に探偵会社に記載されている料金だけを見て判断しては、最終的な料金があいまいな感じになってしまい追加料金を請求されるなど思わぬ出費が増えることになりかねません。
浮気の証拠を掴めたとしても、後味の悪い結果にならないようにしたいものです。

費用を見ていると20万円から高い人で60万円近くです。
平均すると30~40万円程度でしょうか、この辺が相場となるかもしれませんが、掛かった時間や調査員の人数にもよります。
また、探偵事務所によっては過去の事例などを詳細な情報で教えてくれるところもあります。
探偵選びにも使える探偵探しのタント君をぜひ活用してください。

浮気調査の実績がある有名探偵社3選

原一探偵事務所

原一探偵事務所は浮気調査で定評のある探偵事務所です。
TVにも多数出演しており、かなり知名度も高いですね。
全国18拠点と大きく展開しているので安心感も大きいです。
調査実績も80,000件以上と多く、42年の歴史があります。

  • 聞いたこともない探偵事務所に頼むのが不安。
  • 詐欺られるかもしれないと思うと怖い。
  • 取得された個人情報を悪用されると思うと不安になる。

そんな人は知名度の高い原一探偵事務所に頼むのが安心だと思います。

24時間無料電話相談も受け付けていますから不安になったときにはすぐに電話をかけて相談してみると良いでしょう。
探偵事務所を訪れなくても、あれこれ電話で相談して依頼するかどうかの判断ができるというのは助かりますね。

調査料金が分かりやすい

原一探偵事務所は料金が分かりやすいというのもメリットの一つです。
離婚問題を抱えた女性は、金銭的にもあまり豊かではないことが多いです。
ただでさえ旦那さんと離婚したら、その後の生活や子育てなどで不安になることも多いと思います。
そんなときに調査費用がいくらかかるか分からないというのは問題ですよね。

原一探偵事務所は料金がとても分かりやすいです。
調査費用と基本料金がワンセットで、経費が込みになっています。
追加で経費を要求されたり、成功報酬が発生することもありません。
その分最初の料金は高めに設定してあるのですが、明朗会計ですっきりしているので予算も立てやすいですね。

最初に安くても、あとから値段がどんどん経費で高くなるなんていうのは一番面倒な値段設定だと思います。
原一探偵事務所ならそんな心配しなくていいのがメリット。

HAL探偵社

HAL探偵社は全国に11支店を持つ探偵事務所です。
2014年現在で解決件数は9000件以上。
かなり大手の探偵事務所と言えるのは明らかです。

全国無料出張・即日対応可能です。
おもしろいのは公式サイトにある浮気解決診断シミュレーターです。
無料、匿名で行えるものです。

誰の調査を行いたいのか、悩み・今後のビジョン、特別聞きたいことを質問してメールアドレスを入力すれば、診断結果が返ってきます。
ここの探偵事務所の売りは「成功率の高さ」です。

調査結果「何もつかめませんでした」というのが非常に低いのです。
この成功率の高さは魅力の一つと言えるでしょう。
調査費用がとても安いことでも知られています。
なんと1名につき1時間6000円。
出張費用も発生しないので、ターゲットが遠方でも同価格です。

HAL探偵社は完全成功報酬型

HAL探偵社の一番のメリットは初期費用がゼロで依頼できるという点です。
完全成功報酬&後払い制を採用しています。

つまり、依頼をするときの着手金は一切不要。
相談も見積もりも初期費用は一切かかりません。
見積もりで大体の金額は分かりますが、もし依頼をして調査結果が出なかった場合には料金も発生しないというメリットがあります。
浮気をしていることが明らかで証拠を押さえて欲しいのに結局何も分からなかった、というときには調査費用は発生しません。

ローンを組むこともできますし、クレジットカード払いもできます。
予算に不安がある人、支払ったのに満足な調査をしてもらえなかったという状況を避けたい人にはピッタリの探偵事務所ですね。

響エージェント

響エージェントは探偵事務所の中でもかなり「異色」とも言える探偵事務所です。
なぜなら、運営が弁護士だから。

弁護士が探偵を仕切っているので、法的視点を持ったカウンセリングができますし、法的視点で調査を行うことができます。
裁判などになったときにも、確実に証拠となるような優良な情報を集めやすいということでもあります。

旦那さんの手口が巧妙でなかなかしっぽを出さない。
旦那さんが法律関係者で、立ち回りはかなり慎重にしなければいけない。
こんな難しいケースでも対応できるというのが響エージェントの強みです。

弁護士の数は16名、探偵の数は100名以上とサポート体制もばっちりなので、かなり安心して依頼することができますね。
離婚も考えているなら、おすすめの探偵事務所と言えるでしょう。

料金はちょっとお高め。その理由に納得!

響エージェントの相談料金は平均すると1時間あたり1.8万円です。
相場は1万5千円くらいで、もっと安いところもあることを考えると値段設定はちょっとお高めとなっています。

しかし、浮気の調査を抑えたあとは「離婚をしたい・慰謝料請求をしたい」と考えているのであれば弁護士への相談も合わせて行えているわけですからお得な料金と考えられます。
何より確実に「使える情報」を集められる上に相手と揉めたときにも、一貫して味方になってもらえるというのは強みですね。

通常であれば、探偵事務所で証拠をそろえたあとに今度はそれを持って離婚に強い弁護士を探すことになります。
状況の説明や、今後どうしたいかなどを話し合うのも二度手間です。
離婚を視野にいれて時間もお金も節約したい人にピッタリの探偵事務所ですね。