【結婚できない30歳女】リア充のように見られるが実際は違うんです

kekkonsitai

周囲からはリア充しているように見られるが実際は違うんです

30歳女子って微妙な時期ですよね。早い子はとっくに結婚してお母さんになっている人もいます。会社には独身でバリバリ働く30代半ばの女性もいるかもしれません。子供を産んで、会社に戻って二束のわらじを履いている人もいるでしょう。

ほとんどの場合、男性は結婚していても、独身でも働いています。30歳だとちょっと出世して、責任のある立場になる人もいます。子供がいても、働くという大きな枠組みは変わりません。

しかし女性の場合は生活スタイルの変化が著しいですね。結婚して専業主婦になる人もいれば、働き続ける人もいます。

30歳で独身だと「結婚しないの?」と聞かれることもあれば逆に「仕事が生きがいなんだね」とまるで生活が充実しているようにみられることもあるでしょう。

実際の自分はそうではない、と感じているかもしれません。30歳は新人ではなく、中堅からベテランと呼ばれるような年齢になってきて多少責任のある仕事も任されるようになって1人で暮らし、趣味も楽しんで、充実しているように見えたとしても恋人がいないことをコンプレックスに思い、嘆いている。

しかし、充実しているように見えるのは悪いことでしょうか?世間から見て、充実しているように思われているなら、思わせておけばよいでしょう。男性からすれば「結婚に焦ってる女」よりも「充実している女」のほうが魅力的だと思いませんか?「寂しくて簡単に落とせそうな女」よりも「はつらつとしている女」の方に本気を感じませんか?

誰だって他人の芝生は青く見えるものです。勘違いされているからと、わざわざ「全然充実してないの!」と言う必要はないでしょう。

何の予定も無い週末を過ごすのが苦痛で仕方が無い

予定がない週末を過ごすのが辛い。友達はみんな結婚していたり、恋人と過ごしているから、なかなか遊べない。一人ぼっちで、やることもなく、無為に過ぎていく週末が寂しくて仕方ない。

だったら予定を入れるしかありません。習い事を始めてみる、街コンに参加してみる、資格取得を目指してスクールに通う。週末にできることは色々ありますよね。人で過ごす予定が辛いなら、予定を埋めてしまえば良いでしょう。

大事なことは「お1人様」が得意になってしまってはいけないということ。一人で旅行に行くのも、1人でカフェランチも慣れてしまえば自分だけのペースで楽しむことができます。一人で映画を見るのも、一人で買い物をするのも、美術館に行くのも他人と合わせなくて良い分、自由に楽しめて、とても楽です。

しかし、その状況に慣れ過ぎてしまうと、危険です。今度他人と合わせなくてはいけなくなったときに、とても窮屈に感じてしまうからです。こうなると、とても危ないです。一人で充実してしまうと、そこに満足してしまいます。そうすると、今度はその環境を変えるのがとても億劫になります。

辛いと感じているなら、なんとかしましょう。でも慣れてしまってはいけません。恋人であっても他人です。

足並みをそろえるというのは一苦労です。だからこそ、慣れてしまってはいけません。一人でも楽しめるようになってしまうと、ますます根気が遠のきます。危機感を感じている今、環境を変えるようにしましょう。

結婚できない30歳女性の悩みを解決するページ一覧