【結婚できない30歳女】実家に帰ると結婚を急かされるのが鬱陶しい

omiai

実家に帰ると結婚を急かされるのが鬱陶しい

実家に帰省するたびに「いい人はいないのか?」「結婚はしないのか?」「幼馴染の〇〇ちゃんが今度結婚するのよ」「〇〇くんのところは二人目が生まれたんだって」。そんな話題ばかりだと嫌になってしまいますよね。

30歳間近になっても浮いた話がない、結婚する様子もない。子供を産むことを考えると、そろそろ結婚話くらい出て安心させてほしい。そう思う親の気持ちも分かるでしょう。

しかし、結婚したら親の鬱陶しさがなくなるのかというとそうではありません。次は孫はいつ生まれるのか?子供は一人しか生まないつもりなのか?仕事はどうするんだ、家は買うのか?親の心配事はなくなりません。

親に心配されるから、鬱陶しいからと結婚したらどうなるでしょうか?結婚生活は毎日続くのです。親が鬱陶しいのは帰省の時や、せいぜい電話で会話するときだけです。好きでもない相手、納得していない相手と結婚したら毎日顔を突き合わせて暮らさなくてはいけないのです。そのほうがよほど鬱陶しくて苦痛だと思いませんか?

焦って結婚しても意味がありません。そんな苦痛な結婚生活が続けば、きっと親を恨むことになるでしょう。あの時、あんなに結婚、結婚と言わなければ相手選びを失敗しなかったのに、と。

結婚は人生で最大の決断とも言えるものです。焦ってするものではありません。むしろ、そんなに親が結婚をせっつくのであればどんどん協力してもらってはどうでしょうか?素敵な人とのお見合いをセッティングしてもらいましょう。出会いの母数は多いに越したことがありません。

彼氏なしオンリーの女子会で慰めあう日々(泣)

彼氏なしオンリーの女子会なら、リア充からの幸せオーラに当てられることはないし、彼氏の愚痴という自虐風自慢に殴られる必要もありません。とても居心地の良い関係だと思います。

でも、そのぬるい環境に浸っていると、恋のチャンスは遠のきます。お互い愚痴りあって「そーそー!」「いい男との出会いないかなぁ」なんてボヤいていても、プラスになることはないからです。

そんな風に愚痴りあってる女性集団を見て、男性は声を掛けたいと思いますか?慰め合っている暇があるなら、合コンをセッティングするなり、グループで出かけて出会いの数を増やしましょう。

慰め合っている関係は、一見いたわり合いの優しい関係に見えますが、傷をなめ合っているだけで、実際にはお互いに足を引っ張り合っている関係です。男性の悪口を言ったり、愚痴をこぼしても、男性の良い面は知ることができません。同じように彼氏を持たない20代後半女性が集まって彼氏を作るために何か学ぶべきものが得られますか?

友達は確かに大事です。かけがえのない存在です。でも彼氏がいない同士で慰め合っている関係は、いずれ破たんをきたします。なぜなら、どんどん人数が減っていくからです。

何だかんだ言いつつ、最後まで残っているのは何人だと思いますか?徐々に彼氏ができた、結婚すると、そのグループのメンバーは生存する環境を変えていきます。いつまでも仲良しではいられないのです。

いつまでも仲良しでいたいと考えるなら、グループの存在価値、成り立ちを根底から変えなくてはいけません。彼氏がいても、結婚しても、子供を持っても、仲良く付き合える。そんな関係にシフトしていかなくてはいけません。でないと、気が付いたときには、恋人ができなかっただけではなく、大事な女友達まで失うことになってしまいます。

結婚できない30歳女性の悩みを解決するページ一覧