【離婚準備どうする?】弁護士を活用するメリット。一番頼りになるのは弁護士

rikonn-nagare

弁護士に依頼するメリット

離婚問題がこじれて裁判で争うことになった場合には弁護士に依頼をするのが良いです。しかし裁判になる前の段階であっても、弁護士に依頼するのには様々なメリットがあります。

メリット1 客観的な意見がもらえる

離婚問題を相談する相手が両親や親友の場合には、ついつい怒りから客観的な視点が失われます。本人同士で話し合うにしても、お互いどうしても感情的になってしまい、罵り合ったり冷静な判断ができなくなってしまうことが多いのです。しかし話し合いの場に弁護士が同席していれば、法律に詳しい第三者として、親権や財産分与、養育費などの話し合いもスムーズになります。客観的に分析し妥当な判断を下せるのです。

メリット2 交渉の代行

離婚したいほど気持ちが離れてしまった配偶者と離婚のためとは言え頻繁に交渉を行うというのはとてもストレスが溜まることです。しかし弁護士が交渉の代行を行うことで、窓口になってくれます。仕事で忙しい人でも、協議を進めることができますし、日常生活に影響も出ません。離婚問題を解決に向けて進めながらも、平穏な日常を取り戻せるのです。

メリット3 有利に話が進められる

浮気がきっかけで離婚協議に入った場合、相手も弁護士を付けてくることが多いです。弁護士相手に自分ひとりで話し合いをするというのは難しいです。相手はもちろん自分に有利な過去の判例を持ち出してきて、それをスタンダートとして交渉してくるでしょう。こちらも弁護士に依頼しておくことで、交渉の相場を知り一方的に不利益な交渉にならないようにしてくれます。

メリット4 離婚後のトラブルを防止できる

無事に離婚が成立したあとにも、トラブルがないとは限りません。たとえば慰謝料が支払われない、養育費が止まってしまった、復縁しようとしつこく付きまとってくるなどのトラブルになることがあります。特に養育費は長期間にわたっての支払いになるため、経済状況の変化や再婚などの生活の変化によって支払いが止まることがよくあります。口約束で取り決めをして離婚をすると、のちのち相手に支払いを請求しても、そんな取り決めがなかったとされてしまうことがあります。弁護士に依頼して離婚協議書を作成しておけば、安心です。そしてその離婚協議書や公正証書を作成すれば、給料や銀行口座を差し押さえたり、迅速な対応ができます。

弁護士に依頼して浮気発覚から離婚までスピード解決した実例

Sさんには10年前に恋愛結婚をした旦那さんと幼稚園に通う息子さんがいます。旦那さんは浮気癖がある人で、結婚前にも数人と浮気をしており、結婚後にも浮気を1度しました。しかし子供が生まれたばかりだったこともあって、離婚はせずに夫婦生活を続けることにしました。

ところが最近また、旦那さんの浮気癖が顔を出したのでは?と疑うようになりました。仕事が急に忙しくなったと帰宅が遅くなったのです。最初のうちはまったく疑っていなかったSさんですが、ふとした拍子に旦那さんのスマホを見てしまいました。すると、職場の女性と浮気をしている証拠がザクザク出てきたのです。

前回の浮気は結婚したばかりで、子供も幼かったということもあり我慢したのですが、さすがに2回目の浮気は許せません。旦那さんに『離婚』を付きつけたのです。

さて、離婚を決意したSさんですが、最初はことを大きくせずに、さっぱり別れられたら幸いと夫婦二人で話し合うことにしました。ところが実際に話し合いを始めてみると、お互いについ感情的になってしまいます。特に財産分与、慰謝料、親権などの話になると、なかなか話が進みません。

そこで弁護士に間に入ってもらうことにしようと、Sさんは弁護士事務所を訪れました。依頼をした弁護士は親身に相談に乗ってくれ、さっそく通知書を出すと、旦那さんと粘り強く交渉を続けてくれ、相談から2ヶ月でスピード解決となったのです。

話し合いの当初は「親権は自分がもらう、慰謝料も払わない、財産分与もなし」と頑固に言い張っていた旦那さんですが、法律に沿う形で同意することになり、慰謝料も300万円払うと同意したのです。

目次 慰謝料を請求して浮気した夫と今すぐ離婚する方法