【不妊原因と治療法】卵管障害と頸管障害

keikann-iti

卵管障害について

卵管癒着

卵管が詰まっていると精子や卵子が通ることができません。当然受精卵も通過できないので、妊娠することができないのです。このように卵管が詰まっている状態を「卵管障害」と言い一時的に詰まっている状態を「卵管癒着」と言います。

卵管が癒着しているかどうかというのは、通気検査や卵管造影検査で診断することができこの時の検査で一緒に詰まりを取ることもできます。

卵管癒着が起こる原因は不明な部分も多いです。しかし性感染症が原因で起こることも多いです。

特にクラミジアは感染すると子宮内膜から子宮内枠や卵管へと炎症を広げてしまいます。放置してしまい、悪化すると時に腹膜炎を起こすこともあります。クラミジアは自覚症状がないこともあるので注意が必要です。もしもクラミジアであると診断されたら、夫婦二人で治療を受けなければいけません。どちらか一方が完治しても、もう片方が治療しなければ性行為を行うたびに、お互いに感染し合うことになるからです。治療は比較的簡単で抗生物質を2週間ほど服用すれば治ります。

また子宮内膜症が卵管癒着につながることもあります。子宮は毎月受精卵を育てるために内膜を厚くして準備しています。そして受精卵が着床しなかった場合には、内膜が不要になるため体外に排出されて月経となります。しかし内膜が剥がれ落ちる途中で別の細胞にくっついてしまうとその部分の内膜が厚くなってしまいます。月経を繰り返すほどに内膜が厚くなっていきます。この結果、卵管癒着が起こることがあります。

卵管閉鎖とは

卵管閉鎖は2本ある卵管のうちのどちらか、もしくは両方が癒着している状態です。卵管は2本あるので、どちらか一方だけでも通っていれば自然妊娠できる可能性はありますが健常な時に比べてやはり妊娠の確率は低くなってしまいます。このため排卵鏡を使って治療を行うか、体外受精などに進むことがあります。

痙攣性卵管通過障害

ストレスで排卵ができなくなってしまうように極度に緊張状態が続いてしまうと、自律神経やホルモンバランスがくずれて卵管が癒着して卵子や精子が通過しにくくなるということがあります。

これは心因性の物なので、まずはストレスを取り除くことが先です。仕事が忙しすぎたり、人間関係で悩んでいたりするのが原因となりますしどうしても妊娠したいという気持ちもストレスになってしまいます。親からの「孫はまだ?」などの催促も原因になりがちです。薬による治療もできますが一番は落ち着ける環境を作ることですね。

不妊症の治療は先生との相性が大事/27歳A子さんの不妊治療体験から

20代前半で結婚し、特に避妊をしているわけでもなかったのに子供ができにくく、27歳になったときに婦人科を受診しました。

病院では「まだ年齢的にも若いし大丈夫」「妊娠する可能性が高い」と言っていたにも関わらず、いざ卵管造影検査をしてみると「これはめっちゃくちゃ詰まってるね」と面白そうに言い放ったのです。

悩んで悩んで不妊外来を受診したので、この言葉には強いショックを受けてしまいました。結局この言葉がきっかけで、不妊外来を変えることに。今は少し離れた違う不妊外来に通っていますが、とても先生との相性も良く安心して任せられるので変えてよかったです。やっぱり不妊症の治療は先生との相性が大事ですね。

頸管障害について

頸管粘液不全

頸管粘液は子宮頚部から分泌される粘液です。月経の周期にともなって量や性状が変化する性質を持っています。排卵期になると、頸管粘液は通常よりもたくさん分泌されるようになります。これは精子が子宮に進みやすくするためです。この頸管粘液が不足してしまうのが頸管粘液不全です。

ホルモンバランスの崩れ、頸管の炎症、精子膿症などが原因で起こるものでホルモン療法で治療することができます。

抗精子抗体

不妊で悩む女性のうち、数%の割合で見つかるものです。女性の血液の中に存在している抗体が精子に対してアレルギー反応を起こしてしまい子宮内に侵入しようとする精子が頸管内で殺されてしまうというものです。

抗精子抗体というのはまだまだ未知の部分が多いものです。コンドームを使ってセックスのタイミング法を行い半年ほどで改善することもあります。半年経っても改善が見られない場合には、人工授精や体外受精で不妊治療を行う方にシフトするか、免疫抑制剤を使ってアレルギー反応を抑える治療法を行います。免疫抑制剤は他の免疫作用にも影響しますので、慎重に検討しなければなりません。

実は抗精子抗体というのは男性にもまれに作られることがあります。これは外傷などが原因でできてしまうことがあり精子がつくられても抗精子抗体のせいで精子の運動力が全くありません。治療は困難なので、顕微授精などで受精させる不妊治療がメインになります。

目次 赤ちゃんがほしい。不妊の悩みを解決