【エステでアンダーヘア脱毛】ありがちな疑問まとめ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

費用、期間はどれくらいかかるの?

脱毛エステでアンダーヘア脱毛をする場合、その費用と期間がどの程度必要になるのか、クリニックとどちらかいいのかは気になる所でしょう。
まず、費用ですが全身脱毛の場合は脱毛エステで1年間の期間で平均15万円前後になります。
これは全身ですから、腕、足、脇、アンダーヘアなどを含めた体全体です。

アンダーヘア脱毛にこだわるのであればVIOのハイジニーナで1年6回で5~10万円が相場です。
ただしエステ脱毛の場合はフラッシュ脱毛になりますから、1年で脱毛が完了するわけではなく、数年単位での脱毛期間になります。
徐々に薄れていくというわけではなく、6回目~8回目を超えたあたりから薄くなります。

永久脱毛となれば数年の期間が必要になるというわけで、そこまで望まないのであればそこまで期間を必要としないでしょう。

逆にクリニックであれば、レーザー脱毛になりこちらのほうが効果は高くなります。
施術回数が少なくなりますので、コスパはクリニックの方が高いと言えるでしょう。
ただ、フラッシュ脱毛よりレーザー脱毛のほうが痛みを強く感じることがありますから、人によっては受け付けないという人もいるでしょう。

どちらにしても、エステ脱毛の場合は期間が長くなることと、VIOでもハイジニーナではなく、部位を限定すれば費用も抑えることができますから、学生などでも十分に脱毛にチャンレンジ出来ると言えます。
それでも回数は10回、15回という形でこなす必要があることは知っておいてください。

料金の高い・安いでなにが違う?

エステサロンで脱毛と一口に言っても、高級サロンから格安サロンまで色々あります。

料金の高い脱毛と安い脱毛、違いがあるのでしょうか?
あるとしたらどんな部分が違うのでしょうか?

まず一番気になるのが脱毛効果です

料金の違いで脱毛効果にも違いがあると困りますよね。
安いのは嬉しいけれど脱毛効果が薄いと意味がありません。
脱毛効果が高くても高額だと通えません。

率直に回答するなら基本的に脱毛効果に差はありません。
エステサロン各社によって脱毛器の名称は異なりますが実際の性能には大きな差はありません。
クリニックでのレーザー脱毛と違ってエステサロンの光脱毛器で照射できる光の強さには上限がありますから、大幅に変わることはありません。

では、なぜ値段が違うのか?これはエステサロンのサービス内容によるところが多いでしょう。

高級サロンではアロマオイルの香りが立ち込め、優雅な音楽が流れる清潔な個室で一人一人施術を受けることができます。
施術が始まる前のマッサージにも高級オイルが使われ、施術が終わった後の保湿ケアにも高級オイルが使われます。
担当のエステティシャンが一人一人、礼儀正しく丁寧に施術を行います。
客層は20代後半以降が多く会社帰りに立ち寄る人も多くなります。

対して格安サロンでは清潔ではありますがサロン自体の作りが簡素です。
個室ではなくカーテンで仕切られたスペースで施術を受けます。
施術するエステティシャンは流れ作業的になりますし、対応もフランクになります。
脱毛後にクールダウンはしてくれますが保湿ケアは自分でということもあります。
客層は10代~20代前半が多く、学生さんも多いです。

家庭用脱毛器と何が違うの?

脱毛エステも家庭用脱毛器も脱毛の基本は同じ仕組みです。
フラッシュと呼ばれる光を毛根に照射することで、毛乳頭にダメージを与えて脱毛を促進させていく方法です。
回数を重ねることで毛周期を的確に捉えて、無毛状態に近づけていきます。

では何が違うかというと照射するフラッシュの出力レベルが異なります。
家庭用脱毛器はあくまでも家庭用なので出力レベルは低めに抑えられていますが、脱毛エステでは家庭用よりも出力レベルが高いので効果も高くなります。

脱毛の仕組みだけでいうとこれだけの違いしかありませんが、個人が家庭で行う脱毛とエステで行うのとではマシンの性能以外にも違いは多くあります。
それはプロのエステティシャンによる施術が受けられることと、エステに特化しているので脱毛時に行う肌ケアなどのスキル、知識のレベルが違うことです。

高い料金を出して施術するわけですから、ある程度の付加価値がないと意味がありません。
付加価値のない脱毛エステなど逆に言うと役立たずなわけで、家庭用脱毛器を購入して自宅で処理すればいいという話になります。

逆に高いお金を出せないけど、毛抜きやカミソリでの処理ではなくしっかりと脱毛したいという人には家庭用脱毛器にメリットがあると言えるでしょう。
肌を正しくケアしてフラッシュを的確に操作すれば、脱毛エステレベルではなくてもそれなりにキレイな処理をすることは可能です。

脱毛エステにするか、家庭用脱毛器にするかの判断は、どこに重点を置いているかそれによって選択肢は自ずと決まってくるでしょう。

副作用や失敗の可能性は?

脱毛エステに通ってみたけど、思ったような脱毛効果が得られないなど納得できない結果になってしまう人もいます。
副作用や失敗について事前に知っておくことは、非常に重要です。
では、脱毛エステではどのような副作用や失敗があるのが見てみましょう。

効果が薄い

フラッシュ脱毛の場合、照射漏れを起こすこともあり2週間ほど経過しても、思ったほど毛が抜けない人がいます。
また照射が十分でも場合によっては抜けにくいこともあります。
そのような場合は、遠慮せずにエステ担当者に意見を言ってみてください。
ごまかしたり、有耶無耶な回答をするようであれば、契約を打ち切ることも検討しましょう。

時間がかかりすぎる

1回の処理ですべてをキレイに脱毛できるわけではありませんが、複数回の施術を受けてもしばらくすると太い毛が生えてきてしまい、おもったよりも時間が掛かる人もいます。
このケースについても照射漏れや体質などが関係していますので、エステで相談してみましょう。

肌荒れした

脱毛するということは毛穴に対してダメージを与えるわけですが、脱毛前後はしっかりと肌に対してケアをしなければ肌荒れする可能性は高くなります。
大事なのは脱毛後だけでなく脱毛前にもしっかりと保湿してスキンケアした方がいいでしょう。
キレイな脱毛を目指すのであれば、肌をいたわることも忘れてはいけません。
あまりにひどい症状の場合は、皮膚科で診断を受けることも検討しましょう。

痛くて我慢できない

アンダーヘアを脱毛する場合、Vラインは痛みがそれほどではなくてもIラインになると刺激を強く感じてしまう人がそこそこいます。
粘膜に近い場所であることから痛みを強く感じてしまうわけですが、そうならないためにも事前のキャンペーンなどで痛みのチェックをしておくといいでしょう。
どうしても我慢出来ない場合は、Iラインについては処理を諦めるなどの検討が必要になります。

どれくらい痛いの?一番痛い部分は?

脱毛エステで行うアンダーヘア脱毛はフラッシュ脱毛になりますから、痛みを感じることは殆どないと言い切れます。
顔、腕、足、アンダーヘアなど部位によっても肌の感じ方は異なりますが、フラッシュ脱毛の場合は光を照射していく形になりますので、痛いという感覚はどこの部位でも感じることはまずないでしょう。

ただし、アンダーヘア脱毛の場合は、VIOラインのうちIラインに関しては粘膜に近い部位になりますから刺激を一番強く感じる部分と言えますので、それなりに刺激があることを覚悟しなければいけません。

また、フラッシュ脱毛でも刺激が全くないわけではありません、刺激を具体的に例えると輪ゴムで弾かれたような感覚に近いです。
そのため人によってはそれを「痛み」だと感じてしまう人もいます。
フラッシュ脱毛で痛いと感じるようであれば、レーザーやニードルなど医療機関で行う脱毛法を試すことはオススメできません。

逆にクリニックなどで行うレーザー脱毛・ニードル脱毛に関して言えば、レーザー脱毛はそれなりの痛みを伴いますし、ニードル脱毛は脱毛法の中でも最も痛みを感じる脱毛法になります。

痛みを出来るだけ避けたいという人には、フラッシュ脱毛をオススメします。
レーザーやニードルでは確実に痛みを感じることになるからです。
そしてVIOラインでもVラインに限定して施術を始めるというのも、どのレベルの刺激があるのかを知るためには有効な方法です。

一度脱毛すると永久に生えてこないの?

いわゆる永久脱毛は永久に生えてこなくなるわけではありません。
フラッシュ、レーザー、ニードルなど各種の脱毛法による永久脱毛とは、数年などの一定期間において生えてこなくなることを意味しており、一生涯にわたって無毛という意味ではありません。

レーザーやニードルのように医療機関で行う脱毛に関しては、永久脱毛効果が強く表れるので長い期間に渡って無毛状態が継続すると言われています。
それでも100%確実に生えてこなくなるわけではなく、ホルモンバランスなどの身体内部の変化によって再び毛が生えてくることはあり得ます。

フラッシュ脱毛に関しては永久脱毛という言い方をせずに、不再生脱毛と言います。
永久脱毛と異なるのはフラッシュ脱毛の場合は1回あたりの効果がレーザーに比べると低くなるので回数をこなして不再生へと近づけていきます。

多くの人は脱毛後に再び生えてくることは殆どないと言われていますが、永久脱毛という言葉を信じ込むのはあまりよくありません。
ちょっとしたことで生えてくる可能性があるという認識を持っておきましょう。

この点については、脱毛エステで質問すれば的確に答えてくれると思います。
もし質問しても曖昧な回答しかしないような脱毛エステの場合は、信頼性が低いと言えます。
何事も包み隠さず話してくれるエステを選ばなければ、何がトラブルになった場合に正しくケアしてくれないリスクに直面することもあるからです。

肌が弱いけど脱毛できる?

脱毛エステでアンダーヘアを処理したいけど、肌が弱くて迷っている人はかなり多くいます。
そういった人はハサミなどでちょこちょこ切ったり、シェーバーで自己処理しているケースが多く、処理をミスって肌トラブルになってしまうこともあります。

脱毛に関して言えば、自己処理することが最も肌に良くないことだと思ってください。
脱毛エステは脱毛に関してプロのスキルを持っているだけでなく、エステとしての美肌スキルや専門の化粧品を使って処置してくれますので、個々の肌状態に合わせて適切な方法で脱毛を進めてくれます。

フラッシュ脱毛には出力レベルがありますから、そのレベルを下げたり保湿などの肌ケアを入念に行ってくれるなど肌の状態に合わせて無理のない脱毛になります。
そのためには事前に無料カウンセリングなどを受けて自分の肌状態をエステ側に知ってもらうこと、そして自分が脱毛に関してどう考えているかを話しましょう。
過去に患った肌トラブルなどを相談することで、脱毛によるトラブルを防ぐことになります。

高いお金を払って脱毛エステに通うわけですから、自分ではできない脱毛をしてもらいましょう。
相談するのは気が引けるとか、そういったことを考える必要はありません。
恥ずかしい、嫌がられる、なんてことを考えるのはお金を無駄にすることと等しいです。
自己処理して肌トラブルになるぐらいなら、脱毛エステを徹底的に利用しまくって払ったお金に見合うだけの脱毛結果を手にしましょう。

緊急です!1日でやってもらうことってできる?

結論からいうと無理です。

脱毛エステで受けるフラッシュ脱毛は複数回の施術を行って脱毛します。
しかし緊急で時間が無い人は1日でなんとか処理したいと思うこともあるでしょう。
フラッシュやレーザーのどちらにも言えることですが、脱毛処理によって毛が抜け落ちるタイミングは2回あります。

1回目は脱毛してすぐ、2回めは1~3週間経過したタイミングです。
それぞれ状態の変化を経て抜け落ちるわけですが、施術してすぐに抜け落ちる本数はそれほど多くはありません。
そのため、1日で脱毛を完了させることはできません。
ニードル脱毛のような毛穴にピンポイントで1回こっきりの処理方法であっても、その日のうちにすべてが抜け落ちることはありません。

どうしても急ぎでなんとかしたい場合は、脱毛エステを受けるよりはカミソリなどで自己処理するほうがいいかもしれません。
肌荒れ、カミソリ負けなどのリスクがありますが、短時間で処理できます。

Vラインなど簡単に処理できる部分をなんとか急ぎで処理したいのであれば、なるべく肌に刺激を与えないようにシェーバーなどを使って自己処理するのが早いでしょう。
つるつるにしたい場合は緊急での対応はかなり難しいと思ってください。
エステで体をマッサージしてもらうのに1日プランというのはありますが、脱毛を1日で終わらせる施術法は今のところありません。
アンダーヘアに限らずムダ毛処理を考えているのであれば、時間には余裕を持って処理することをおすすめします。