【エステでアンダーヘア脱毛】やってみたいけどなんだか恥ずかしい。どんな体勢で施術するの?

under-hair-datumou

アンダーヘア脱毛したいけど、剛毛を見られるのが恥ずかしくて…

脱毛したいけど、エステで剛毛を見られるのが恥ずかしいという理由で自己処理している女性は結構な人数がいると思われます。
同性が処理してくれるとはいっても、やはり恥ずかしいという感覚を捨てることは難しいようです。

そんな女性の多くはエステで処理するときに両足を広げて完全オープンで処理すると思っていることが多いのですが、実際には紙パンツを履いての処理になるので、全開になることはありません。
当然、ムダ毛を処理することになりますのである程度は見られることを覚悟しなければいけませんが、想像している以上に恥ずかしさというのはないでしょう。

むしろIラインに関しては、恥ずかしさよりも施術が始まったあとの刺激を我慢するほうが大変かもしれません。
Vラインはそれほど刺激を感じることはありませんが、Iラインは粘膜に近いことと敏感な部位になるために恥ずかしいどころではないというのが多くの人の体験談として耳にします。

恥ずかしいという感覚は当然のことですから、無料カウンセリングを受けてみてはどうでしょうか。
脱毛エステに関する疑問などを解消することも、恥ずかしさを乗り越える第一歩になります。
エステという独特の空間に対して抱いているイメージを、実際に目にすることによって敷居を低くすることにつながるといえます。
剛毛だから恥ずかしい気持ちと、剛毛のままでいいのか?という葛藤がある時点でどうすべきなのかは自分の中で答えが出ていると言っても過言ではないはずです。

施術中は陰部が丸見え?どんな姿勢で施術するの?

脱毛エステでアンダーヘアを脱毛するのが一番確実な方法だと分かっていても、躊躇してしまうのはやはり恥ずかしさがあるからでしょう。
施術するのはどんな姿勢なのか、陰部は丸見えになってしまうのかなど女性にとっては脱毛することよりも恥ずかしさのほうが上回ることもあります。

気になる施術の姿勢や服装についてですが、昔は大股開きのM字開脚で陰部が丸見えになっていましたが、最近ではそのような事は逆に珍しいことです。
施術に当たっては紙ショーツを履いて施術することになりますが、部位によって姿勢は以下のようになります。

アンダーヘア脱毛施術中の姿勢

Vライン

仰向けになって足をまっすぐ伸ばし、Vラインを施術していきます。
毛をかき分けながらの施術になるので、それほど恥ずかしいことはありません。

Iライン

仰向けになって片方の足を数字の「4」の字のように折り曲げます。
交互に足を折り曲げて「4」の字を作りながら、Iラインについて施術を施します。
紙ショーツを徐々にずらしながら施術しますので、丸見えになることはありません。

Oライン

うつ伏せになって足を延ばした状態で行います。
片方の手でお尻を広げながら、もう片方で脱毛処理を行います。
紙ショーツをずらして処理しますので、お尻の穴は見えますがOラインを綺麗にするためには仕方のないことです。

このように脱毛ラインの部位によって姿勢を変えながら行うのが最近の脱毛エステです。
大股開きで素っ裸というわけではありませんし、エステによってはガウンなどを貸し出されてそれを着たまま施術する場合もありますので、施術してもらおうと考えている脱毛エステに問い合わせてみるのがイイでしょう。

最初にきれいに剃った状態で施術するの?

アンダーヘアの脱毛も他の部分の脱毛と変わりません。
つまり脱毛の施術の前にはカミソリや電子シェーバーで毛を剃り落とさなければいけません。

ハイジニーナ(無毛)にするつもりでVIO脱毛を受けるのであればアンダーヘアをすべて剃り落としてしまうことに抵抗はないでしょう。
しかし毛の量を整えて薄くしたいというときでも最低数回は全剃りを行わなくてはいけません。

一番一般的なVIOラインではVライン上部とVラインサイドを脱毛し、毛の量を減らし、毛を細く柔らかくして小さめの逆三角形やオパール型に整え、IラインとOラインはキレイに脱毛するという人が多いです。

この「毛の量を減らして毛を細くする」ためには3回程度光を当てて毛母細胞に働きかける必要があります。
この施術のためにアンダーヘアの全剃りが必要になります。
3ヶ月おきに施術するとしたら9ヶ月間+生えそろうまでの期間はツルツル状態を繰り返すことになります。

ハイジニーナにするのであれば、そのまま継続して全剃りを行いますが3回程度光を当てると毛が細く柔らかくなってくるのでトライアングル部分に毛を残す予定の方は残したい部分以外を剃って施術を受けることになります。

9ヶ月の期間は定期的に全剃りで毛がなくなるわけですから彼氏がいる人は事前に相談しておく必要がありますし、この期間に温泉や海水浴に行く予定がある場合には他人に見られても恥ずかしくないようにスケジュールを調整する必要があるでしょう。

またVラインの処理は自分で行うことができますがIラインやOラインを電気シェーバーで自己処理するのはかなり難しいです。
直前に自己処理をして肌を傷つけてしまうと脱毛が受けられなくなる可能性があるため、IラインとOラインの自己処理はサロンでシェービングを受けるのが安心です。

アンダーヘア脱毛する前に彼氏に言っておいたほうがいいかな?

彼氏に「実は脱毛をしているの」って言いにくいことも多いですよね。
脱毛をしていることで本来は逆に毛深いと知られてしまうことも嫌ですし、「脱毛なんか高いんでしょ、無駄遣いして」と思われるのも嫌です。

しかしアンダーヘアの脱毛を彼氏に黙って行うのは難しいです。
両脇や膝下であれば脱毛の最中というのは気づかれないでしょう。
毛がある状態を見ていないわけですから、脱毛の前に剃っても脱毛処理をしてもらい、その後に毛が抜け落ちていてもまず気づかれることはないでしょう。

ところがアンダーヘアは目立ちます

アンダーヘアのトライアングル部分には一切手を加えない場合でもVライン上部やVラインサイドを脱毛すれば明らかに形が変わるわけですから、彼氏は「あれっ?」と思いますよね。
IラインやOラインも今まで毛があった部分がなくなれば「脱毛したの?」と気づかれてしまうでしょう。

トライアングル部分の毛量も減らすつもりであれば尚のことです。
脱毛をする際には一度アンダーヘアを全剃りする必要があります。
そして全剃りした部分に光を照射し毛の量を減らし薄くしていきます。
薄くするだけなら3回程度の施術ですが、期間は大体3ヶ月ごとに照射を行うため、トータルで9ヶ月+生えそろうまでの期間はいわゆるパイパン状態、無毛の状態が続くわけです。

いきなり彼女のあそこがツルツルになっていたらびっくりする男性もいるでしょう。
最終的にはトライアングル部分が小さくなって毛が生えそろうにせよ、一定期間は無毛な状態が続くわけですから、事前に彼氏の理解を得ておくのが良いですね。

OラインはツルツルにしたいがIラインは多少残すほうが自然?

アンダーヘア脱毛をする場合、どこまでキレイサッパリと脱毛すべきか悩むでしょう。
水着などを着るために脱毛するなら、Vラインを処理すれば問題ないわけですが、彼氏の目を気にするということであれば、VIOが気になってくるわけです。
しかしハイジニーナのように全部をツルツルにしてしまうのも、男性がドン引きする可能性が高くなりますので出来るだけ自然な感じにしたいですよね。

そこでより自然にするためには、Vラインは処理するとしてOラインはツルツルにしたいところです。
お尻の周りに毛が生えているなんていうのは、女性個人としても考えたくないですし、彼氏に見られるなんてもってのほかでしょう。
問題はIラインです、大陰唇の近くはどうしても自己処理が難しい場所になりますし、そこまでツルツルにするのもかえって不自然な感じがします。

全くの無毛にしたい!ということであればVIOすべてをツルツルにして、生まれたままの状態にしてしまうのもいいでしょうが、そういった人はあまり多くいません。
それにIラインはVOラインに比べると刺激を強く感じることも要因としてはあります。

自然に見せたいけどボーボーは嫌だ、という場合はVOだけを徹底的に処理して、Iラインについてはほどほどに処理するだけにしておくのもいいでしょう。
脱毛エステでは脱毛レベルについて相談できますので、自然な感じにしてほしいと言えばしっかりと話しを着てくれますし、その通りに施術してくれます。
恥ずかしがらずに相談することを躊躇わないようにしましょう。