アンダーヘア処理後のチクチクってなんとかならないの?歩くと痛い!

1-tiku

どんなにかわいい下着をつけていても陰毛がはみ出ていたら台無し

どれだけ可愛い下着をつけていても陰毛がはみ出ていたら台無しですね。
どんなにキレイでスタイルの良い女の子でも下着姿で彼氏の前に立ったときに、陰毛がはみ出ていたら男性もびっくりしてしまうでしょうし、気持ちも一気に萎えてしまいます。

マニアックな一部の趣味を持った男性を除いてほとんどの男性は女性に「夢」を抱いています。

「別にアンダーヘアは処理しなくてもいいでしょ」なんて言っている男性も下着からはみ出るほどアンダーヘアがボーボーのジャングル状態となれば「夢」は粉々に砕け散ってしまうでしょう。

男性が思う女性の自然な陰毛というのはヘアヌード写真集で見るようなイメージです。がしかし、あれは人工的に整えたいわば「不自然なもの」ばかりです。
それを見て「処理は必要ない」「自然なままでいい」と言っているに過ぎないのです。

はみ出すアンダーヘアは処理するのがマナーです

下着からはみ出る部分のアンダーヘアは処理するのがマナーです。
可愛い下着をつけていても、ちょろりと陰毛がはみ出ていれば、男性はそこにばかりに視線が行ってしまうからです。

小さめの下着が好きな人
陰毛が濃い人

頻繁に彼氏の前で下着姿を披露する女性は、アンダーヘアはサロンできちんと処理するのが望ましいです。

サロンやクリニックでの処理は「やりすぎない」ように見せることができます。
あくまでナチュラルに生えているように見せることができます。
VIO脱毛というと不自然な感じになってしまうのではないか?と思うのは大きな間違いです。
全体的に薄くしたり、形を整えて自然に見せることができますから自分で処理するよりもずっと見栄えが良くなりますよ。

【歩くと痛い】アンダーヘア処理後のチクチクってなんとかならないの?

処理をしたあとに、肌がチクチクしてしまうのは眼には見えない細かい傷が肌についているからです。

処理をしたあとにこうした痛みやかゆみを感じる場合には自己処理を続けるのは危険ですから、すぐに処理を中止してください。

性器というのはとてもデリケートな部分です。
赤ちゃんを育むための大事な器官です。
アンダーヘアの間違った自己処理は肌荒れだけではなく、性感染症のリスクなども高め、一つ間違うと不妊症にもつながる可能性があります。

あなたはデリケートな赤ちゃんの肌にカミソリを当てられますか?
性器周辺の肌というのはそれくらいデリケートな部分です。
本来カミソリで足のムダ毛のように処理して良い場所ではないのです。
まずは処理を中止して、肌をしっかり休ませましょう。

チクチク対策には最低でもヒートカッターを用意しょう

アンダーヘアの処理を自分でする場合には、最低でもヒートカッターを用意してください。
熱によって毛を焼き切るアイテムで、通信販売などで購入できます。
カミソリと違って肌を傷つけずに優しくアンダーヘアを処理できますし、生えてくる毛の毛先も丸くなるので、生えてきたときに擦れてチクチクすることもありません。

定期的に処理をするという方はエステやクリニックでの脱毛を検討しましょう。
ヒートカッターを使っていても毎回自己処理をするというのはやはり肌への負担がかかりますし、手元が狂って肌に傷をつけてしまうこともあります。

プロによる施術で、きちんと処理を行えば自己処理をせずに済むようになります。
何度か通う必要はありますが、自己処理をこの先何十年も続けるよりはよほど安心ですし手間がかからない確実な方法です。

Vゾーンを小さくしたい。青剃り跡が残らない方法ってある?

アンダーヘアは毛が太いです。
髪の毛はネコ毛で細いという人でも、アンダーヘアは髪の毛に比べてしっかりと太く、硬いのが普通です。

髭の濃い男性が、カミソリで髭を処理しても髭のあたりが青っぽく残ってしまうのと一緒で、アンダーヘアが濃い人はカミソリで処理をすると肌の奥に残った毛が目立って青剃り跡となってしまいます。

青剃り跡を残さずに自己処理する方法というのは残念ながら多くありません。
毛抜きで抜けば、毛根の奥から毛を引き抜くことができるので青剃りあとにはなりません。

しかし太くしっかり生えているアンダーヘアを1本1本毛抜きで抜くというのは拷問に等しい行為です。
かなりの痛みと苦痛を伴いますし、肌へのダメージも深刻です。
絶対に避けるようにしてください。

青剃り跡がどうしても気になるならエステやクリニックで脱毛しよう

青剃り跡が残ってしまうという方の場合にはエステやクリニックでの脱毛がおすすめです。

光を照射して毛母細胞を破壊するため数日後に毛がするっと抜けて毛穴には何も残りません。
このため処理をしてから数日後には肌がツルツルの状態になります。

次に生えてくる毛はダメージを負った毛母細胞から生えてくるので前よりも細く、弱々しい毛になります。
繰り返すことでどんどん毛は細くなり、最終的には毛母細胞が毛を作る力を失って毛が生えてこなくなります。

こうなれば毛穴は空洞になるので自然に引き締まり青剃りのようなあとは一切残りません。
生まれつきVゾーンが小さい、ナチュラルな状態を作り出すことができるのです。

自己処理したあとの肌が気に入らないならプロによる施術がおすすめですね。

ナプキンが当あたる部分の毛を全部脱毛しようか悩む

生理のとき、経血がアンダーヘアに付着すると不衛生ですよね。
アンダーヘアが密集していると通気性が悪くなり、生理独特の不快な臭いやかぶれ、かゆみなどにつながることがあります。

トイレのシャワーなどを使って洗い流すこともできますが出先では携帯用ビデを持ち歩く必要があったり、衛生的に保つのは厳しいですし、手間がかかります。
毎月生理になるたびに不愉快な気持ちを抱えている人も多いですよね。

そこでナプキンを当てる部分の毛を全部脱毛しようかと悩まれる方も多いようです。
パッと見た時に正面になるVラインは残しつつIラインとOラインの部分だけを脱毛するという方法です。
ハイジニーナ脱毛とは違って、脱毛していることは見た目にはわかりません。

エステやクリニックで相談してみよう

IラインやOラインの脱毛を自分で行うのは難しいです。
1回きりであれば物理的には可能かもしれませんが定期的に自分で行うのはとても困難です。

また生理に併せて、その部分の毛を処理しようとすれば生理前のデリケートな肌にカミソリを当てることにもなります。
肌トラブルの原因につながるのは明らかでしょう。
万が一傷ができてしまえば、そこから雑菌が入ることも考えられます。

エステやクリニックでは必要な部分だけを脱毛することができます。
エステサロンでVIO脱毛をしたからと言って全くの無毛にされるわけではありません。
必ずあなたの希望に沿った形で処理を行ってくれます。

生理の時にナプキンでかぶれないようにナプキンに触れる部分だけを脱毛したいという希望も叶えてくれます。
暫くの間は定期的に通う必要がありますが、脱毛の処理をしてしまえば自己処理も不要になるため肌トラブルも回避することができるでしょう。