【太らないプロテイン】プロテインダイエットは効果があるの?

1-purotein

プロテインってなに?筋肉がつくイメージあるけど・・・

プロテインというと筋肉ムキムキの人がトレーニングジムなどに通いながら、摂取してるイメージが強いと思いますが、実際のプロテインは筋肉が付くこととは関係のないものになっています。プロテインとは日本語でいうと「タンパク質」ですから、そしてプロテインのカロリーはかなり抑さえられているので太りにくいと言われています。

プロテインの多くは牛乳に含まれているタンパク質の一部を粉末状にしたもので、豊富なアミノ酸が含まれています。どうもプロテインというと化学合成された成分で、飲むと筋肉ムキムキになるイメージがあるのですが、それは完全にまちがっています。どうしてそのようなイメージになったかというと、プロテインに含まれているアミノ酸は筋肉を鍛えるのに必要なものが多く含まれているおり、ボディビルダーなどがプロテインを常飲するようになったのがきっかけだと言われています。

プロテインはただのタンパク質ですから、飲んだだけでは筋肉はつきません。プロテインを飲んだうえで、筋肉がつくようなトレーニングをすることでプロテインで摂取したアミノ酸が筋肉の一部に取り込まれるのです。ですから、単純にプロテインを飲んでいるだけでは、牛乳を飲んでいるのと大差ありません。

あくまでもタンパク質の補助食品という位置づけで、もっと言うと子供が飲んでも全く問題はありません。カロリーが抑えられているという点で、牛乳や他の食事でのタンパク質摂取よりも太りにくいとされているのです。

プロテインダイエットは効果があるの?

プロテインはカロリーが抑えられたタンパク質なので、正しい飲み方をすれば非常に有効なダイエット効果を得ることが出来ます。プロテインダイエットを行うのであれば、注意事項は同時に肉などの脂肪を摂取してしまうことにあります。プロテインを摂取する場合は、豆腐や豆類などを合わせて食べるようにすれば、余計な脂質を摂取することを避けることが出来ます。

プロテインは粉末状のものと、ドリンクタイプのものがあります。ドリンクタイプのものは食事と置き換えて飲むことになりますので、摂取時のカロリーが抑えられることからダイエット効果があります。また、プロテインには痛めた筋肉の修復などに必要な栄養素が含まれているので、筋肉を修復しながらカロリーを消費できますので、体脂肪燃焼に繋がります。

食事と一緒にプロテインを摂る場合は、食事の量を全体の3割程度にすることでカロリー摂取が減少傾向になりますので、必然的にダイエットできます。カロリーは抑えられているものの、プロテインで必要な栄養素は補えているので健康的に体を絞ることが出来ます。

プロテインでダイエットする場合は、脂質の摂取に注意することも大事ですが、栄養素のバランスに注意しなければなりません。プロテインだけを摂取すればダイエット効果は抜群になりますが、その場合はプロテインに飲み含まれた栄養素しか摂取できなくなります。そのため、他の栄養素を一緒に摂取することを意識しましょう。

プロテインで太った?飲み方が間違ってるかも

プロテインはカロリーが抑えられていて、効果的にダイエットできます。しかしプロテインでも間違った飲み方をすれば太ってしまいます。痩せるはずが逆に太ってしまった人の原因を調べてみましたので、これからプロテインを使って太らないようにしようと考えている人は、是非参考にしてください。

リバウンドしてしまった

プロテインを食事と置き換えた生活をすることで確実にダイエットできましたが、目標を達成した後に普通の食事に戻した際に、一気にリバウンドしてしまい逆に太ってしまいました。

プロテインと普通の食事を併用した

プロテインはカロリーが抑えられているので、それだけであれば痩せて行きます。しかしプロテインで小腹を満たした状態で、普通の食事を摂取してしまうと明らかなカロリーオーバーになってしまい、太ってしまいます。プロテインを摂取していれば痩せるわけではありません。

このようにプロテインを摂取していても太ってしまうことがあります。共通することはプロテインだけではお腹が空いてしまうことにプラスして、普通の食事をしてしまうことです。これでは何のためにプロテインでカロリーを抑えたのか分からなくなります。

リバウンドした事例ではプロテインの置き換えダイエットをしてストレスが溜まり、ダイエットを辞めた後に食べ過ぎてしまったというものです。これはストレスをためるようなダイエットにしたのが問題ですから、プロテインだけでなくバランスの良い食事をすることでダイエット後の過食を押さえることが出来ます。

カロリーの低いプロテインだからこそ、全体の食事バランスを調節しながら必要な栄養素を摂取して太りにくい状態を維持しなければいけません。

体型を気にする女性に人気の太らないプロテインはコレ!

スーパーフードプロテインパウダー

プロテインの中でも優れた食材を配合した商品がいくつかあります。その中でもスーパーフードプロテインパウダーはスーパーフードと呼ばれる栄養価の高い食材を使っています。

ベースとなるプロテインはソイプロテインと言われるもので、大豆をベースにしたプロテインです。大豆タンパク質が多く含まれていることと、イソフラボンが豊富なので女性の体調などをサポートするのに最適なプロテインとなっています。通常の食事ではなかなか摂取できない必須アミノ酸がバランスよく含まれていて、補助食品として太りにくい体を作るのに最適と言えます。

また、3つのスーパーフードを使ったラインアップになっています。その3つとはマキベリー、カカオ、アサイーです。

マキベリーには8種類のアントシアニンが含まれているだけでなく、ビタミンC、鉄分、カリウムなどのミネラルも豊富なので果物の中でも最高レベルの食材となっています。

カカオにはポリフェノールが含まれていることで有名ですが、このポリフェノールは抗酸化作用とストレス抑制作用がありますので健康になるとともに太る原因となるストレスを解消できます。

アサイーはワインなどに含まれているポリフェノールや、鉄分、食物繊維、カルシウム、各種ビタミン、アミノ酸、必須脂肪酸など様々な栄養素が含まれていて、まさにスーパーフードの名に相応しいと言えます。中でもポリフェノールは赤ワインの20倍以上も含まれているので、抗酸化作用とともにストレス解消に役立つでしょう。

このようにスーパーフードプロテインパウダーは、必須栄養素を豊富に含み、太りにくい体質を維持するためのプロテインとして開発されています。今なら送料無料でお得な割引のついた価格で購入することが出来ます。

マイクロダイエット

マイクロダイエットはプロテインの中でもダイエットに着目した商品で、1食分当たりのカロリーは174キロカロリーとなっているので、ダイエットを目指す人にとっては太らないプロテインとして愛用されています。

通常、プロテインだけを摂取するとカロリーは抑えられているものの、必要な栄養素がバランスよく摂取できないというデメリットがありました。しかしマイクロダイエットは50種類以上の栄養素を配合しているので、食事をマイクロダイエットに置き換えても栄養素が極端に不足することはありません。含まれている栄養素はビタミンはもちろんですが、カリウムやマグネシウム、カルシウムなどの体の形成に欠かせないミネラルも豊富に含まれています。

これらの栄養素を普通の食事で摂取しようとすれば、1200キロカロリー以上の食事に相当することになりますので、どれだけ素晴らしいかが分かります。1200キロカロリーというと女性が1日に必要なカロリーの6割近くになりますから、それが174キロカロリーで摂取できるというのは驚きでしょう。

また各種栄養素に加えて、必須アミノ酸、タンパク質、食物繊維なども豊富に含まれているのでダイエット目的で摂取しても健康を損なうことはありません。それどころか体の内側から綺麗にするような働きがあると言えます。

プロテインは味が美味しくなくて飲みにくいと思っている人もいるでしょうが、マイクロダイエットは抹茶、ストロベリー、ココアの3つの味が楽しめます。そして今なら初回限定で61%オフになる1500円で購入することが出来ます。

プチシェイク

プロテインというと美味しくなくて飲みにくいというイメージがありませんか?プチシェイクはシェイク状になっていて、しかもストロベリー、ピーチ、マスカット、4種のベリー、トロピカルミックス味がありますので、飲みやすく美味しいのが特徴です。

摂取の仕方は1食分を置き換える方法がオススメです。置き換えることでカロリーを控えることが出来ます、通常1食は500~600キロカロリーですが、プチシェイクにすることで150キロカロリーまで抑えることが出来ます。この差は非常に大きく、運動量に換算すると大変な熱量になります。

プロテインというとタンパク質は含まれているのに栄養素が少なく、置き換えてしまうと必要な栄養素が不足してしまい健康に悪影響があるイメージがありませんか?でもプチシェイクは1日の30%に相当する栄養素を含んでいますので、カロリーを抑えて太らない状態にしつつも栄養バランスを保つことが出来ます。

フルーツ味なので食べるのが楽しくなりますし、1食あたりの価格も200円以下なので経済的にも負担は軽くなります。普通に昼食を食べるとなればお弁当でも500円以上しますので、それと比べれば格安料金だと言えるでしょう。

ダイエットを目的とする人向けのプロテインというだけでなく、太りたくない人や健康を維持したい人にもオススメできるプロテインと言えます。続けることが難しいと言われているプロテインですが、プチシェイクであれば味、価格、栄養面などから見ても継続できる仕組みになっています。