【おりもの 臭いと色】おりもので体調判定カラーパレット

おりものの色で判定!カラーパレット

【おりものが臭う】においが気になって恋愛に積極的になれない

おりものがくさいおりものは無臭、もしくは少しすっぱいような臭いがします。臭いが強い場合には、おりものシートを使用してこまめに変えたり通気性がよくムレにくい下着を着用することで改善できます。

しかしそういった対処をしてもまだ臭いが気になる場合には膣内環境が悪化している可能性があります。例えば性感染症は性交渉をしていなくてもなることがあります。ストレスや体力の低下、免疫力の低下でかかることもあります。まれに公衆トイレなどから感染することも考えられます。心当たりがなくても、性病になっている可能性があり放置すると不妊症につながってしまいます。何か病気が隠れているかもしれませんから、恥ずかしい、このくらいでと考えずに速やかに病院を受診してください。

【おりものが臭う】陰部がくさいかも。彼氏にバレないか心配

陰部の臭いというのは、なかなか誰にも相談することができないものですよね。親しい友人だからと言って、「あそこの臭いが気になる」なんて相談できないものですし相談されたからと言って適切なアドバイスがもらえるケースも少ないでしょう。

特に心配になるのが彼氏にバレないかどうかだと思います。性交渉のときに「臭い」って思われたら…と考えると、好きだからこそ相手との関係に踏み出せなくなってしまったり、消極的になってしまうでしょう。

陰部の臭いが気になるときには通気性の良い下着、おりものシートで対策しましょう。また膣内洗浄薬というものも発売されています。これは医学的にも安全な成分でできています。シャワーや石鹸を使って膣内を念入りに洗浄すると、本来体を守るための常在菌まで洗い流してしまい、性感染症などに感染しやすくなってしまいます。臭いが気になるようなら試してみましょう。

orimono3

【おりもの 臭い】魚のような生臭いおりもの

おりものが多少臭いがするのは問題ありません。ホルモンバランスでおりものの量が臭いが変化するのは普通のことなのです。

しかし、おりものの臭いが「魚くさい」「生臭い」場合は細菌性膣炎の可能性があります。これは雑菌が膣内に入ることで炎症を起こす症状です。風邪を引いてしまったり、ストレスや疲労困憊などで免疫力が低下してしまったり膣内を洗浄しすぎることで常在菌が洗い流されてしまい、かかることがあります。

細菌性膣炎は一般的な性感染症とは違います。かえって清潔にしようとすることが悪循環になることがあります。婦人科を受診して治療を受けましょう。また細菌性膣炎は再発がしやすい病気です。膣の洗い方を見直すなど予防をすることが大事です。

【おりもの 臭い】チーズのようなにおいのおりもの

おりものは膣内の状態やホルモンバランスの状態を反映します。臭いが強い、大量に出過ぎる、かゆみがあるなどは要注意のサインです。

おりものがほんのりチーズのような、すっぱいような臭いがするのは乳酸菌のにおいなので、問題ありません。これは普通のおりものなので気にする必要はありません。しかし、おりものが明らかに臭い、腐ったチーズのような臭い、硫黄臭の場合にはカンジダ膣炎や細菌性膣炎に感染している可能性が高いです。

これらは性交渉の有無と関係なくなることがあります。どちらも疲れやストレスで免疫力が落ちたり、膣内を清潔にしようと石鹸で洗いすぎたり、トイレで温水洗浄をしすぎたことなどが原因です。放置したまま悪化させてしまうと不妊症の原因にもなってしまいます。婦人科を受診して治療を受け、日頃から免疫力を高めるようにしましょう。

【おりもの 臭い】すっぱいにおいのおりもの

おりもの出るのは健康な女性なら当たり前のことです。蒸れやすい夏場や生理の前などは臭いが強くなります。また空気に触れると酸化するので、下着を嗅ぐと少しすっぱい臭いがします。これは病気ではありません。

しかし今までよりも強く臭った場合や性交渉を持ったあとに臭うようになった場合には性病に感染した可能性があります。カンジダ膣炎は性交渉がなくても免疫力が低下すれば掛かる病気です。おりものの臭いが強くなることがあります。淋病やトリコモナス膣炎など様々な性感染症でおりものの変化があります。

性病に感染すると大体おりものに異常が出ます。病院に行くのは恥ずかしかったり忙しかったりするかもしれませんが症状が当てはまったら悪化する前に病院へ行きましょう。

【おりもの 臭い】甘くていいにおいのおりもの

おりものの臭いがほんのり甘くていいにおいだと感じるならそれは特に問題がなく健康な証拠です。おりものの形状や色、臭いには個人差があり、ほんのりいい匂いがする原因は良性の乳酸菌がグリコーゲンを材料として乳酸を作ったからで膣内が酸性になっているからです。膣内が酸性に傾いているとき、細菌の繁殖が抑えられるのです。

基本的に要注意なのは悪臭がする時です。腐敗臭のような臭い、強くすっぱい臭い、きつい臭いがするときには何らかのトラブルが子宮や膣内で起きていると考えられます。おりものの臭いを確認するのは健康管理のために悪いことではありません。日頃から自分のおりものがどんな風に変化しているのかどんな臭いをするのかを把握しておくことで、すぐに異変に気付くことができるからです。

おりもの色カラーパレット

【おりもの 色】白いおりもの

白いおりものが出るのは普通です。かゆみがない、塊がない白い色をしているなら健康な証拠なので安心です。女性の身体が排卵日に向かってホルモンの量が変化します。おりものは排卵日が近くなるとやや白味がかってきます。

ただし、白いおりものが酒粕やカッテージチーズのようにベタベタしている時には膣カンジダである可能性があります。カンジダというと不特定多数の相手と性交渉をしたときになる性感染症のように扱われることがありますが女性の2割が経験している病気で、免疫力の低下が原因になることが多いです。カンジダ菌はもともと女性の膣内に存在しています。しかし健康な時には抵抗力があるため過剰に増殖することはありません。ストレスや疲労で免疫力が低下すると増殖してしまうのです。

【おりもの 色】黄色いおりもの

健康な人のおりものは白い~透明な色をしています。ただし下着に付着するとたんぱく質が固まって黄色っぽくなります。下着が黄ばみやすいという場合には、パンティライナーを使って対処してください。

いつもと明らかに違う、はっきり黄色くなったおりものが出た場合には何らかの子宮や膣内に何らかの異変が起きているサインです。黄色いおりものになるのはクラミジア感染症、子宮内膜炎、卵管炎、淋病、トリコモナス膣炎などが考えられます。またタンポンやコンドームを入れっぱなしにしてしまった場合にも雑菌が繁殖して黄色いおりものになることがあります。

いずれも放置してしまうと不妊症などにつながります。黄色いおりものが出たらできるだけ早く婦人科を受診して検査を受けるようにしましょう。

【おりもの 色】緑色のおりもの

おりものが黄緑~緑色をしている場合には性感染症の疑いがあります。

性病の時に出るおりものの色はさまざまですがもし泡状の粘液性のおりものが出た場合にはトリコモナス膣炎の可能性があります。外陰や膣にかゆみがあったり性交痛、排尿時痛などがある場合には速やかにトリコモナス膣炎の検査をしに婦人科を受診しましょう。

おりものが膿のような色や悪臭を伴う場合には淋病の可能性があります。淋病は淋菌によって起こる病気で性交渉によって人から人へ感染します。おりものが増加、陰部の痒みなどを伴うことがあります。進行すると子宮頸管炎や卵管炎、卵管狭窄、卵管閉鎖などを起こし不妊症や子宮外妊娠の原因になります。性感染症はパートナーにもうつります。すでに感染している可能性もあるので二人で一緒に治療してください。

【おりもの 色】茶褐色のおりもの

茶褐色のおりものが出た場合、血液が混ざっている可能性が高いです。確認したいのが、正常な出血か、要注意が必要な出血かということです。例えば月経の直前や月経の直後に茶褐色のおりものが出るのは正常な範囲内です。また排卵日出血や激しい運動をしたあとに茶褐色のおりものが出るのも問題ありません。

しかし数日たっても茶褐色のおりものが治らない時や、あきらかに血の量が増えている場合、悪臭を伴う場合には子宮頸がんや子宮体がん、非特異性膣炎、委縮性膣炎などが隠れているかもしれません。特に子宮頸がんは20代後半から30代の若い女性に見られるがんです。放置しておくと命にかかわる病ですから婦人科で子宮がん検診を受けましょう。

自治体によっては年に1回、無料で子宮がん検診が受ける制度を設けているところもあります。定期的に子宮がん検診を受ける習慣を付けておきましょう。

【おりもの 色】ピンク色のおりもの

おりものが薄いピンク色の場合、血液が混ざっていると考えられます。なぜ血液が混ざっているのか、可能性はいくつかあります。

排卵出血

排卵日の前後に出血が起こるものです。排卵時に卵子が放出されて卵巣の表面が敗れることで起こります。この出血がおりものに混ざりピンク色になることがあります。

ストレス

強いストレスを感じると不正出血が起こることがあります。この出血がおりものに血が混ざってピンク色になった可能性があります。

上記二つの場合には健康に問題はありません。ただし長くピンク色のおりものが続く場合には子宮頸がん、子宮体がん、子宮頸管ポリープ、委縮性膣炎などが考えられます。またピンク色のおりものには妊娠の時の着床出血も考えられます。ピンク色のおりものが長く続いた、避妊なしの性交渉をした場合には婦人科を受診して下さい。

【おりもの 色】透明のおりもの

おりものの様子は28日周期で変化します。健康な女性のおりものは透明~白色をしていて無臭です。透明なおりものが多めに出て、そのおりものを指にとって伸ばすと10㎝くらい伸びるとき、これは排卵日の可能性が高いです。

おりものには精子と卵子が受精するのを助ける働きがあります。このため排卵日付近には多めに作られるようにできているのです。量が気になる場合には市販のおりものシートで対処しましょう。

しかし月経のサイクルに合わない、大量のおりものが出る時や嫌な臭いがするときには子宮のトラブルが起きている可能性があります。おりものは子宮、膣の健康状態を見るバロメータの役割を果たします。今までと何かがおかしい、違う、変だと思った場合には婦人科を受診する習慣を付けましょう。

おりものの臭いを消すアイテム

【アンボーテ】フェミニーナウォッシュ

【アンボーテ】フェミニーナウォッシュ【アンボーテ】フェミニーナウォッシュは女性のデリケートゾーンの臭いを消すための石鹸です。柿エキス、ガリガバラの花弁やつぼみから採取したエキス、アロエベラの葉のエキスなどが使われています。配合成分はすべて植物由来で赤ちゃんに使えるほど低刺激なのでデリケートな部分の洗浄にピッタリです。勿論、国内栽培&生産でオーガニック認証も取得しています。

デリケートゾーンの洗浄はなかなか難しいものです。子供の頃に親から習った程度ですよね。テレビでは洗顔方法などの美容情報やがん予防などの健康情報は頻繁に扱われるのに、デリケートゾーンの取り扱いにはほとんど触れません。このため間違ったセルフケアをしている女性が多いのです。おりものだけではなく、デリケートゾーン全体の臭いを解決してくれるので臭いが気になる方は試してみて下さい。

ジャムウハーバルソープ&デリケートパック

ジャムウハーバルソープ&デリケートパックジャムウハーバルソープ&デリケートパックはデリケートゾーンの消臭ができる石鹸とパックがセットになったものです。インドネシアのジャウム・ハーブを使って作られたもので、おりものの臭いがさっぱりとして、引き締め効果があると言われています。いわゆるラブコスメに分類されるものですが、ツボクサエキス、レモングラスエキス、ラベンダー花エキスと肌に優しい成分で作られており、デリケートゾーンのケアがまとめて手に入ります。

まずお風呂で、ソープを使ってデリケートゾーンを洗ったらパック用のジェルを指にとって3分間パックします。ちょっと手間はかかりますが、かなり消臭効果が高いのでデートの前などスポット的に利用するのも良いですね。

フロプリー

フロプリーフロプリーはサプリメントとボディーソープがセットになったデリケートゾーンの臭いをケアできる商品です。石鹸にはカキタンニン、シメン5オールなどの消臭成分が配合されサプリメントにはクランベリー、プエラリアミリフィカ、エキナセアエキスなど女性に嬉しい成分が配合されています。

嬉しいのが60日間の返金保証が付いているという点です。デリケートゾーンの臭い対策ができる商品はどれも価格が高めです。若い方にとって5000円を超える商品を気軽に試すというのは難しいですよね。しかも継続して長く使わないといけないものなので。でも返金保証が付いているので合わない、効果がないと思ったら返金できるのはメリットが大きいですね。デリケートゾーンの臭いに悩んでいるなら試してみてはいかがでしょうか?

インクリア

インクリアインクリアは臭い・おりもの対策膣内洗浄ジェルです。産婦人科医と共同開発した専門医薬品なので不快なおりものの臭いを物理的に洗い流してすっきりさせてくれます。

膣内を自分で洗浄するのは難しいです。石鹸を付けて内部を洗えば、石鹸が常在菌まで洗い流してしまい雑菌が繁殖しやすくなり逆に不衛生になってしまいます。石鹸を使わずに指だけで洗浄しようとすれば、乾燥している膣内を傷つけてしまうこともあります。

使い方はタンポンと同じ要領でさっと膣内にジェルを注入するだけととっても簡単。しかも即効性が高く持続性もあります。ジェルは人体にまったく害のない成分なので生理前や生理後にも使えます。小さいのでポーチに入れて持ち運べるので学校でも会社でも臭いが気になったときにさっと使えて便利です。カンジダ膣炎を繰り返している人にも予防策としておすすめです。

おりものの悩みを解決する記事