探偵に浮気調査を依頼するベストなタイミングとは?自分だけではもう無理!

annke-to2

これがないと浮気の証拠と呼べない。法的に効力のある浮気の証拠とは?

浮気の証拠を掴もうと個人で出来ることは沢山あります。
しかし個人で手にした証拠の大半は法的効力のあり証拠となりません。
何故かというと浮気を法的に認めさせるためには不貞行為があったことを、証明できなければならないからです。

例えば、メールで食事に行った美味しかった、また誘うよと言った内容のメールでは不貞行為をしているとは認められません。
問い詰めても「していない」と言えばそれまでです。
LINEで頻繁に連絡を取っていたとしても、何の証拠にもなりません。
ホテルの領収書が出てきたり、旅行に行ったときのガソリン給油のレシートがあっても不貞をしたとは限りませんから法的効力はありません。

ではどのような証拠が法的効力があるかというと、ラブホテルに二人で入って行く、または出てくる現場を押さえた写真が最も効力があります。
そのような証拠を個人が掴もうとするのはリスクがありますし、難しいです。
法的効力がなくても本人が不貞を認めれば、それでいいのですが裁判になるようなケースの場合は簡単には認めまない男ばかりです。

現場写真を押さえるのは個人ではバレてしまうリスクもありますので、専門家に依頼するのが最も効率的で安全です。
費用は掛かってしまいますが、確実に証拠を押さえてくれます。
慰謝料をしっかりと取って妻としてのプライドを守りたい、という場合は簡単な証拠の積み上げを自分で行ってから興信所、探偵などの専門家に内容を相談してみましょう。

尾行とか写真撮影とかは私には無理。探偵に頼むべきかな?

法的拘束力のある浮気の証拠を押さえるためには

  • 尾行し密会している写真
  • ホテルに入って行く写真
  • ホテルから出てくる写真

などが必要になってきます。

つまり旦那の不貞行為を確実にするための証拠が現場写真になるからです。
貴女が尾行して写真を撮影するというのは無理があります。
何より女性と会っている現場まで尾行できたとしても、精神的な動揺を隠せずにそのまま帰宅してしまう可能性が高くなり決定的な写真を撮れないこともあります。

それに写真を取るとなれば長時間の我慢比べのようになりますので、どうしても旦那の近くで張り込み続けることになり顔が割れている貴女では不利になってしまいます。
そんな場合は、探偵、興信所などに浮気を疑っていることを相談し、決定的な写真を取ってもらうように依頼した方が良いです。

そのためには、旦那さんの行動パターン、浮気が疑われる詳細な理由や貴女が集めた証拠類などが必要になります。
探偵はそれらの情報から追跡が可能かどうかを判断し、依頼を受けるかを決めます。
それらの情報が無い場合は、まず情報収集から始めることになります。

相手はプロですので、殆どの場合で決定的な証拠を掴んでくれます。
言い逃れできない証拠を手にすれば、言い訳の上手い旦那さんであってもお手上げです。
裁判になっても不貞行為を認められる証拠となるので旦那さんに勝ち目はありません。
浮気が確定するのが怖いと思っているなら、調査依頼はオススメしません。
何故ならば現場写真を見て泣き崩れ精神的にダメージを受けるケースも中にはあるからです。

探偵に浮気調査を依頼するベストなタイミングとは?

探偵に浮気調査を依頼するにはいくつかのタイミングがあります。
そのタイミングによってかかる費用や時間が変わってきますので、ご自身の状況に応じてどのタイミングで依頼するかを決めましょう。

浮気の兆候があってすぐに依頼する

旦那や彼氏に浮気と思われる兆候があってすぐのタイミングで依頼します。
これは離婚を迫るためではなく、関係を回復させる目的の場合が多いでしょう。
自分で調べるにしても方法が分からないけど、何とかして直ぐに解決したい
と考えている人が取るタイミングです。

自分である程度調べてから依頼する

自分でパートナーの行動記録を取り、怪しい行動をする曜日や傾向を掴み
携帯やレシートなどの証拠をある程度押さえた状態で依頼します。
情報が多ければ多いほど、詳細に分析して調査を開始することができるので
証拠確保までの時間を短縮でき費用の圧縮に繋がります。

兆候が出て時間が経過してから依頼する

情報などはあまりないけれど、ある程度時間が経過して浮気しているのは
ほぼ間違いないと確信した段階で依頼します。
この場合、個人で収集した情報が殆どない状態ですので、費用と時間がかかります。

費用を準備できてから依頼する

旦那が浮気以外にも経済的な問題を抱えている場合は、生活費として入れるお金が少なく、貯金が殆どできずに依頼費用が払えないケースでは、費用を捻出できてから依頼をする場合があります。

これらのタイミングがありますので、関係を回復したいのか離婚に繋げていきたいのかそれによっても変わってきます。
自分にとってのベストタイミングを費用などの面から冷静に判断しましょう。