便秘が原因で死亡した女性の末路が悲惨。画像あり あなた、大丈夫?

sibou

便秘で死に至ることもある

たかが便秘だと思っていませんか?

  • 出ない出ないとは言いつつ、週に一度は出ているし…
  • 出ない出ないとは言いつつ、コーラック飲めば出るし…
  • 便が固くてなかなか出てくれないけど、最後には出るし…

「まぁちょっとくらいでなくても大丈夫。」
「何だかんだ言いつつ出てるんだから問題ないでしょ?」

そんな風に考えている方も多いでしょう。

ところが便秘というのは甘く見てはいけないものなのです。
なぜなら実際に便秘で死亡した女性もいるからです。

便秘で死に至ってしまったのは、イギリス・コーンウォール州トゥルーロ出身の
16歳の少女、エミリー・ティッタリントンさんという方です。
8週間排便がなく、これが心臓発作の原因となってしまったのだそうです。

他にも便秘でなくなった方がいる!

また1998年には21歳の会社員の女性が便秘が原因でなくなりました。
なくなった女性は158cm、47.6kgと至って普通の体型の女性ですが、なんと1年も排便がなかったそうです。

彼女は妊娠したかと思われるほど腹部が腫れ上がり、腸内には6.7kgもの便が詰まっていたそうです。
この便は全く水分を含まずコンクリートのような状態になっており、腸が詰まったことが原因でなくなったのです。

腸は破裂寸前で、体臭は便のニオイ、死亡時には爪に便が付着しており、指で便を搔き出そうとしていたようです。

彼女の腹部のレントゲン写真です↓

彼女は死亡2日前まで普通に仕事をしていたということであまりに突然すぎる死に周囲も驚いたことでしょう。

ここまで極端に便秘が続いているという方は流石にいないでしょうが、1週間排便がないのも当たり前という女性は少なくありません。

たかが便秘と思うのは危険です。
中には深刻な病気が隠れていることもあり、便秘でなかなかスムーズな排便ができない場合には何かしらの不具合が体内で起きていると考えるべきです。

便秘が続くと体臭がウンチくさくなる!

便意を感じたのに仕事が忙しくてトイレに行けない!
そして、さぁ手が開いたぞ…と思ったときには便意はどこかに。

彼氏のお家でデート中に便意が!
でも彼のお家でトイレに行くなんて絶対無理!
と我慢していたら帰宅時には便意がどこかへ。

女性なら似たようなエピソードはあるあるだと思います。
このように便意の我慢を繰り返えしていると直腸の排便感覚が段々と衰えてしまいます。

排便感覚が衰えてしまえば、便が溜まっているのに便をしたいと感じないわけですから排便のタイミングを逃すことになり、便秘につながります。

そしてこの便秘は体臭を強くしてしまう原因となるのです。
ただでさえおなかがぽっこりと膨れてしまったり、肌荒れの原因になる便秘ですが、なぜ体臭の原因となってしまうのでしょうか?

便秘で体臭が強くなる原因

便秘で体臭が強くなるのには人間の構造的な問題があります。
口から入った食べ物は食道を通り、胃を通過して腸に到達します。

つまり口から腸まで長い一本の線でつながっているようなものなのです。
便秘になれば腸内に悪臭の原因となる便がたまるわけですから、最初に口臭が強くなります。

また便秘だと便から発生するガスが増えるためおならが増えます。
腸内で腐敗した便は初めはガスやゲップとして体外に出ますが、更に状況が進むと腸から血液中に悪臭の原因が流れ出してしまいます。

すると悪臭の元が血管に沿って身体の中をめぐり、汗の中に混ざって肌から体外に排出されます。
つまり便秘になると体臭が強くなってしまうのです。

体臭が気になる場合、便秘を解消するのが鉄則です。
少なくとも2日に1回は排便するリズムをつけたいですね。

便秘には深刻な病気が隠されている場合もある

便秘は排便回数が減少することです。
3日に1回しか排便がでなかったり、排便時に踏ん張らないとなかなか出ない状態の場合を指します。

とはいえ、3日間排便がなかったとしても普通、それほど不具合は感じないことと思います。
旅行に行けば排便が止まってしまうという人も少なくありませんし、3日間排便ができないからと言って何か大きなトラブルに繋がることはありません。

しかし便秘が長期的に続いている場合には何かしらの不具合が腸内で起きていることが考えられます。
中には深刻な病気が隠れている場合もあります。

便秘が数ヶ月以上続いている方、周期的に強い腹痛を起こす方。
下痢と便秘を繰り返す方、血便が出る方など気になる症状がある場合には以下の項目をチェックしてみてください。

便秘チェック!以下に当てはまることがあれば要注意

1.腸閉塞

激しい腹痛、吐き気、嘔吐を伴うのが腸閉塞(イレウス)です。
腸が詰まることで便から出たガスがたまってこうした症状が出ます。
対処が間に合わなければ命を落とす危険性もあります。

長期的に便秘を繰り返している人は要注意です。
特に便の色が黒く、硬い人や1週間以上便が出ない方。
便秘薬を服用しなければ排便できない方は食生活と生活習慣を見直しましょう。

2.大腸がん、直腸がん

血便が出たり、便が細くなった方、残便感が気になる場合には大腸がんや直腸がんの可能性があります。
急に血便が出る用になった時は要注意です。

3.卵巣腫瘍

腹部の膨満感や下腹部痛、不性器出血や頻尿を伴う場合、卵巣腫瘍の可能性があります。
放置しておくと危険ですし、不妊症の原因になることもあります。

便秘程度と軽く考えるのは危険です。
1週間便秘が続く場合には一度病院で検査してもらうのが良いでしょう。