家庭用脱毛器だけではムリ!脱毛ローションとの合わせ技でツルスベ

datumoul

ムダ毛が濃い人の場合、家庭用の脱毛器で処理するだけではなかなか脱毛の効果が得られません。家庭用の脱毛器もエステサロンで使う脱毛器も仕組みは一緒です。若干家庭用の脱毛器もパワーに差があるものの、基本構造は同じ。

大体脱毛サロンでは3か月に1度のペースで平均10回通うとその施術を受けた場所からムダ毛が生えないようになり自己処理が不要になると言われています。ただ、これは平均的な回数で、ムダ毛が多い人の場合には痛みも強く、もっと多い回数通わなければ効果がでません。

だから脱毛器を利用するのであれば、同時に脱毛ローションを合わせて使うと良いでしょう。脱毛ローションは脱毛後の肌に使うことで、毛穴を引き締めたり黒ずみを解消したりする働きがあります。毛を細く、生えにくくする効果もあるのれ脱毛器と組み合わせて使うのにおすすめです。

脱毛ローションと言えばパイナップル豆乳ローションですよね

painappuru

パイナップル豆乳ローションは脱毛ローションと言われています。しかしパイナップル豆乳ローションをムダ毛の生えている肌に塗ったとしてもムダ毛がするする抜けたりするわけではありません。

パイナップル豆乳ローションの正しい使い方は以下の通りです。

  1. カミソリや脱毛器で自己処理をする
  2. パイナップル豆乳ローションを塗る

自己処理をしたあとに使うことでムダ毛が生えにくくなる効果があるのです。つまり正確に言うとすれば「抑毛ローション」なのです。ムダ毛が濃い人の場合、自己処理をしても1日経つとすぐに毛穴がポツポツしてきます。でも毎日ムダ毛の処理をするというのは負担だし、肌への影響もあります。そこでパイナップル豆乳ローションを毎日塗ることで、ムダ毛の処理回数を減らすことができます。

@コスメでは鈴木ハーブ研究所 パイナップル豆乳ローションが一番人気ですねー

suzukiha-bu@コスメでは鈴木ハーブ研究所 パイナップル豆乳ローションが一番人気です。なぜかというと、全身に使うことができる低刺激性なのにしっかりムダ毛処理の回数を減らすことができるからです。

剃刀を使って自己処理をすると、肌の表面に細かい傷がつきます。このため肌が乾燥しやすくなったり、傷から雑菌が入って肌トラブルを起こします。でも同時にパイナップル豆乳ローションを使えば毛穴にローションがしみ込んでムダ毛が生えにくくなります。つまり、ムダ毛の処理をする回数を劇的に減らすことができるんです。

使い方は簡単で、最初に自己処理をしてから塗ります。お風呂に入る前にムダ毛を処理し、入浴後に保湿ローションもかねて全身に塗るのがおすすめです。産毛にも効果があり、毛穴も目立たなくなりますよ。

鈴木ハーブ研究所 パイナップル豆乳ローションの満足度を調査

鈴木ハーブ研究所 パイナップル豆乳ローションは@コスメでも大人気の脱毛ローションです。人気の理由は効果の高さとコスパの良さです。毎日使うものなので、あまり値段の高いものだと継続が難しいですよね。でも鈴木ハーブ研究所 パイナップル豆乳ローションは100mlで2700円と手ごろな価格帯で購入することができます。定期で申し込むと送料が無量になるので更にお得です。

抑毛効果も高く、ムダ毛の処理回数を劇的に減らせる上に保湿力も高いので乾燥肌にも効果があります。ムダ毛が濃くて悩んでいるなら、毛を細く、薄く、生えにくくする鈴木ハーブ研究所 パイナップル豆乳ローションがおすすめですね。