家庭用脱毛器を検討中!フラッシュ式、レーザー式で迷うあなたへ

dsc

家庭用脱毛器には大きく分けて3つの脱毛方法があります。それぞれメリット、デメリット、どんな違いがあるのか調べてみました。

フラッシュ式

光のエネルギーを使って毛母細胞を破壊するタイプの脱毛器です。レーザー脱毛に比べて痛みが少なく、一度の照射で広範囲を一気に脱毛できます。ただし、レーザー式に比べると効果も薄く、割とこまめに脱毛を繰り返ささないとしっかり脱毛効果(毛が生えにくくなるなど)を感じにくいようです。

フラッシュ式の脱毛器の人気商品:ケノン、光エステ、センスエピG、レイボーテ スピーディ

レーザー式

レーザーからのエネルギーでメラニン色素を含んだ体毛伝って毛母細胞を焼くため、皮膚へほとんどダメージを与えずに毛母細胞だけを破壊できます。出力が強いので、フラッシュ脱毛器より強い痛みを感じることがあります。美容形成外科などで採用されている脱毛方法はレーザー式なので効果は高いものの、照射できる範囲も狭めなので処理がちょっと大変みたいです。

レーザー式の脱毛器の人気商品:トリア

熱線式

脱毛器と言いながら、脱毛ではなく熱線でムダ毛をカットするものです。毛を根本で切るので、肌へのダメージは少なく、使い続けることでムダ毛が徐々に細くなって目立たなくなるそう。安価で購入できます。カミソリの代わりにムダ毛を熱線で切るというものなので正直なところ、ムダ毛が細くなったり目立たなくなる効果は期待できなさそうです。

熱線式の脱毛器の人気商品:ノーノーヘア

人気の脱毛器のほとんどがフラッシュ式を採用する理由

tdatumouki-tokutyou

家庭用脱毛器の中で人気の機種は殆どがフラッシュ式です。脱毛器にはフラッシュ式とレーザー式の2つがあり、どちらかを選ぶことになります。その理由は効率よく、手軽に、痛みが少なく脱毛出来ることにあります。フラッシュはレーザーと違って痛みは殆どありませんし、処置後に肌が荒れることも個人差はあるものの殆ど無いと言われています。脱毛性能もレーザーほど強力でないものの、昔よりは性能がアップしていて容易に脱毛できることが人気になっている理由です。

一方、レーザー式ですが、フラッシュよりも脱毛効果は高いと言われていますし、実際に医療機関で扱うレベルのマシンになれば永久脱毛が認められているほどです。家庭用でも同じように高い効果を得られる反面、痛みなどが強いとされていて敏感肌の人などは施術後に赤くなったりしてしまいます。

逆にフラッシュ式はエステサロンでも施術が受けられるので、幅広い人たちが実際に効果を体験している方式でもあります。エステで体験した脱毛を自宅でも取り入れてみようとする人が多いことも、フラッシュ式が普及している理由と言えます。どちらが脱毛に良いのかは肌の状態や、施術する場所、レベルによって異なりますので一概に断言することはできません。どちらにしても実績のある機種を選ぶことによって、家庭でも脱毛ができることは女性にとって嬉しいことで間違いありません。

フラッシュ式が人気だけど、レーザー式のことも気になるという人は、医療機関でレーザー式による施術を受けてみるのも良いのではないでしょうか。人気がフラッシュ式だからという理由だけで選択肢を狭めてしまうのは、間違った選択になる可能性があります。

家庭用フラッシュ脱毛器ケノンのいいところ、悪いところ

1-kenonn

 

ケノンの良いところ

まずケノンの良いところは、比較的痛みが少なく一気に脱毛できる点です。レベルが10段階で調整なので、痛みを感じやすい部分は低い照射で何回も脱毛をして、痛みを感じにくい部分は強い照射で回数を少なくするなど調節が自由自在です。フラッシュ式脱毛器なので、一度の照射面積が広く素早くスピーディーに広い面積を脱毛することができます。

美顔器として使えるのもうれしいですね。長年顔の産毛もカミソリで処理してきたので、肌が結構荒れがちなんですが一台2役使えるのはケノンだけでした。コストパフォーマンスも良いです。他の脱毛器よりも1発あたりの値段も安いし、3か所以上の脱毛をしたり全身の脱毛をしたいなら、エステに行くよりもケノンのほうが断然お得です。ケノンの購入者の3割は実は男性とか。毛深い男性の剛毛もしっかり脱毛できるので、女性の剛毛なら確実に脱毛効果を得られますね。

ケノンの悪いところ

照射面積が広いので、眉毛の脱毛には使えません。一応眉毛用の高周波脱毛器がついているらしいけど、使い物にならないという評価があるので、眉毛の脱毛はあきらめたほうがいいかも。眉毛は…眉毛バサミで整えればいいと思います。

ワキだけ脱毛したいとか、Vラインだけ脱毛したいみたいに脱毛したい箇所が少ない人は脱毛サロンのほうが安いみたいですね。初期費用は高いです。7万円を超えるので、最初に必要な金額は高めですね。

ケノンの満足度を楽天の口コミから調べてみた

ケノンは他の脱毛器に圧倒的な差をつけて断トツ人気№1です。他の脱毛器でダメだった人がケノンに乗り換えているのも多いです。特に他の脱毛器と違って口コミが多いのが男性からのものでした。女装する男性(笑)、毛深くて悩んでいる男性が使っても男性の太い毛でも脱毛できると好評のようでした。満足度はかなり高い脱毛器でした。

ただ、剛毛の人は照射回数も普通の人より何倍も多くなってしまいます。カートリッジ交換方式なので最初にケチらずに多めに買っておいたほうがいいみたいです。同時購入だと割引があるので、あとで追加購入するよりも安く済みます。剛毛の人だと週に1度のペース、1年くらいかけて全身の脱毛になります。普通くらいの人だと1ヶ月に2回くらいで10か月くらいで綺麗になるみたいです。

毛穴を引き締める効果が高いので、使っていると毛穴が目立たなくなるという体験談も多くみられました。自己処理を繰り返していると、毛穴が目立って脱毛したのに肌が汚く見えてしまうことがあります。ケノンならこの問題も解決できそうですね。特に美顔器モードは顔以外の全身にも使えるので肌をトータルで綺麗にできます。

脱毛器を使う前に、ムダ毛を処理するシェーバーや肌を冷やす保冷剤も付いているので、この値段は仕方ないかなという感じです。ただ、痛みに弱い人や痛みを感じやすい部位は、やっぱり痛いみたいです。他の脱毛器に比べたら痛みが少ないとはいえ、まったく無痛での脱毛というのはどうしても難しいみたいです。

家庭用フラッシュ脱毛器 光エステのいいところ、悪いところ

光エステ

光エステのいいところ

なんといってもPanasonicから発売されているというのは安心ポイントですよね。他の脱毛器メーカーって家電メーカーとしては名前も聞いたことがないところが多いので天下のパナソニックが作っている脱毛器というのは安心感が高いです。

本体価格も安いです。ケノンなどは公式サイトからしか購入できませんが家庭用フラッシュ脱毛器光エステは家電量販店で購入できます。ポイントがたまっていたり、特売になっているとかなり安く購入できます。カートリッジを追加購入すると、1発あたりの値段はケノンのほうが何倍も安いのですがそもそも本体価格が何倍も高いので、トータルで掛かる費用は家庭用フラッシュ脱毛器光エステの方がずっと安く済みます。

光エステの悪いところ

光脱毛器ではなく、光美容器なので脱毛効果が薄いみたいです。ムダ毛がそんなに濃くないタイプの人が格安で脱毛したいならかなりお得&便利に脱毛できるみたいですが、剛毛タイプの人はほとんど効果が感じられなかったという人も多いです。

使える部位が少ないというのも難点です。腕、足、ワキの3か所しか使えなく、腹部や背中は非推奨です。Vラインの脱毛にも使えません。全体的に、体毛の薄い人向の商品という印象ですね。手入れを中止するとムダ毛が生えてきてしまうというのもやはり濃くて悩んでいる人向のしょうひんではないのでしょう。どちらかというと、肌に負担にかけずに自己処理するための機械ですね。

光エステの満足度を楽天の口コミから調べてみた

脱毛器として光エステを買うと満足度はかなり低いですね。光エステは厳密に言うと脱毛器ではないからです。光を当てて脱毛することができるんですが、毛が抜けるだけで毛母細胞を破壊する効果はないようです。なので、自己処理をやめると、また毛が生えてきてしまいます。

カミソリで2日に一度処理していたのが、数週間に一度の頻度に変わるだけで自己処理が不要になるわけではありません。なので、カミソリで自己処理するのに疲れてしまったという毛の薄い人向けという感じですね。2日に1度のペースで処理するのって結構面倒ですからね。剛毛をがっつり脱毛して、自己処理が年に一度くらいで済むみたいな状態にするまでにはならないようです。半永久脱毛までは必要ないかな~、痛みにも弱いし。という人には肌への負担がなく、痛みもなく脱毛できるのは魅力的だと思います。値段も断然安いし、安心安全のパナソニック製品ですから。

脱毛器を購入すると時に候補に挙がってくるというよりは電気シェーバーを購入するか、光エステを購入するかどっちにしたらいいかなと迷っている人向の商品ですね。顔やVIO脱毛にも使えないので、残念ながら、少なくとも脱毛器として評価の高い商品ではありません。口コミや商品への評価を見てみても脱毛器として評価をしている人はあまりいません。肌に優しいムダ毛の処理方法として、購入している人がほとんどでした。また、付属のトリマー(最初にムダ毛を切る)の評価は低いです。先にカミソリでムダ毛の処理をしてから使ったほうが使いやすいみたいです。

家庭用フラッシュ脱毛器センスエピGのいいところ、悪いところ

センスエピG

センスエピGのいいところ

美容大国イスラエルで開発された本格的な光脱毛器です。カード12回払いだと月々たったの1650円で本格的な光脱毛ができます。同じ光脱毛器のケノンに比べて、値段はかなり安くて済みます。家族と共有して使えば本体価格は本当にすごく安く済みますよね。

1台で5万発照射することができるので、カートリッジ交換は必要ありません。5万発使ったらおしまいの使い切りの商品です。それ以上使いたい場合には2台目の購入が必要になります。ケノンのカートリッジが5万発できますが、本体価格が高い(69,990円)のでセンスエピGを2万円で3台購入したとしても6万円。しかも3台で合計15万発と思うとセンスエピGの方がお得ですよね。

また、センスエピGの採用しているフラッシュ脱毛器はHPLという方法なので、弱いエネルギーで毛根の深部にダメージを与えているので痛みが少ない脱毛ができます。痛いのが苦手!と言う人にはうれしいですね。

センスエピGの悪いところ

センスエピGはとても小型の脱毛器です。Vラインや指、口回りなど細かく照射したい部分には大変便利なのですが、背中や腹部ひざ下など広範囲を一気に脱毛したいときにはちょっと不便です。ひざ下とワキだけ脱毛したいという人には小さくても問題ないと思いますが全身の脱毛をしたいと思うと、ちょっとストレスが溜まってしまいそうです。

また、剛毛の人の場合は5万発で足りるはずがないですよね。確実に追加でもう1台、2台の購入が必要になると思います。

センスエピGの満足度を楽天の口コミから調べてみた

家庭用フラッシュ脱毛器センスエピGの満足度は結構高いです。美容大国として知られるイスラエルが開発いただけあって高性能です。光脱毛器なのに痛みが少なくて、低価格で購入できます。ケノンはやっぱり値段が高いので、どうしても購入のハードルが高くなりますよね。予算がないなら、ケノンと比較しても安く済むセンスエピGのほうがハードルが低いかな、という印象です。初期投資が大きいと、やっぱり購入はためらってしまいます。

使った人の口コミを見ても、使い続けているうちにムダ毛がほとんど生えなくなった。するするとムダ毛が抜ける、痛みが少ないと好意的なものが多いです。2014年5月にセンスエピの改良版として発売されたばかりなので口コミの数としてはまだそれほど多くないです。元々センスエピ自体の口コミも悪くないので、その改良版ということで購入して満足度が低いということはなさそうです。

ただ、やはり照射面積が狭いという声もあります。全身脱毛したいなら、広範囲を脱毛する時に何発も打たなくてはいけないのは大変ですね。ひざ下、ワキだけなど部位を限って使うのであれば痛みも少なくスピーディーに脱毛できるので良い反応が多かったです。

予算があるなら、広範囲の場所はケノン、指やVラインなど細かい部分はセンスエピGって使い分けることができたら最高の組み合わせかもしれません。現実的には両方購入するのは難しいと思うので、どちらを優先させるかという点で絞っていく必要があるでしょう。

家庭用レーザー脱毛器トリアのいいところ、悪いところ

トリア

トリアの良いところ

照射範囲が約1㎝×1㎝とちょっと狭いです。これは一見よくないところに見えるけれど、その分スピードが速いのでスムーズに脱毛ができるのは良い点だと思います。照射範囲が狭いと一度に処理できる部分は狭いけれど、Vゾーンとか髭の脱毛とか、細かく照射したい部分にも使いやすいです。肌からずらすことなくスライドさせながらテンポよく照射できるそうなので照射範囲が狭いというのは悪いポイントとは言えないなと感じました。

光脱毛器と違うところは、毛が焼ける臭いがしなかったり照射のたびにいちいち光ったりしない点です。テレビを見ながら脱毛していたりすると、チラチラ光るのがちょっと気になったりするそうなので、ここは良い点ですね。

トリアの悪いところ

トリアの悪いところは、やっぱり痛みが強いという点ですね。レーザーを使っているので、フラッシュ式のケノンに比べてどうしても痛みが強いようです。痛いのは嫌だけど、出力レベルが低いと効果も感じにくそうだし…というのが気になりますね。しっかり冷やして、水分を拭き取ってから照射すると痛みは感じにくいそうですが寒い季節なんかは辛いですよね、冷やしてから脱毛って結構ストレスが溜まると思います。多少痛いのは我慢して使うしかないですね。脱毛って毛母細胞を破壊するってことなので、多少痛いのは我慢しなくちゃダメかな。我慢失くして綺麗は手に入りませんよね。

もう一つ気になったのがコストパフォーマンスですね。ケノンに比べて、あきらかに照射コストが高いですね。ケノンは照射1発約0.0185円なのに対して、トリアは1発0.4円でした。

トリアの満足度を楽天の口コミから調べてみた

医療脱毛と同じダイオードレーザーの脱毛効果は凄い

トリアは医療脱毛と同じダイオードレーザーを使用しているので痛みさえ克服してしまえば、かなり脱毛効果が高いみたいです。家庭用脱毛器として唯一アメリカのFDA認可も受けています。剛毛の人でも、数回照射を繰り返すと、ムダ毛がかなり生えにくくなるそう。色々と口コミ情報を調べてみましたが、脱毛効果について満足できないという書き込みはなかったです。

やっぱり痛い!

やっぱり相当痛いみたいです。毛が薄い人だとそんなに痛くないようですが、私のように剛毛のタイプだと毛母細胞もかなりしっかりしているみたいなので、レベル1でも痛いみたいです。痛いけど、しっかり脱毛したいならトリアが良いかもしれません。あとは私は痛いのは割と我慢できるから!って人なら使いやすいかな。きっちり脱毛を繰り返せば大体3ヶ月くらいでムダ毛はかなり薄くすることができるみたいですね。

照射範囲が狭い

照射範囲が狭いので根気よく部位別に脱毛を繰り返す必要があるようです。今日は右ひざ下だけやるとか、左わきだけやるなど部位を区切ってちょっとずつやらないと一度に全身を脱毛するというのは難しいです。

埋没毛には効果がない?

トリアは埋没毛に効果がないという口コミもありました。自己処理を繰り返した結果、皮膚の内側に埋まってしまった毛は皮膚と言うバリアの下にあるのでどうしてもなかなか抜けにくいようです。しかし根気よく照射していけば、埋没毛も自然に改善されるそうです。週に一度程度根気よく続けることが大事なようです。

家庭用フラッシュ脱毛器レイボーテ スピーディのいいところ、悪いところ

レイボーテ スピーディ

レイボーテ スピーディのいいところ

家庭用フラッシュ脱毛器レイボーテ スピーディはヤーマンから発売されている脱毛器です。剃りながら同時にフラッシュ照射で脱毛していくので、脱毛器なのにカミソリでの自己処理と同じくらい簡単に短時間で脱毛できるのです。

普通、フラッシュ脱毛器というと脱毛したい箇所に1ショットずつ光を当てていくのでどんなにスピーディに脱毛できるものでも、カミソリ感覚で処理をしていくというのは無理です。早い脱毛器でも片方のワキを脱毛するのに初回なら10分程度、2回目以降でも5分はかかります。物によってはもっと時間がかかるものもあります。とにかく、簡単に自宅でムダ毛ケアができるというのがレイボーテ スピーディのいいところです。その上、カミソリと違って肌への負担が少なくて済みますしムダ毛が生えにくくなるので、カミソリよりも自己処理の回数が少なくて済みます。値段も安いので、脱毛サロンに通うよりもずっとお得に通うことができます。

レイボーテ スピーディの悪いところ

スピーディに処理できて便利と言う一方で照射威力が弱いようです。例えば光脱毛器ケノンやトリアは使い続けていくと毛母細胞が破壊されるので次第に脱毛の回数が減っていきます。個人差はありますが、大体数年コンスタントに繰り返し使っていると、ムダ毛の処理がほとんど必要ないような状態になってくるそうです。対してレイボーテ スピーディはカミソリで剃りながら毛母細胞を攻撃するのであとから毛は抜けるのですが、毛母細胞を破壊しつくすことはできません。脱毛をするので自己処理の回数は劇的に減りますがずっと使い続けないと脱毛の効果は得られません。

レイボーテ スピーディの満足度を楽天の口コミから調べてみた

家庭用フラッシュ脱毛器レイボーテ スピーディの満足度はそれほど高くありませんでした。素早く処理できるのは確かなようですが、2ヶ月経っても3ヶ月経っても効果が実感できないと言う口コミ情報が多かったです。これにはもちろん個人差があると思いますが元々毛が細い人は毛母細胞もそれほど活発ではないので、効果も実感できるのでしょうが剛毛タイプで毛の量も太さもしっかりしている人の場合なかなか効果が実感できないようです。

また「痛くない脱毛」と謳っているように、照射出力が弱めです。頻繁に自己処理をしない限り、脱毛効果は得られないみたいです。すでにエステ脱毛をした人が、残っている部分や、エステで脱毛しなかった部位の自己処理に使うのは便利です。1から剛毛の人が全身脱毛に使うというのは難しそうな印象でした。

ムダ毛を脱毛して、毛が生えてこなくなる肌にしたい!というよりはムダ毛の処理回数を減らして、次に生えてくるまでの期間を長くしたいという人からの口コミは満足度が高かったです。アタッチメントが付けれるのでビキニラインも楽にお手入れできるのも魅力的です。目的に合わせて利用するなら、機能としてはかなり高いです。きちんと製品を理解してから購入するのが大事ですね。

痛みが少ないというのは刺激が少ないということでもあるので敏感肌気味の人の脱毛方法にはピッタリなようです。刺激が少ないので肌を守りながら脱毛できます。週に1回以上、コンスタントに続けられる人にならレイボーテ スピーディは便利そうです。

家庭用熱線式脱毛器ノーノーヘア スマートのいいところ、悪いところ

ノーノーヘア スマート

ノーノーヘア スマートのいいところ

正直、結構一生懸命検索したんですがノーノーヘア スマートのいいところが見つかりませんでした。軽量で非常に小型、持ち運びができるというのは便利なポイントですが出先でムダ毛の処理をするシチュエーションというのが思い浮かびませんしT字カミソリと比べれば大型で重たいのです。

ノーノーヘア スマートの悪いところ

そもそも、脱毛器と謳われていますが、脱毛器ではないです。脱毛効果はまったくありません。機械の構造が脱毛できる仕組みではないので、脱毛できるはずがないんです。公式サイトでも「注目の脱毛法(特許取得済み)」と書いているにも関わらず「熱線が毛に触れるとムダ毛を瞬時にカットします」と矛盾している始末。しかも取得している特許は「パルス電気シェーバー」として。脱毛器じゃないんですね。

ノーノーヘア スマートは熱で根本からムダ毛を焼き切るのでムダ毛の処理のスパンはカミソリと変わりありません。使い続けてもムダ毛は減らないので、個人差はありますが露出する部分に関しては2日に1回は処理が必要になります。

特に気になったのが、臭いです。熱でムダ毛を焼き切るわけですから、当然焦げ臭いにおいがでます。全身に使用するなら、フルで換気扇を回して…ということになりそう。臭いが気になる場合には「ムダ毛を2~3ミリにカットしてから使用」するそうですが2~3ミリまでムダ毛をはやしてからじゃないと使えないとなるとカミソリよりも使い勝手が悪いですよね。長い毛をわざわざ短く切る手間が面倒だから脱毛器が欲しいのに、本末転倒です。税込で約3万円を出して、100円で買えるT字カミソリ以下の商品を購入したいと思うでしょうか?

ノーノーヘア スマートの満足度を調べてみたけれど・・・

世界で400万台売れ、日本で一番売れた脱毛器とされていますがまったく信用できないです。Amazonや楽天、@コスメの口コミを見ても、相当悪いですね。ノーノーヘア スマートは熱線で根本からムダ毛をカットするのですがカミソリの代わりとして使うにしても、痛い、剃れない、焦げ臭いと書かれていていいところとして紹介すべき点が見つかりませんでした。

3万円払って、自動でムダ毛を焼き切ってくれるマシーンを高評価しているユーザーはみあたりません。また、腕や足などの平らな部分は割と対応できるらしいのですが凹凸のある部分のムダ毛はカットできないらしくこれまた100円のT字カミソリのほうが有能です。また使える部位も腕、ワキ、足などに限られています。

抜け毛効果がないにせよ「毛が残ってしまって人に見せられる肌にならない」「刺激が強すぎる」など口コミも散々な結果になっています。肌に充てる時も90度を維持しなくてはいけないので痛みや熱さを感じずに上手に毛の処理をするのは難易度が高いです。

また、ノーノーヘア スマートを使い続けるのであれば部品の追加購入が必要になります。チップは熱線が傷んで来たら交換、バッファー(毛を取るアイテム)は1ヶ月で交換です。本体が3万円、追加購入で数カ月に一度の出費というのは高すぎます。

調べれば調べるほど、残念な結果になるという印象です。いまどき、商品を購入する前に口コミ情報を調べるというのは当たり前ですしそれが高価な商品だったり自分の肌に使うものなら余計だと思います。なぜ、こういった脱毛器ではないのに、脱毛器として販売し実際は商品としてのレベルもまるで足りていないものが出回っているのでしょうか?

私にはケノンが一番合いそう♪

ケノンケノンは脱毛エステに通わなくても、自宅でエステ並みの脱毛ができてしまうのは大きなポイントです。脱毛エステに行くためには、予約をしてカウンセリングを受けて、コースを決めて予約を取って施術をして、予約を取って施術をして…を繰り返します。人気のサロンだと3か月に1度くらいしか予約が取れないこともあるそうです。2ヶ月に1度、コンスタントに通うことができても、脱毛完了までは3年くらい通わなくてはいけません。

最近は「月額9800円で全身脱毛」と謳っている脱毛サロンも多いです。2ヶ月に1度、12回通って全身脱毛が12万円でできるなら、凄くお得だな!って思ったんですが、調べてみたら「月額」の落とし穴なんですよね。12回通うのに2年かかったら、24カ月分で24万円が必要になるんです。仕事や予約がいっぱいで通えなくても「月額」なので毎月引き落とし…。

ケノンなら、週に一度のペースで施術ができるのでコンスタントにやれば剛毛の人でも1年程度で完了です。費用もカートリッジの追加購入代だけで済むので実費しかかかりません。

私がケノンを選んだ一番の理由は、照射面積の広さです。剛毛で全身の脱毛をしたい私からすると、トリアも魅力的ですが照射面積が狭いので、広範囲の脱毛には向いていないのが気になりました。脇だけや指だけならトリアを選んだかもしれませんがひざ下、腹部、腕、お腹と広範囲を一気に脱毛したいならケノンに軍配が上がりますね!

ケノンと他の脱毛器の比較表

私がケノンを選んだ8つの理由

【ケノンを選んだ理由1】フラッシュ脱毛器の心臓部!コンデンサーの性能が良い

ケノンの性能フラッシュ脱毛器の仕組みは割と単純です。脱毛器のスイッチを推したらコンデンサー(蓄電機械)に電気が放電され、キセノンガスが励起状態になり元に戻ろうとするときにエネルギーが光として放出されます。このエネルギーからフィルターを使って脱毛に適した波長を取りだして肌に照射します。光は黒い物により多く吸収される仕組みがあるので、ムダ毛と毛母細胞へ伝わり組織が破壊されます。

フラッシュ脱毛器の脱毛効果を決めるのは、このコンデンサーの部分が大きいです。良いコンデンサーを使っていれば、より多くのエネルギーを発生させることができるので脱毛効果も高くなるということ。

ケノンは他のフラッシュ脱毛器に比べて値段が高いのですがこれは他のフラッシュ脱毛器よりもコンデンサーの性能が高いからだそうです。その分本体価格も高くなってしまうのです。

カートリッジを取り替える必要があるのも、カートリッジにキセノンガスを封入しコンデンサーなどを仕込んであるため、ある程度すると効果がなくなってしまい新しいものと取り替える必要があります。

つまりフラッシュ脱毛器なのに、カートリッジの交換が必要ないってことは使い続ければコンデンサーの機能も衰えるしキセノンガスもなくなるし脱毛効果がどんどん弱くなってしまうんです。ケノンなら、長期的に使用してもカートリッジを取り替えることで常に脱毛効果が高いムダ毛処理ができます。剛毛で脱毛に時間がかかりそうな人にはこちらのほうがありがたいですよね。

【ケノンを選んだ理由2】楽天の脱毛器ランキング205週連続1位!美顔ランキングでも1位!

ケノンは脱毛器ランキング1位ケノンがいいと思ったところに、やっぱりランキングですね。「楽天の脱毛器ランキング211週連続1位!美顔ランキングでも1位!」というのは購入を決めた大きなポイントです。口コミ情報も良かったし、購入者からのレビューも良かったです。脱毛器は肌に使うものだし、値段も安くないので、本当に効果のあるものが欲しい!そう思っていたので、ランキング1位というのは安心感がありますね。

ケノンは決して安くないけれど、それだけの効果があるなら高いかいものではないと思います。脱毛エステに通っても、かなりの金額がかかってしまうし脱毛が完了するまでの時間もかなりかかりますよね。ケノンなら自分のムダ毛の生え方で照射の回数を増やすことができます。

そして美顔器にも使えるというのは嬉しい機能です。ケノンの美顔機能ではフォトフェイシャルができます。光を当てることでコラーゲンを刺激し新たにコラーゲンができやすくなります。肌のターンオーバーが促進されるので、ニキビやシミ、そばかす、毛穴の開きにも効果があるそう。一台二役としてつかえるのは、かなりお得です。美顔器を1台買おうと思ったら、それはそれでお金がかかるのでカートリッジを買えばいいだけなら、コスパも良いです。

美顔機能と言ってももちろん全身に使うことができます。毛穴の開きにも効果があるということなので、毛穴が目立つ足なんかに使ってもいいですね。ムダ毛を処理しながら肌を綺麗にしたいならケノンが一番効果的です。

【ケノンを選んだ理由3】カートリッジが3個もついてくる

ケノンカートリッジ3個プレゼント

ケノンは本体を購入すると最大3個のカートリッジがもらえます。 まず、本体についてくるのがラージカートリッジです。これは本体を購入すれば必ず付いてくる標準のもの。最大20万回ショットが打てて、サイズは3.5×2.0cmです。縦が2cmなので鼻の下の脱毛や指毛の脱毛、広範囲から細かい部分まで脱毛できます。Vラインの脱毛、Iラインの脱毛にもこの縦幅が役立ちます。 二つ目のカートリッジがエクストララージカートリッジです。これはプレゼント商品です。最大20万回ショットが打てて、サイズは3.7×2.5cmです。 ラージカートリッジが1回で7cm2に照射できるのに対してエクストララージカートリッジが9.25cm2に照射できるので、照射面積が32%も広くなっています。より広範囲を一度に脱毛処理できるので、ひざ下や腕、お腹など一気に脱毛したいところに使用できて便利です。照射される光の強さや脱毛効果はラージカートリッジもエクストララージカートリッジもどちらも同じです。一度の照射で広範囲を脱毛できるので、1回あたりのコスパも良いです。

具体的にエクストララージカートリッジが、どのくらい他の脱毛器に比べて照射面積が広いのか調べてみました。

トリアは1cm2なので、約9倍。光エステが4.35cm2なので2倍以上…とケノンの圧勝です。全身脱毛するときに、ショット回数が多くなればそれだけ脱毛にも時間がかかるし、1回あたりの値段も高くなるので一度に脱毛処理できるのは魅力ですね。

また、商品到着後に使用感をレビューすると剛毛にも使える強力な新型ストロングカートリッジがもらえますよ。

【ケノンを選んだ理由4】新型ストロングカートリッジなら毛深い私でも大丈夫!

ケノンのストロングカートリッジ

購入後に商品を使って、使用感をレビューすると新型ストロングカートリッジが後日送付されてきます。新型ストロングカートリッジは2016年1月に登場したばかりのもの。ケノン史上1番の高性能なんだそうです。従来よりも出力が強いので、男性のヒゲ脱毛や、剛毛の人にピッタリなんだそうです。

照射面積は1.5cm X 3.0cmの4.5cm2とラージカートリッジよりも細め。でもワキとか毛深い人だと相当な毛が密集していますよね。細かく、しっかり脱毛効果を得られるのは大きなポイントになります。

今まで濃いヒゲ、Vラインなどの太い毛はなかなか脱毛効果を得られるのが難しかったです。毛母細胞がすごくしっかりしているので、脱毛器の光を当てただけではなかなか破壊することができなかったから。ところが、この新型ストロングカートリッジなら強い光を照射できるので脱毛効果が得られやすくなります。勿論、痛みは従来のラージカートリッジなどと変わりません。Vラインなど痛みが強く出やすい部分に使うときには、しっかり冷やして使えば強い光を痛みなく照射することができます。肌への負担は少ない特殊フィルターで肌へのダメージが少ないのもうれしいですね。

これがレビューを書くだけで無料でもらえちゃうって、凄くないですか!?レビューは面倒だな~って思っている人でもケノンを購入したら、必ずレビューを書きましょう。レビューの文章はそれほど難しいものじゃなくてOKです。実際にケノンを試してみて「思ったより痛くなかった」「何段階で使っています」とか簡単なものでOKです。

【ケノンを選んだ理由5】日本製だから精神的に安心できそう

ケノンは日本製家庭用フラッシュ脱毛器ケノンは日本製です。製造しているのは、ケノンの発売会社である株式会社エムロックの子会社株式会社エムテックが長野県にある工場で製造、組み立てしています。工場はISO9001(国際標準化機構)を取得しているので高い品質であることが認められています。

脱毛器というと、光を照射するだけでしょ?と思うかもしれませんがケノンには人工知能機能が搭載されています。このAIで温度が上がりすぎていないか、故障していないかなどを自動検知しカートリッジの残量も一目で分かる設計です。

コストを抑えるために、企画販売は国内メーカーでも、製造は中国の工場に委託している脱毛器がほとんどなので製造から開発、販売に至るまですべて日本国内で行っているというのは購入するときの大きなポイントになりますよね。

脱毛器は自分の肌に使うものだし、1年、2年と長期的に繰り返し使うものなので万が一の事故や皮膚トラブル、副作用などがあると困ります。それに毛の質、肌の質などは人種によって大きな差があるものですから日本人の肌に合わせて開発されているというのも評価が高くなります。

もしトラブルがあった場合にも、開発から製造まですべて自社で行っているためアフターフォローを受ける時にも一貫性があります。海外製品はやっぱり、買ったものの効果がなかったとか効果がなかったから返金してもらいたいのに、なかなか応じて貰えないとか買ったけどすぐに壊れてしまったというトラブルも多く聞こえます。安物買いの銭失いになりたくないなら、最初からケノン一択ですね。

【ケノンを選んだ理由6】毛だけを狙い撃ちしてお肌への負担が少ない

毛だけを狙い撃ちするケノン家庭用フラッシュ脱毛器ケノンはカメラのフラッシュのように光を一瞬放ちメラニン色素に反応して肌の奥の毛母細胞を狙い撃ちします。ですから、肌の表面温度はほとんど上がりません。

脱毛をする前によく肌を冷やしてから使うので、熱いのかな?と思うかもしれませんが、肌の表面にはダメージはほとんどありません。メラニン色素に反応するので、痣があったり、著しく日焼けをしている場合には反応してやけどのようになることがあります。あらかじめ、痣が有る場合にはサージカルテープなどで隠しておきます。乳首周辺やVIOラインで色素沈着が有る場所なども下着やテープなどを使って隠します。

よく冷やして使うのは、毛母細胞が焼かれるときの痛みを軽減するためです。痛みに対する反応は個人差があるので、10レベルで使ってもほとんど痛みを感じないと言う人から、レベルをかなり落としても痛いと言う人もいます。ケノンの場合はレベルが10段階で調節できるので、痛みを強く感じる人や痛みを感じやすい部位を脱毛する時には、照射レベルを少しずつ上げて様子をみながら脱毛していくと良いでしょう。敏感肌の人の場合は、照射ベルを特に落として使うようにすると良いでしょう。

脱毛効果を高くするためには、痛みを感じない程度~我慢できる程度のギリギリに調節して照射するのがおすすめです。カートリッジが減るのを気にして低レベルで照射していると、効果が出にくいので結果的に長期間の照射が必要になり、中期的な脱毛効果は出ません。

【ケノンを選んだ理由7】レーザー式より早い!広範囲に照射できる

家庭用フラッシュ脱毛器ケノンは照射面積が広いです。なので、1ショットで広範囲を一気に脱毛することができます。

ケノンカートリッジの照射範囲表

対してレーザー式の場合は照射面積が狭いです。家庭用の脱毛器としてはトリアがレーザー式を採用していますが照射面積は1ショットで1cm×1cmです。それほどわき毛が濃くないのであれば5cm四方くらいを脱毛すれば良いのでテンポよく照射をしていけば、それほど時間はかからずに脱毛できます。でも私のようにムダ毛が濃くてわき毛も広がって生えている場合には片方のわき毛脱毛に掛かる時間も結構。ひざ下や腹部など広い部分の脱毛をやろうと思ったら一日がかりになってしまいそう。毎日のようにムダ毛の処理をするのが面倒で、ムダ毛処理をしなくて良いように脱毛器を買おうとしているのに、結局頻繁にムダ毛の処理が必要っていうのは本末転倒かなって思います。

ケノンは通常でも2.5cm×3cmで広範囲を一度に脱毛できるしエクストララージカートリッジに付け替えれば更に広範囲を脱毛できます。これなら全身の脱毛もそれほどストレスにならずに効率よく脱毛できます。背中の脱毛を家族や友達にお願いするときも、スピーディにできるので頼みやすいですよね。1cm×1cmをちまちま脱毛してほしいって、ちょっと頼みにくいと思います。

ムダ毛がそんなに濃くない人や、すでにエステで脱毛経験があって指だけ脱毛したいとか、ひざ下だけ脱毛したいと言う人ならレーザータイプでもストレスなく使えると思いますが全身に使うという前提だと、照射面積が狭いというのは話にならないです。

【ケノンを選んだ理由8】カートリッジ交換式なので他社ハンディタイプ脱毛器よりずっと長く使える

ケノンのカートリッジ家庭用フラッシュ脱毛器のケノンは、カートリッジ交換式です。ケノンの本体の中には強力なコンデンサーが組み込まれていてここからエネルギーを放出してカートリッジ内にあるキセノンガスからメラニン色素にだけ反応するエネルギーに作り替えます。キセノンガスは使い続けていくうちにだんだんと減ってしまうのでカートリッジの残量が減ったあとは、ショットを打っても脱毛効果は得られません。

他社のハンディタイプの脱毛器は安いです。でも、カートリッジと本体が一体型になっているので、キセノンガスを使い切ってしまえばもう一度本体丸ごと購入しなおさなければいけません。本体価格が3万円くらいで、ケノンの半額くらいで購入できるかもしれませんが使い終わったらもう一度買わなくてはいけないので、6万円になってしまいます。3台目を購入すれば…。

ケノンは最初にかかる費用は高いのですが、ハンディタイプの脱毛器よりずっと長く使えるので、追加購入費用が安く済みます。ゴミもカートリッジ一つで済むので、環境にも優しいですよね。他社のハンディタイプの脱毛器を購入するよりも長く使えるのでお得なんです。

またどうしても肌に直接当てるので、長期的に同じものを使い続けるのは不衛生です。Vラインに使ったものを、顔脱毛に使うとか、家族で共有するとかちょっと衛生的に気になってしまいますよね。でもケノンならカートリッジだけ取り外しができるので部位ごとにカートリッジを分けたり、自分専用に用意するということができます。つまり、ケノンは打てば打っただけ、どんどんお得になっていく脱毛器なんです。最初は高いかもしれないけど、結果的に得なのはケノンですね。

ケノンの効果を最大限に活かすテクニック

mousyuukiケノンの効果を最大限にしたいなら、毛周期を意識して使うと良いようです。光脱毛器であるケノンは光を当てることで毛母細胞を破壊します。つまり、一度照射して毛母細胞を破壊したばかりのときに、同じ場所に続けて照射しても破壊すべき毛母細胞がないので、ムダ毛が生えにくくなったりする効果が得られません。一度毛母細胞を破壊したら、次に毛母細胞が活性化する2週間前後待ってから次の照射をするのがポイントです。これで無駄に照射をしてカートリッジを消費することが防げます。

普通の脱毛サロンだと、2~3ヶ月に1度くらいのペースで施術を行うのですがケノンだと毛母細胞が復活してすぐの時を叩くことができるのでコンスタントに使うと、かなり脱毛効果が期待できます。ただし、毛の質や毛母細胞の復活サイクルなどは照射した光の強さや個人差もあるので一部の毛が伸びて来てチクチクしたら、2週間を待ったずに照射をしましょう。復活してきたところを叩く!これがケノンの効果を最大に生かすポイントです。

また痛みが強いときにはクールダウンをしてから、と言われますが肌への負担を考えたら、しっかり冷却剤を使って肌を冷やしておきます。すると痛みが抑えられるので、ちょっと強い光を当てても痛くありません。またケノンを使ったあともしっかりクールダウンすると肌へのダメージをより軽減させることができます。痛みが弱ければ6連射ではなく、1発でしっかり脱毛効果が得られるのでカートリッジ代を節約する効果も生まれます。

ケノンを最安値で買えるのはどこ?

脱毛器ケノンは通販で購入できます。購入できるのは公式サイト、楽天、Yahooショッピングの3つです。ひとまず、公式サイト、楽天、Yahoo!ショッピングを比較してみると全てケノンの販売元であるエムロックが運営しているので3つとも同じ値段69,900円で販売されています。

ケノンは公式サイトで購入するのが最もお得です

値段が同じなら、どこで購入しても差がないように感じますがよくよく調べてみると、付属品やサービスで差がありました。

まず3店舗に共通しているのがエクストララージカートリッジ、ラージカートリッジ、新型ストロングカートリッジがそれぞれ1個ずつ無料でもらえるサービスです。楽天やYahooショッピングではポイントが付きます。ポイントをためているなら楽天かYahooショッピングでの購入を検討するのも良いでしょう。(699ポイントがもらえます)

しかし、今なら公式サイトで購入すると1,000円割引キャンペーンが適用されます。値引きなしで699ポイントもらうよりも公式サイトで購入する方がお得ですね。

ケノン注文ボタン

しかも公式サイトでは、本体同時購入限定でエクストラカートリッジなどが安く購入できるのです。全身脱毛をするつもりなら、いずれにせよカートリッジの追加購入が必要になるので公式サイトで追加購入しておくのが良いでしょう。最初の費用は高くなってしまいますが、長い目で見ると一番お得です。