すそわきがに効果がある食べ物

yg

すそわきがは食生活に大きく影響を受けます。
日々の食べるものが体臭を強くしたり弱くするので、食生活をすそわきがに効く食べ物に変えるというのは対策として直接的ではありませんが非常に有効な方法と言えるでしょう。

魚介類

タンパク質は私達の身体を作るために必要な栄養素です。
しかし牛肉や豚肉などの動物性タンパク質は脂を多く含んでいるため沢山摂取してしまうと体臭が強くなってしまいます。
主菜にはお肉かお魚を食べることが多いと思いますができるだけ魚介類を多く食べるように心がけてください。

アルカリ性の食品

アルカリ性の食品はニオイ対策に効果があります。
例えば梅干し、野菜、きのこ、海藻などが効果的です。
特に野菜には食物繊維が豊富で腸内環境を改善するのに役立ちますし、βカロチンやビタミンCを含んでおり抗酸化作用が高いのでおすすめです。

酢の物

お酢に含まれるクエン酸は臭いの発生を抑える働きがあります。
体内の乳酸の生成を抑えるので乳酸がアンモニアと結合しにくくなり、汗の臭いを弱めるのです。
酢の物は積極的に食べるようにしましょう。

発酵食品

ヨーグルトなどの発酵食品は腸内環境を良くします。
腸内環境が良くなれば代謝も良くなり体臭が軽減されます。
積極的に摂取すべき食品です。

逆に避けたほうがよいもの

アルコールは分解される時に大量の水分を使い、血液がどろどろになり汗の成分が悪くなるので体臭が強くなります。
ニラ、ニンニク、ネギのような臭いの強い食べ物も避けるべきです。

すそわきがにヨーグルトは効果あるの?

すそわきがは毎日の食生活に影響を受けます。
臭いが強くなる食べ物ばかりを食べている人と臭いがしなくなる食べ物を中心に食べている人では同じすそわきがでも臭いの強さは全く変わってきます。

さて、健康・美容効果の名高いヨーグルトですが、すそわきがにも効果があるのでしょうか?

結論を書いてしまえば、ヨーグルトに直接的なすそわきが改善効果はありませんが周り巡ってすそわきが臭を軽減させる働きがあります。

まずヨーグルトは発酵食品です。
最近では「生きて腸まで届く」と言う謳い文句のヨーグルトなど様々な機能性ヨーグルトが発売されています。

これらのヨーグルトには腸内環境を整える働きがあります。

毎日ヨーグルトを食べている人は善玉菌が腸内で増えます。
すると腸内環境がどんどん美しくなり消化活動が活発になります。

腸内の宿便は排出され、血液循環が良くなり基礎代謝があがります。
基礎代謝が上がれば血液がサラサラになり不純物が体外に排出されます。

するとアポクリン汗腺から分泌される不純物も少なくなるのです。
汗もアポクリン汗腺から出るじっとりした脂汗ではなくエクリン汗腺から出るサラサラとした臭いの出ない汗になります。

ヨーグルトを食べる=すそわきがが軽減される…というわけではありませんが、ヨーグルトを食べると腸内環境が良くなり結果としてすそわきがの臭いも徐々に軽減されていくでしょう。
ぜひ毎日の朝食にヨーグルトを加えてみてください。
すぐに効果は出ないかもしれませんが1ヶ月後、2ヶ月後に徐々に影響が出てくるでしょう。