【明日彼氏と初エッチの予感】アンダーヘアの処理はどうする?

hatu

付き合っている彼氏との初エッチの予感がある場合、アンダーヘアの処理をしておくべきか悩んでしまう女性は多いでしょう。男性が女性に抱いているイメージの多くは幻想に近いもので、現実とは大きくかけ離れていることが多いのは間違いありません。それはアンダーヘアに関しても言えることで、特にVラインのヘアの割合が多かったり、毛の量が多いと気分が萎えてしまう男性もいます。

そのためある程度の処理をしておく方が良いでしょう。とは言っても注意すべきはカミソリを使って剃ったり、毛抜きで抜いたりしてはいけません。カミソリで剃った後はツルツルではなくチクチクしてしまうからです。また、毛抜きで脱毛してもツルツルになりませんし、場合によっては赤くなってしまいます。

大事なのは自然な感じで処理して、多すぎず少なすぎない程度に収めることです。完全な無毛にする必要はありませんが、多すぎない程度にVラインの毛をカットするのがイイでしょう。全体的に毛量を少なく見せるために空きを入れて、両サイドの毛を短めにカットしましょう。そうすることで面積が小さくなるだけでなく、ちょうどいい毛量にすることができます。

男性は女性に対して毛深いイメージは持っていません、逆に出来るだけ毛の薄さをイメージしています。毛深いかったとしても嫌われることはありませんが、気遣いとしてVラインをカットしておけば彼氏が持っているイメージを崩すことはないでしょう。

Vラインはカットしたんですが陰部回りやおしりの方は剃った方がいいかな?

女性のアンダーヘアはVラインだけでなくI、Oラインも含まれます。Vラインは目視しやすいので手入れがしやすいのですが、I、Oラインは自分で手入れするのはちょっと難しくリスクも伴います。明日彼氏との初エッチの予感があるとしても、I、Oラインについてはよほど毛深くない限りは、そのままにしておくのがイイでしょう。

カミソリなどで手入れしようと考えているのであれば、もってのほかです。気持ちはわかりますが、チクチクしてしまうと男性がエッチの時に気が付いてしまいますし、肌へのダメージという意味でもカミソリで処理することはオススメできません。

彼氏とのエッチの際に出来るだけ部屋を暗くしておくことでも、I、Oラインは目立たなくなり、気にするほどの問題には発展することはないでしょう。また、一緒にお風呂に入ったりすることもあるでしょうから、お尻の周りの毛については処理できるのであればしておいた方が良いですが、お風呂を別々に入るようにすれば問題ありません。

兎に角、明日に控えた彼氏とのデートでは、急に自分で処理することは避けた方が良いです。もし毛深いということで彼氏が幻滅してしまうようであれば、それまでだという事です。それでもイメージはお互い大事にすべきですから、Vラインだけはカットしておきましょう。I、Oラインについては別途じっくりと時間をかけて丁寧に処理するか、美容クリニックなどで脱毛処理することも視野に入れておけばいいでしょう。

アンダーヘアのお手入れ後はお肌のケアを忘れずに

アンダーヘアの自己処理をしたあとは、必ず陰部の肌のケアをしましょう。ハサミで長さを整えたというのであれば特にケアの必要はありませんが、カミソリやヒートカッターを使って根本から毛を処理した場合にはオイルなどで保湿してあげると安心ですね。

アンダーヘアは性器の周辺に生えているのでケアをするときには安全性の高いものを使うのが鉄則です。手持ちの化粧水などを無造作に使うのはおすすめしません。

安心なのはワセリンです。ワセリンは石油から作られた保湿剤ですが浸透性がなく赤ちゃんの肌にも使えるものです。デリケートな部分に使うのにもぴったりです。純度の高い物を使うと更に安心ですね。

ワセリンをそのままだとテクスチャが固くて性器に周辺に塗るのには向きません。必ず手で温めて柔らかくしてから薄く伸ばすように保湿してあげましょう。

肌がヒリヒリするときにはティーツリーオイル

カミソリで肌が負けてしまったとき。生理でかぶれてしまってヒリヒリしているときにはワセリンよりもティーツリーオイルがおすすめです。ワセリンには薬効などがありませんがティーツリーオイルには抗菌作用や抗炎症作用があり、外用薬として使われることもあるオイルです。

オイルを薄めたものを薄くヒリヒリしている部分に伸ばして使いましょう。粘膜部分には付着しないように気をつけてくださいね。また必ず使用する前にはパッチテストを行ってください。

使ったことのない人がいきなり外陰部というデリケートな部分に塗るのは危険です。アロマオイルですが副作用が一切ないわけではないので、事前に二の腕の内側などでパッチテストをしておきましょう。

他にもデリケートゾーン専用の保湿剤は近年多く発売されています。いずれにせよ必ず専用のものを使うようにしてくださいね。