【シワに効く化粧品】ポーラvs資生堂!40代に効果のあるシワ改善クリームは●●と判明…

shiseido-siwa1

資生堂エリクシールリンクルクリームかポーラリンクルショットかで悩む。

2017年の1月に発売されたポーラリンクルショットと6月に発売された資生堂エリクシールリンクルクリームはどちらもシワに効果があると言われる化粧品です。

実際、どちらも「シワを改善する効果がある」”薬用化粧品”として厚生労働省の認可を受けており、効果はお墨付きです。

では、どちらを使えばいいのか!?
というのが一番気になりますよね。

実はこの二つ、似ているようで全く別のものなのです

まずポーラリンクルショットはコラーゲンを破壊する仕組みを遮断する化粧品です。
コラーゲンの生成を邪魔しないことで人間に本来備わっている回復力で自然とシワが改善されるというもので、12週間程度で効果がでます。

対して資生堂エリクシールリンクルクリームは線維芽細胞に働きかけることでコラーゲンやエラスチンの生成を促すというもので9週間で効果がでます。
つまり、守りのポーラに対して攻めの資生堂という感じのイメージでしょうか。

ポーラvs資生堂!あなたならどちらを選ぶ?最初に結論

私なら資生堂エリクシールリンクルクリームを選びます。

ポーラリンクルショットも資生堂エリクシールリンクルクリームもどちらもシワを改善する効果がありますが、よりシワの改善効果が高いのはエリクシールリンクルクリームと言えるでしょう。

というのも自然にシワを回復させると言ってもシワが気になる年齢、つまり30代40代になると回復力がかなり落ちています。
守るだけではシワを改善するにはどうしても時間がかかってしまいます。

その点、エリクシールリンクルクリームなら9週間で効果が出ると言われています。
少しでも早くシワを改善したい私のような方には資生堂の方がおすすめですね。
またエリクシールリンクルクリームの方がコスパも良いし、ドラッグストアで購入できるので手軽に購入できます。

ただしエリクシールリンクルクリームはシワ改善成分の”純粋レチノール”の効果が強烈に出すぎる場合があり、敏感肌の方には向かないことがあります。
資生堂リンクルクリームを使って肌に合わないと感じた場合にはポーラリンクルショットに切り替えてみるのが良いでしょう。

※資生堂公式通販で購入の場合、肌に合わなければ返品・交換が可能です。心配な方は公式通販での購入が良いでしょう。

【資生堂エリクシールリンクルクリーム】いくらで買える?使い方・口コミまで徹底調査

資生堂の101年に及ぶ研究の結果から登場したのがリンクルクリームです。
これは日本で初めて「しわを改善する」効能が認められた”純粋レチノール”という成分が配合されています。

「資生堂 表情プロジェクト」というCMは目にしたことがある人も多いのではないでしょうか?
石田ゆり子さんや篠原涼子さんなど年齢を重ねた女優さんたちを多く起用しながら美しい肌でシワを恐れないとアピールしています。
女性の真の美しさを引き出すようなCMで好感度も高くなっています。
この第一弾として発売されたのが「エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム」なのです。

純粋レチノールは日本香粧品学会が定めた「新規効能取得のための抗シワ製品評価ガイドライン」にもとづき判定され、9週間でしわを改善する効果が認められています。

資生堂リンクルクリームのスペック

  • 商品名:エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム
  • 価格:税込6,264円(公式通販なら送料無料)
  • 内容量:15g
  • 有効成分:純粋レチノール
  • 有効試験結果:9週間で目尻や目の周りのしわが改善
  • 発売日:2017年6月21

資生堂リンクルクリームはしっとりとコクのあるテクスチャーで非常に伸びが良いというのがポイントです。
皮膚が薄くて乾燥しやすい目元でも擦らずにすーっと伸びてなじみます。

エリクシールシリーズのシュペリエル リフトモイスト ローションやシュペリエル スリーピングジェルパックなどと一緒にライン使いをするのがおすすめですが単品で使用してもシワ改善効果があります。

購入先は公式通販でも販売されていますが、ドラッグストアや一部のスーパーでも取扱を行っているようです。

なぜ、有効成分”純粋レチノール”はシワ改善効果があるのか?

資生堂リンクルクリームに配合された純粋レチノールはしわを改善することが認められた初めての薬用有効成分です。

レチノールとはビタミンAの一種でパルミチン酸レチノールや酢酸レチノールなどのビタミンA誘導体として知られています。
中でも純粋レチノール(ピュアレチノール)は即効性に優れ、分子のサイズも小さいため浸透力も高いのです。

ビタミンAには粘膜や皮膚を健康に保つ効果があります。
レチノールはこのビタミンAの持つ肌への効果に着目して開発されたものです。

純粋レチノールは線維芽細胞に働きかけることでコラーゲンやエラスチン繊維の生成を促進させ、表皮角型細胞でヒアルロン酸の産生も促進します。
更に表皮内の水分量を高めることで肌の弾力を取り戻すことでシワを改善します。

シワを改善しながら潤いも守る

資生堂リンクルクリームはシワを改善する働きだけの優れているわけではありません。
シワを改善すると同時に肌の潤いを守る保湿効果も高いため、使用を続けるとキメの整ったハリのある肌へと導かれます。
透明感ある「つや玉」のある肌を手に入れることができるのです。

エリクシールシュペリエルシリーズからは化粧水や美容液などが販売されていますが、そちらにはレチノールが使われていません。
純粋レチノールは非常に不安定な成分なので、重ね付けすることで変質などが間違っても起きないようになっています。

資生堂の目元のシワのモニターテストでも浅いシワが消えた、深いシワが浅くなったと効果が明らかになっています。
化粧品は肌のターンオーバーがあるため使いはじめて3ヶ月以上で効果が認められるのが通常ですが9週間という速さを実証したというのが驚きです。

資生堂のシワ改善技術がすごい。

資生堂はシワ対策のためにシワのメカニズムを徹底的に研究しています。
約5,400種類の成分からシワを改善する有効成分を探し当てました。

しかしレチノールは非常に不安定な物質で温度が変化したり、酸素に触れるとすぐに壊れてしまうという性質があります。
せっかく配合しても、容器の中で成分が壊れてしまうため化粧品に使用するのがとても難しかったのです。

資生堂は30年かけてレチノールを安定させるために研究を行いました。それが純粋レチノールなのです。
そして2017年6月、ようやく「資生堂エリクシールリンクルクリーム」として販売されることになったのです。

シワ改善を目的とした医薬部外品としてPOLAのリンクルショットがありますが、効果がでるまでに12週間かかります。
対してエリクシールリンクルクリームは9週間でシワ改善効果が得られるほど安定して効果を高めることに成功しました。

純粋レチノールを安定化させる容器の技術もすごい

先にも述べたようにレチノールは非常に不安定な物質です。
シワを改善する効果が高いものの、ちょっとした刺激で働かなくなってしまいます。

そこで資生堂リンクルクリームでは純粋レチノールの安定性を守るため酸素の侵入を防ぐ特殊な容器が使われています。
独自に開発されたこの容器だからこそ1本使い終わるまで純粋レチノールが安定してシワ改善効果を発揮することができるのです。

厚生労働省が医薬部外品と認めたのも純粋レチノールの成分と合わせて、この特殊な容器を開発した点も認められたのです。
ただレチノールが配合されていればシワが改善されるのではなく、安定化させる製造方法と酸素に触れない容器の工夫の2階建てがあるからシワを改善する効果が得られたのですね。

資生堂エリクシールリンクルクリームの使い方・何日くらいもつ?・コスパはいいの?

資生堂リンクルクリームの使い方は簡単です。
いつものお手入れに加えるだけです。

朝は洗顔後、化粧水、美容液をつけたあとにリンクルクリームをつけて美容液。
夜はメイクを落としたあとに化粧水、美容液、クリーム、リンクルクリーム、パック。

このように保湿をしたあとに小さめのパール1個分を指先にとり、シワの気になるところに優しくのせてなじませるだけです。

ただし、初めて使用する人や敏感肌の人は、いきなり毎日使用してはいけません。
毎日使うとお肌がビックリしてしまうほど純粋レチノールの効果はハンパないのです(笑)

最初の2週間は2~3日間隔で夜のみ。
次の2週間は毎晩というように少しずつ使用回数を増やしてお肌にレチノールを慣らしてあげるのが最短でシワを改善するコツ。

朝や日中に使用するときには、必ず紫外線カット効果のある日焼け止めを使用しましょう。
素肌に塗ってそのまま外出すると純粋レチノールが太陽光で分解されてせっかくの効果が得られなくなってしまいます。

エリクシールリンクルクリームコスパは良いの?1本でどれくらいもつ?

エリクシールリンクルクリームの内容量は1本あたり15gです。
1回の使用量が小さめパール1個分程度と少ないため、1本の購入で大体1ヶ月程度持つ計算です。

初めて使用する際には2~3日に1回の頻度で使用して徐々に量を調整していくため最初の1本は2~3ヶ月持つでしょう。

1ヶ月で6,264円と言うと高く感じますが、実はそれほど高い価格帯のものではありません。
POLAのリンクルショットが1本20gで16,200円ですから、シワを改善する薬用化粧品として見ればコスパは良いほうでしょう。

柔かいテクスチャーなのでチューブを強く押すと出過ぎてしまいます。
レチノールは空気に触れるとその瞬間から効果が失われていきます。
元に戻すことはできないので、そっとチューブを押して少しずつ出して使いましょう。

資生堂エリクシールリンクルクリームは顔のどの部分のシワに効く?

資生堂リンクルクリームは全てのシワに使用することができます。
皮膚の薄い目元や眉間ジワ、ほうれい線、首のシワにも使用できます。

ただし、資生堂リンクルクリームの15gは目元に使用した場合に1ヶ月程度で使い切る計算で作られています。
1回の使用目安は両方の目元で小さめパール1個分くらいです。

眉間のシワやほうれい線、額のシワに使用したい場合には、もっと多く使用する必要がありますし、首のシワは広範囲なので更に多く使用しなければいけません。

ただしどの部分に使用した場合でも朝使った際には必ず紫外線対策をしてください。
レチノールが太陽光で分解されて使用した意味がなくなってしまいます。
UV効果のある日焼け止めなどを上から重ねて塗ってください。

どの部位でも9週間でシワ改善効果を感じることができる

どの部分に使用するのでも、使いはじめてから9週間ほどでシワ改善効果を実感できます。
9週間ですから約2ヶ月ちょっと。
リンクルクリームを2本使い切ったあたりでシワが薄くなったなと感じるでしょう。

ただし、そこで使用を辞めてしまえばまた元に戻ってしまいます。
深く刻まれてしまったシワをしっかりケアしたいというのであれば、半年~1年というスパンで見なければいけないでしょう。

また純粋レチノールは効果を早く実感できる分、刺激の強い成分でもあります。
最初から広範囲に渡って使用するのではなく、最初は一番気になるシワのみに使用するようにし、3日に一度くらいの使用で必ず様子を見てください。

いきなり大量のレチノールを広範囲に渡って塗布するのは賢い方法とは言えないでしょうし、推奨されていません。

資生堂エリクシールリンクルクリームの口コミ

資生堂リンクルクリームは発売当初からかなり注目されているコスメですが、まだ販売されてから日が浅いため、口コミも少なめです。

使用を始めてから9週間で効果が得られるということですから、2017年6月21日の発売当初から使い始めたという人が8月終わりに9週間目を迎えます。
このため、9月になるころには「シワが本当に薄くなった!」と徐々に口コミが増えてくるのではないでしょうか?

早くも浅いシワが薄くなったという声もありますが、深いシワにも本当に効果があるのかというのはまだ販売されてからの期間が短いので未知数ですね。

購入するにあたってクチコミ情報が気になるところですが、口コミを見てから購入したいという場合にはもう少し待ってみる必要がありますね。

テクスチャの使用感はばっちり!

資生堂リンクルクリームのテクスチャに関しては既に使い心地が良いという口コミが集まっています。
Amazonや@コスメでもかなり高評価となっています。

柔らかくほんのりクリーム色をしたテクスチャで皮膚の薄い目元でもすーっと伸びるほど柔かく肌に馴染みます。
手のひらで暖めなくてもそのまま肌に乗せてすっと伸びて浸透します。
香料も控えめなので香りが強いのは苦手という方にも向いています。

シワは薄ければ薄いほど効果が得やすくなります。
深く刻まれてしまったシワは純粋レチノールと言えど消すのには相当時間がかかると思われます。
早い段階でケアをしてあげることでよりレチノールの効果が得られるでしょう。
気になる前から早い段階でケアしていくことが大事ですね。

【ポーラ リンクルショット】いくらで買える?使い方・口コミまで徹底調査

2017年1月1日に発売された日本初承認のシワを改善する薬用化粧品がポーラ リンクルショットです。

紫外線や表情の癖など日常的に生まれるシワを肌が傷と勘違いし、シワを作ってしまう働き、その作用をブロックするニールワンの作用でシワを改善するという画期的な化粧品です。

ポーラ リンクルショットは乾燥小じわだけではなく真皮の深いシワまでケアできます。
通常のシワ化粧品は目元の乾燥小じわなどにしか効果がなかったのですが、ポーラ リンクルショットは真皮まで到達してしまったシワもセルフケアができるという商品です。

4つのアミノ酸誘導体からなるニールワンという成分が好中球エラスターゼというコラーゲンやエラスチンを分解する酵素を抑制するためコラーゲンが自然に増えてシワが薄くなるのです。

ポーラ リンクルショットのスペック

  • 商品名:ポーラ リンクルショット
  • 価格:16200円
  • 内容量:20g
  • 有効成分:ニールワン
  • 有効試験結果:12週間で目尻や目の周りのしわが改善
  • 発売日:2017年1月1

モニター試験の結果では3ヶ月(12週間)の使用で約7割の方にシワの改善効果が現れたそうです。
しかもシワの改善度合いは34%。
3割以上シワが浅くなったということで使用した方の見た目年齢は大きく若返ったでしょう。

発売されて約半年ですが継続して使用されている方は更にシワが薄くなっていっていると考えられます。

なぜ、有効成分ニールワンはシワ改善効果があるのか?

ポーラ リンクルショットは人間が本来持つ自然治癒力に注目した成分です。
人間の体は傷ができると白血球の一種、好中球が集まり、傷を修復するという働きを持っています。

ところが表情じわのように繰り返し同じ部分が折りたたまれてしまうと、その折りたたみによって起こるダメージを体は傷を負ったと勘違いしてしまうのです。
そしてその傷を治そうと好中球が放出され、それによってコラーゲンが破壊され、シワが深くなり消えなくなってしまうのです。

ニールワンはこの好中球が集まるのを阻害します。
するとコラーゲンが破壊されなくなるため自然とコラーゲンの生成が促され、シワが浅く、目立たなくなっていくのです。
ニールワンという成分自体がシワを消すのではなく、人間本来の力でシワを改善する働きを助けるという考え方ですね。

ポーラ リンクルショットに水分が含まれていない理由

ポーラ リンクルショットの凄いところは水が一切使われてないという店です。
今までのシワ用の化粧品といえば保湿がメインであったために水分を含むというのが常識的でした。
しかしポーラ リンクルショットには水分が含まれておらず、「ニールワン真皮浸透処方」というのを採用しています。

というのも有効成分ニールワンは水のあるほうへ自然と集まる性質を持っているから。
化粧水で整えた肌にポーラ リンクルショットを塗ると自然に肌につけたときにピタッと張り付いて水分の有る方へ集まっていき肌の置くまで浸透するのです。

ポーラ リンクルショットを使う時にはその成分を十分に肌に届かせるように、たっぷりの化粧水で保湿をして肌に潤いを与えてから使用すると良いでしょう。

ポーラのシワ改善技術がすごい!

ポーラ リンクルショットは開発に7年、申請に8年という長い年月をかけて発売にこぎつけたという執念の商品です。
2016年にようやく薬機法を乗り越え、2017年1月1日に発売になりました。

これまでシワに効果があるといわれる化粧品は数多く販売されていましたが、きちんと効果が認められた医薬部外品という形で国から認証を受けたのはこのポーラ リンクルショットがはじめてなのです。

あまりにシワに対する改善効果が強いため、始めは医薬品として発売することが検討されたそうですが、医薬品になると気軽に使えなくなるということで化粧品として販売された経緯があります。

有名美容雑誌でも特集され、美容家の神崎恵さんや山本未奈子など美のカリスマ達がこぞって絶賛しているのです。
もちろんシワを改善する効果もありますが、シワを予防する効果も高いのが特徴です。

リンクルショットは副作用の心配が少ない

資生堂から販売されているエリクシールリンクルクリームは最近発売されたばかりの化粧品でかなり注目が高まっています。
というのも純粋レチノールが配合された日本で初めての化粧品で、リンクルショット以上にシワを改善する効果が高いからです。

しかし資生堂リンクルクリームに含まれる純粋レチノールはシワ改善効果が高い反面、刺激が強い成分でもあります。
すでに海外ではレチノールが配合されたコスメが販売されていますが、肌に合わない人も…

日本人女性の肌はデリケートな方が多く、今まで化粧品を使って肌が赤くなった、痒くなったという経験がある方にとって、副作用の心配なくシワ改善効果が期待できるリンクルショットはかなり魅力的と言えるでしょう。

ポーラ リンクルショットの使い方・何日くらいもつ?・コスパは?

ポーラ リンクルショットはサラサラとしたテクスチャの美容液です。

洗顔後にローションと美容液を塗って保湿したあとに使います。
水分との相性がいいため、化粧水はケチらずにたっぷり使ってください。

ポーラ リンクルショットを塗ったあとには乳液やクリームでフタをします。
1箇所につき米粒2粒程度が目安で、朝と晩の1日2回使用します。

使い方はポーラ リンクルショットのチューブを直接肌に当てて、二股に分かれたノズルでシワを伸ばしながら塗ります。
ただ直接押し当てると衛生的ではありませんし、中身が出すぎてしまうこともあるので指先に出して塗るのが良いでしょう。

残念ながらコスパは悪い

ポーラ リンクルショットは決してコスパの良い化粧品とは言えません。
1本あたり16,200円という価格で気軽に買える化粧品ではないからです。

目元に使用するだけなら2~3ヶ月持ちますが、ほうれい線や額に横じわなど広い部分に使用するのであれば1ヶ月で1本は消費してしまうでしょう。
毎月16,200円と思うとコンスタントに使うのはなかなか難しいでしょう。

既にしっかり使っている人だと販売されてから約半年で5本目を使っていると言う人もいます。
効果が出るまでは3ヶ月程度かかるということですから、目元なら16,200円~、ほうれい線なら48,600円~となります。
予算と相談しながら購入を検討してみてください。

ポーラ リンクルショットは顔のどの部分のシワに効く?

ポーラ リンクルショットは目元だけではなくほうれい線、眉間のシワにも効果があります。
もちろんシワができるメカニズムは全身どの部位でも同じですから、首のシワなど全身のシワに効果が得られます。
ただし、顔のあちこちに使うとなると、1本で1ヶ月も持ちません。

目元のシワだけであれば1本で2~3ヶ月使うことができますが、複数の場所に塗ればあっという間になくなってしまうことを覚悟しなければいけないでしょう。
さすがに高額な商品だけあって、あちこちの箇所に使うというのは難しい商品です。

また深いシワを改善しようと思えば半年~を目処に使用しなければいけません。
まずは一番気になるところに使用して、様子を見ながら使うのが良いのではないでしょうか?

リンクルショットの購入は対面販売で

ポーラ リンクルショットの販売は現在POLAショップの店頭販売のみとなっています。
これはビューティーディレクターが肌の状態をチェックし、使用方法についてきちんと知った上で正しく使ってもらうためだそうです。

高額な商品だけに適当に使って効果が出ない!
なんてことにならないように、肌の状態や年齢、気になる部位に合わせた使い方をアドバイスしてもらえるので、より効果もでやすいのです。

初めて購入する際にはPOLAの販売店か百貨店で必ず肌の状態をチェックしてもらいましょう。
この際に、シワの程度もチェックしてもらい、効果が出る目安などを判断してもらうのも良いと思います。

かなりシワを改善する効果が高いとはいえ、ボトックス注射やヒアルロン酸注射のように即効果が出るわけではありませんから、あまりに深いシワの場合には効果がないことも考えられます。

ポーラ リンクルショットの口コミ

良い口コミ

ポーラ リンクルショットは発売と同時にかなりの注目を集めたコスメです。
シワを改善する効果が明らかに認められた日本初の化粧品ということもあり、かなり販売数が伸びており、初年度売上目標が100億円だったところが売れすぎて125億円に変更したというほどです。
販売と同時にPOLAの株は急騰したほどです。

値段は16,200円と超高額な価格帯な上に更に対面販売のカウンターでしか購入できない商品にも関わらず購入したい!という女性が後を絶たないのが凄い点と言えるでしょう。
美容雑誌などでも特集が組まれて40代以降の女性に大絶賛となっています。
実際に使っている人の口コミを見ても良い話題ばかりが並んでいますし、@コスメでの評価もかなり高くなっていました。

使い心地に対する評価は?

ポーラ リンクルショットの使い心地はサラサラしています。
水分が含まれていないので白くねっちりしたテクスチャでシワ沿って塗ってから中から外へ、下から上へと指でなじませます。
塗ったあとの感じはさらっとしていてスベスベ、少しマットな感じです。

化粧水を使い、ポーラ リンクルショットを塗ってから美容液を塗りますが、化粧をする前に使用しても化粧崩れの心配はないようです。
使った瞬間から少しふっくらするという声もあるようでファンデーションを塗るとよれてシワが目立ってしまうという悩みも改善してくれるみたいですね。

シワに直接働きかけるわけではないので効果が出るまでに12週間かかるとされていますが、乾燥による小じわの場合は4週間もしないうちにかなり改善されたという声が目立っています。

悪い口コミ

ポーラ リンクルショットの難点と言えば基本的に対面販売でなくては購入できないという点です。
POLAのお店で店員さんに応対してもらわなくては買うことができないのです。

田舎の方で暮らしている方など購入が面倒という声があります。
通販でも購入できれば良いのですがPOLA公式通販では現在取り扱いがおこなれておらず、楽天やAmazonでも販売されているようですがこちらは公式通販ではないので注意が必要です。

またやはりコスパが良いとは言えないのが難点です。
目尻の乾燥じわを改善したいという程度であれば1本で4ヶ月程度使えるのですが深めのシワをケアしようと思うと最低でも2本、3本と購入が必要になります。
ほうれい線や首のシワなど広範囲のシワのケアに使うのは難しいでしょう。

ノズルの形が不評

ポーラ リンクルショットはノズルの形が独特で猫のようにも見える三叉に分かれた形をしています。
これは肌に直接つけて伸ばすようにして塗れるというものなのですが、使いにくいという声が多く、指に必要な分だけ直接出して塗るという方が多いようです。

個人的にも直接肌に塗るというのはいまいちな感じがします。
洗顔後とはいえ、化粧水が付いている部分に直接塗るとなると余計なものがノズルに付着してしまいそうですし、毎回拭き取るのも面倒です。
必要な分だけ指先に取ってなじませるのが一番塗りやすいでしょう。

この他には特に悪い口コミはありませんでした。
コスパが良いとは言えないのが気になりましたが、それだけの効果が得られるということを考えれば決して高くないというのが共通の認識なのかもしれませんね。